焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

出走結果・レース回顧

もっと酷い競馬になることを覚悟していましたが、自分からパタッと止めることがなかった分、10着に踏み止まる。ただ、スタートしてすぐに鞭が入っても、フワフワした追走と前向きさが無さすぎ。近日中に去勢手術を行う予定も、それだけでは効果は薄そう。★ヒーズオールザット

ヒーズオールザット 1/16 中京 メイクデビュー中京 3歳新馬(芝2000m)10着・レース回顧

外枠に入ってしまったことで、予想通り、道中前に壁を作ることが出来ずに力んだ走りになってしまう。徐々にスタミナをロスしてしまうと、直線では辛抱出来ずにズルズル後退して15着。改めて課題が浮き彫りになる。★カラパタール

カラパタール 1/11 中山 ・フェアリーS(G3・芝1600m)15着・レース回顧

今回は牧場での調整から順調。追い切りの動きも良く、好仕上がりで臨めたのは間違いないと思うも、懸念していたスタートで後手を踏む。向正面でポジションを一気に挽回しようと仕掛けていくも、動き出しが早く、結果的に自分を苦しめるだけに。さすがに最後は脚が上がって10着に沈む。★クールキャット

クールキャット 1/11 中山 ・フェアリーS(G3・芝1600m)10着・レース回顧

中京競馬場への輸送で煩い面が目立つも、ひとまず許容範囲。前走のような競馬が出来れば1発あるかもと密かに期待していたも、荒れ馬場を気にして進んでいかなかったのは想定外。惨敗まで覚悟するも、直線で馬場の良い大外へ強引に持ち出されると、渋太く加速。最後はくたびれてしまうも、展開不向きの中での5着は合格点。★セラフィナイト

セラフィナイト 1/10 中京 ・シンザン記念(G3・芝1600m)5着・レース回顧

2戦目で課題を残す敗戦を喫し、今回は1ハロン延長の重賞挑戦。自滅する敗戦だけは避けて欲しかったですが、好発からの逃げの手は想像できず。気分良く走らせることに専念すると、残り200mで後続を突き放し、余力たっぷりに1着でゴールイン。3戦目でのシンザン記念制覇はアーモンドアイに肩を並べることに。☆ピクシーナイト

ピクシーナイト 1/10 中京 ・シンザン記念(G3・芝1600m)優勝・レース回顧

放牧を挟みつつ、着実に馬は良くなっているのですが、中山へのコース替わりでデビュー戦同様に内の動きづらいところに入ってしまう。勝負どころからのペースアップに対応出来ず、4角手前では置かれてしまう感じになって万事休す。9着に敗れてしまう。★ノワールドゥジェ

ノワールドゥジェ 1/10 中山 ・3歳未勝利(芝2200m)9着・レース回顧

単勝万馬券と大きく人気を落とす中での出走。Sペースの中、道中我慢させて末脚勝負に徹するも、直線で手前が替わらずに伸び切れず。人気を大きく上回る8着に終わる。★ロードクエスト

ロードクエスト 1/5 中山・中山金杯(G3・芝2000m)8着・レース回顧

OPへの格上挑戦も、4角を痺れるような手応えで回ってきた時はビックリ。一瞬、夢を見ましたが、さすがに距離は長過ぎたようで、残り300mから勢いが鈍り出す。そして最後は苦しくなってしまうも、パタッと止まることはなく7着での入線。明けて10歳となりましたが、まだまだ頑張って欲しい。★ヴィッセン

ヴィッセン 1/5 中京・万葉S(芝3000m)7着・レース回顧

何とか馬体重は絞れてきて欲しかったですが、それは叶わず。レースは前に行った3頭がそのままゴールへというSペースになってしまい、ダートでも後方から進めることになったこの馬には出番なし。今回だけではダート適性は何とも言えないも、芝よりも向いているかとなると…。★ナイトバナレット

ナイトバナレット 1 /5 中京・門松S(ダ1400m)12着・出走記事

馬体が絞れて活気が出てきたのは良かったですが、レースは先行出来ずに中団からの追走。道中の行きっぷりは一息で、勝負どころからは押し上げて行くことは出来ず、ジリジリ後退するばかり。まだまだ体力不足を感じさせる競馬になってしまう。★ロードギガース

