焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

出走結果・レース回顧

土曜日(4/3)の出資馬・出走結果

アマネセール 土曜阪神6R 4歳上1勝クラス(芝2000m)6着(4番人気) 福永J ポンと好スタートを決めるとそのまま二の脚を活かして好位4番手を追走。3コーナーを過ぎたあたりで外から押し上げていき、最後の直線で懸命に追われますが、目立つほ…

日曜(3/28)の出資馬・出走結果

日曜(3/28)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。

日曜日(3/21)の出資馬・出走結果

日曜日に出走した出資馬の出走結果をまとめて。

土曜日(3/20)の出資馬・出走結果

土曜日(3/20)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。

出資馬のレース回顧(3/13・14)

土・日(3/13・14)に出走した4頭のレース回顧をまとめて。

スタート後、アルドーレに寄られて中団やや後ろからの競馬に。落ち着いた流れになってしまったことで馬群の中で窮屈な競馬になってしまい押し上げて行けず。結果、良さが出ぬまま12着に敗れてしまう。★シェダル

シェダル 3/7 中山・総武S(ダ1800m)12着・レース回顧

土曜・阪神&中山出走馬のレース結果・回顧(3/6)

土曜・阪神&中山で出走した3頭のレース回顧をまとめて。

土曜・小倉の出走馬のレース結果・回顧(3/6)

土曜(3/6)・小倉で出走する3頭のレース回顧

スタートで後手を踏む形になって控える競馬に。砂を被ってフワッとする素振りはあったも、脚を温存する形で直線へ。勝ち馬にはアッサリ抜けられるも、大外からひと追い毎に上昇。2着まであと1歩及ばなかったも、最後まで脚を使えたのは立派。昇級2戦目でクラス卒業にメドを立てる。☆ロードアブソルート

ロードアブソルート 2/28 阪神・4歳上2勝クラス(ダ1400m)3着・レース回顧

ダート替わりで一変まで期待していたも、直線入り口で勝ち馬に突き放されると脚色が鈍り出してしまう。このままズルズル後退するシーンが頭を過ぎるも、パタッと止まることなくジリジリ脚を使って4着に踏み止まる。物足りなさは残るも、1歩前進の競馬は出来た。★ベルエポック

ベルエポック 2/28 中山・3歳未勝利・牝馬(ダ1800m)4着・出走記事

二の脚がなかなか付かず、序盤はレースの流れに乗るのに苦労する。そして勢いが出てきた後は前に壁を作ることが出来ずにスタミナをジリジリ消費。チグハグなレースになり、4角を回る頃には余力無し。レース後に左前脚球節の剥離骨折が判明。年齢等を考慮し、残念ながら競走生活から引退することになりました。★ヴィッセン

ヴィッセン 2/27 阪神・松籟S(芝3200m)11着・レース回顧。現役を引退することになりました。

ゲートは良くなかったが、慌てることなく中団待機。勝負どころからジワッと押し上げていき、手応え上々で直線へ。追い出しを待つ余裕があり、最後は2着馬を余力十分に競り落とす。待望の初勝利を挙げる。☆ロードラスター

ロードラスター 2/27 阪神・2歳未勝利(芝1600m)優勝・レース回顧

日曜日の出走結果(2/21)

2/21に出走した3頭のレース回顧

土曜日の出走結果(2/20)

2/20に出走した3頭のレース回顧

思惑通りにハナを奪ってレースを引っ張ることは出来たも、3角過ぎから並び掛けられたりと展開は厳しかった。それでも直線では馬具の効果でパタッと止まることなく、この馬なりに内から抵抗。最後はさすがに脚が上がって着順を大きく落とすも、レース内容は悲観するものではなし。もう少し緊張することなくノビノビ走れるようになれば変わってくるのに…。★ミスビアンカ

ミスビアンカ 2/13 阪神・4歳上1勝クラス・牝馬(ダ1400m)10着・レース回顧

余裕のあった馬体が絞れ、そろそろ変わってきてくれるかと密かに期待したのですが、今回もスタートで痛恨の出遅れ。後方からの競馬を余儀なくされると、向正面で外を捲っていくような挽回シーンもなくゴールへ。レース後に左トモの球節に軽度の骨折が判明。これまでの戦績等を考慮して中央競馬の登録を抹消することになりました。★ロードギガース

ロードギガース 2/13 阪神・3歳未勝利(ダ1800m)・出走記事

五分のスタートから出たなりの位置で脚を溜めて欲しかったも、初コンビとなる横山和Jは揉まれ込むのを嫌って2番手を確保。Hペースを手応え良く追走すると4角で早くも先頭へ。ただ、いざ追われてからひと伸びすることが出来ずに後続3頭の強襲を食らう。レースぶりは負けて強しの内容。☆ロードベイリーフ

ロードベイリーフ 2/13 小倉・4歳上1勝クラス (芝1200m)4着・レース回顧

小倉への輸送をクリア。最後の直線でひと伸びすることは出来なかったも、ダートからのスタートでスッとレースの流れに乗れたのは収穫大。そして最後まで諦めることなく、ジリジリ脚を伸ばして5着に食い込む。こういうレースを続けていけば勝つチャンスは出てきそう。☆グレイシャーパーク