ロードギガース 1/5 中京・3歳未勝利(ダ1900m)11着・レース回顧

煩くならないように着用したリップチェーンが効果的。無駄なスタミナを消費せずにレースへ向かうことが出来た。好位追走から直線では渋太い伸びで前を追い掛ける。一瞬、交わせるかなと思うも、ソラを使っていた勝ち馬が外へ膨らんできた時に併せ馬の形になってひと伸びされてしまう。それでも3着馬には3馬身差。次走で初勝利を掴み取って欲しい。☆イルデレーヴ

イルデレーヴ 1/5 中京・3歳未勝利(ダ1200m)2着・レース回顧

大外枠から3番手を取り切ったのが勝因。出入りの少ないSペース+パワーを要する馬場にも力を借り、直線では相変わらず手前を替えなかったも、正攻法の競馬で押し切ってしまう。☆クレッセントムーン

クレッセントムーン 12/27 中山・ベストウィッシュC(ダ1800m)優勝・レース回顧

直線で追われてからの伸びには不満はあるも、正攻法の競馬で3着と立て直した効果は十分。未勝利突破へメドを立てる。☆アリーヴォ

アリーヴォ 12/27 阪神・2歳未勝利(芝2000m)3着・レース回顧

今回も好発を決めて前々でレースを進めたかったも、中1週のローテで少し集中力を欠いたところがあって中団からの競馬に。勝負どころからじわじわ押し上げて行き、直線でも一瞬伸びてくる気配はあったも…。最後は苦しくなってしまい7着に終わる。大外枠で外々を回らされたのも応えた感じ。★ロードアブソルート

ロードアブソルート 12/26 3歳上2勝クラス(ダ1400m)7着・レース回顧

正攻法の競馬で力のあるところは示せたも、道中でのちょっとしたミスやロスが最後に響いてしまう。4角で外へ振られ、最後の直線で手前が替わらなかったのが痛恨。良く頑張ってくれているのですが、勲章には手が届かずの4着。★ブライトクォーツ

ブライトクォーツ 12/26 中山・中山大障害(J-G1・障4100m)4着・レース回顧

勝ち馬から約3秒差の8着という現実は受け止めるしかないも、想像していたよりは悪くない内容。走ることには真面目なので、馬体に芯が入ってきてくれれば変わり身は見込める筈。今は長い目で見守っていきたい。★ロードギガース

ロードギガース 12/26 阪神・メイクデビュー阪神 2歳新馬(ダ1800m)8着・レース回顧

一気の相手強化で7着と力量差を感じる結果に終わりましたが、馬体面の成長を感じさせましたし、狭いところを苦にするような面も見せずと悪くない走り。ここで強い相手に揉まれたことを糧にして自身の進化へと繋いでいって欲しい。★ドゥラモンド

ドゥラモンド 12/20 阪神 朝日杯フューチュリティS(G1・芝1600m)7遅着・レース回顧

中1週での出走で絞れてきて欲しかったですがマイナス2キロ。レースはSペースからの瞬発力勝負になり、後方から懸命に押し上げるも11着まで。ダート戦へ使う為、最終週で連闘を試みるも除外になってしまう。★ナイトバナレット

ナイトバナレット 12 /20 阪神・サンタクロースHC(芝1600m)11着・レース回顧

積極果敢にハナへ行ったのは好感。道中も良い雰囲気で進めていたが、1番人気馬が早目に並び掛けてくると、脆い面を窺わせて脚色・手応えは鈍り出してしまう。直線では残り200mぐらいまでは内で粘っていたも、最後は力尽きてしまって13着。★ロードダヴィンチ

ロードダヴィンチ 12/20 中京 3歳上1勝クラス(ダ1900m)13着・レース回顧

距離短縮でも楽に先行できると思い込んでいたも、芝スタートで行き脚が付かなかったのは誤算。中団からの競馬を強いられ、道中の行きっぷり・手応えは良くなかったも、直線では諦めることなくジリジリ脚を伸ばして3着を死守。褒められた結果ではありませんが、レースの幅は広がったと思う。★ロコポルティ

ロコポルティ 12/20 阪神・2歳未勝利(ダ1400m)3着・レース回顧

互角以上のスタートからレースの流れに乗って競馬は出来たも、3角過ぎからの勝負どころで付いていけなくなってジリジリ後退。気持ちは切れていないも、体力面の途上差が目立ってしまう。★ソレンニータ

ソレンニータ 12/20 中山・メイクデビュー中山 2歳新馬(芝1600m)9着・レース回顧

除外でレースが開き、今回が昇級戦。苦戦して当然くらいに思っていましたが、直線でスッと手前が替わると雰囲気が一変。エンジンが掛かるのに少し時間を要するも、残り100mぐらいからは一完歩ごとに上位と肉薄。そして最後は捻じ伏せる感じで勝ち切ってしまう。☆シェダル

シェダル 12/19 中山・仲冬S(ダ1800m)優勝・レース回顧

スタートはそこまで速くなかったも、芝の部分でスッとスピードに乗れたことでハナを主張することに成功。道中は少し促しながらの逃げも雰囲気は良かった。ただ、直線で勝ち馬に交わされてしまうとフッと気持ちが切れてしまう。何とかパタッと止まることは回避出来ましたが、最後は力尽きて6着に敗れる。ギリギリまで牧場に置いておく作戦は合っています。★ミスビアンカ

ミスビアンカ 12/19 中京・3歳1勝クラス・若手(ダ1400m)6着・レース回顧

ゲートは出てくれたのですが、ポジションを取りに行ったのが裏目。道中、宥めながらの追走になってしまい、脚が溜まり切らず。直線ではジリジリ脚を使っていたも、まさかの最下位に敗れる。★ヴェルトハイム

ヴェルトハイム 12/12 阪神 エリカ賞(芝2000m)8着・レース回顧

坂路ではマズマズ動けていたも、初めての実戦で前向きさが窺えず、良いところなく13着に沈む。もう少しやれるとは思っていたが…。芝ではスピード不足かもしれませんが、心身を鍛え直してもらい、次走ではガラッと変わってきて欲しい。★ルージュセリーズ

ルージュセリーズ 12/12 メイクデビュー中山 2歳新馬(芝1600m)13着・レース回顧

上位とは少し水を開けられるも、3角過ぎから外々を動いていき、最後までジワジワと脚を伸ばしての5着は立派。昇級戦で一応メドの立つ競馬。スピードは足りないも、心肺機能の良さは最大の武器。☆ロードセッション

ロードセッション 12/12 中京・犬山特別(ダ2000m)5着・レース回顧

スタートが一息で後方からの競馬になってしまうも、砂を被っても嫌がる素振りはなく、ダートの走りは悪くなかった。ただ、勝負どころからのペースアップに対応出来ず、直線ではジリジリという伸び。8着に敗れてしまったのは残念も、この馬なりにレースへ集中できていたのは1歩前進。★グレイシャーパーク

グレイシャーパーク 12/12 阪神・2歳未勝利・牝馬(ダ1400m)8着・レース回顧

11頭立て+実績を残している56キロに淡い期待を持っていたも、途中で前に壁がなくなるとハミを噛んで制御が利かず。直線で伸びを欠いてしまって8着に終わる。★ロードクエスト

ロードクエスト 12/5 阪神・チャレンジC(G3・芝2000m)・出走記事

中山への長距離輸送で程良く馬体が締まってきてくれるかと見ていたも、プラス8キロでの出走は誤算。実際の走りもモタモタした面が目立ち、見せ場すら作れずに9着に終わる。展開が向いただけに残念。★ナイトバナレット

ナイトバナレット 12 /6 中山・市川S(芝1600m)9着・レース回顧

五分のスタートからポジションを取りに行く積極策が成功。終始、内にこだわった騎乗を見せ、狭いところから最後までじわじわ脚を伸ばして3着。この頑張りには頭が下がりますし、改めて1200mが合うことを示す。☆アンブロジオ

アンブロジオ 12/5 中京・浜松S(芝1200)3着・レース回顧