グレイシャーパーク 2/14 小倉・3歳未勝利・牝馬(ダ1700m)5着・レース回顧

好発を決め、二の脚も上々でしたが、初めての距離で揉まれない位置を確保するのに少し手間取る。それでも手応え上々で直線を向いた時は勝ちを意識するも、いざ追ってからグッと来るところがなく、早めに勝ち馬に突き放されると、2着馬の追撃を封じることが出来ずに3着に。追って甘いところは今後の課題も、レース運び自体はほぼ完璧。慣れが見込める次走できっちり初勝利を掴んで欲しい。☆ロコポルティ

ロコポルティ 2/13 阪神・3歳未勝利(ダ1200m)3着・レース回顧

輸送はひとまずクリアできたも、外目の偶数枠を味方に五分のスタートを切ったことが裏目に。他馬がヨレた煽りを食らって挟まれる。前に壁を作って落ち着かそうとするも、接触でエキサイトしてしまって折り合いを欠き、早めにスタミナ・体力を消費。直線ではさすがに苦しくなって伸びあぐねる。これだけロスが多いと致し方ないも、10着はちょっと負けすぎ。★ドゥラモンド

ドゥラモンド 2/27 中京 きさらぎ賞(G3・芝2000m)10着・レース回顧

ダートの走り自体は悪くなかったも、終始、馬群で揉まれる形になって手応えが怪しくなっていき、直線を向く頃にはレースへの集中力が萎えてしまう。今回も大した見せ場は作れず。芝のデビュー戦同様、13着に敗れてしまう。★ルージュセリーズ

ルージュセリーズ 2/7 東京 3歳未勝利・牝馬(ダ1600m)13着・レース回顧

今回こそ在厩調整で結果を残してくれるものと期待するも、レース前から気分が乗っていなかった様子。中団よりやや後方で脚を溜めるも、直線でピリッとした脚は使えず。出走すれば有無を言わさずに放牧へ。また、今回は時計が速過ぎた。★ポレンティア

ポレンティア 2/6 東京・4歳上1勝クラス(芝1600m)13着・レース回顧

初めての連戦でマイナス8キロ。見た目以上にイラついていた様子。五分のスタートから好位を確保して流れに乗れたまでは良かったも、直線でGOサインが出た時には体力面で余力なし。追われてフットワークはバラ付くも、気持ちは切らさずに7着に踏み止まったことは一定の評価はしたい。★ノワールドゥジェ

ノワールドゥジェ 2/6 東京 ・3歳未勝利(芝2400m)7着・レース回顧

プラス14キロでの出走も太目感なくこれは成長分。良い雰囲気でレースへ臨めましたが、直線で馬場の良いところへ出せず。直線半ばでは勢いよく抜け出してくる感じはあったも、坂を駆け上がってから少しクタッと。直線で馬場の悪いところをはしらされることになったも響く。今回は運がなかったも、マイルへの距離短縮は大正解。☆ロードラスター

ロードラスター 1/31 中京・3歳未勝利(芝1600m)2着・レース回顧

デビュー戦同様、駐立が安定せず、スタートで後手を踏んでしまう嫌な展開。そんな中、じわじわポジションを押し上げていき、前を射程圏に捉えた時は何とかなりそうでしたが、楽なペースで逃げていた勝ち馬の渋太さに屈する。想定外の脚抜きの良い馬場での1戦で前が止まらず。勝てなかったのは残念も、スタート以外の走りは悲観する必要はなし。将来の活躍は見込めそう。★アナンシエーション

アナンシエーション 1/30 東京・3歳1勝クラス(ダ1600m)2着・レース回顧

ゲート出はそこまで悪くなかったも、他馬と接触しそうとなって二の脚が一息。勝負ところから付いていけなくなると、ジリジリ後退するしかなくて…。芝のスピード勝負ではやはり分が悪かった。★ロードギガース

ロードギガース 1/31 小倉・3歳未勝利(芝1800m)15着・レース回顧

今回も牡馬の期待馬相手で苦戦は覚悟していたも、東京への長距離輸送で馬体重が18キロ減ではレース前から万事休す。レースでも手綱を引く場面があったりとスムーズさを欠いてしまう。★ヴェルトハイム

ヴェルトハイム 1/31 東京・セントポーリア賞(芝1800m)5着・レース回顧

冬場で馬場の乾きが遅く、脚抜きの良い馬場での1戦となったのは想定外。道中はソツなく立ち回ってくれたのも、直線で外から蓋をされる形になってアクセルを踏み遅れる。ここがスムーズならもう少し上位へ迫ることが出来たかも。7着という結果は残念も、悲観するようなレースではなかった。★ロードセッション

ロードセッション 1/30 東京・4歳上2勝クラス(ダ2100m)7着・レース回顧

他馬が速くてハナには行けなかったも、内の3番手を追走。ただ、行きっぷりはそれほど良くなく、3角手前でペースが上がった際に対応出来ず。ジリジリ前との差が開いていくと、挽回する力は残っていなかった。残念ながら、実戦では叩いた効果は全く窺えなかった。★ロードダヴィンチ

ロードダヴィンチ 1/23 中山 4歳上1勝クラス(ダ1800m)8着・レース回顧

前走の反省を踏まえ、今回は前に壁を作って脚を溜める形を優先。リズム良く競馬を進めることは出来たも、最後は平地力で見劣った感のある5着。頑張っているも、脚の使いどころが難しい。★シングルアップ

シングルアップ 1/23 小倉 障害4歳上OP(障2860m)5着・レース回顧