焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

2度の体温上昇を確認。暑さが堪えていますし、自身の体質面の弱さも課題。2週間ほどの静養期間を設け、ようやくウォーキングマシンでの運動を再開しています。まだまだ無理は禁物。★カーペンタリア


f:id:yakifish:20200513045835g:plain カーペンタリア(牝・木村(岩戸))父ロードカナロア 母モシーン

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:ウォーキングマシン

天栄担当者「今週初めに熱発してしまい、体温自体はガツンと上がったわけではないものの、平熱に戻るまで3日ほど時間を要しました。現在は落ち着いていますし、ウォーキングマシンで軽めに動かしていますが、まだ目に見えない疲れが残っている可能性もありますから、しばらくはじっくりと進めていきたいと思います。馬体重は487キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:舎飼

天栄担当者「その後は体調面も落ち着いていたので、トレッドミルで軽めのキャンターを行っていたのですが、昨日の午後に再び熱発してしまったため、現在は舎飼で様子を見ています。もしかすると暑さにあまり強くないタイプなのかもしれませんし、よく注意しながら調整していきたいと思います。馬体重は499キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:舎飼

天栄担当者「この中間も無理せず舎飼で様子を見ています。体温自体は若干高めなので無理はさせられませんが、馬房では元気そうな姿を見せてくれています。今後も獣医師とよく相談しながら、運動再開のタイミングも含めて決めていければと思います」(7/23近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:ウォーキングマシン

天栄担当者「その後は体温も落ち着いてきていることから、今週半ばからウォーキングマシンで無理のない範囲で動かしています。運動開始後も体温は維持することが出来ていますし、まだ油断は出来ませんが、今後は段々と乗り運動へとステップアップしていければと考えています」(7/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

6月中は淡々と乗り込むことができていたカーペンタリアですが、7月上旬頃に熱発を発症してからは見事にリズムが狂ってしまっています。

体温の上昇自体は酷いものではなかったようですが、落ち着くまでに3日を要し、落ち着きを取り戻してからウォーキングマシン⇒トレッドミルでの運動とじわじわ負荷を高めていったところで再度の熱発。軽い運動すら止めて、約2週間は舎飼で静養に努める羽目に。父の仔は暑さに弱い馬が多いですし、カーペンタリア自身は遅生まれで体質面の弱さもあるのでしょう。

その後の経過として、楽をさせたことで体温は落ち着いてきた様子で、7月下旬頃からウォーキングマシンで軽く動かすように。今のところ、体温は安定しているようですが、もう少し様子を見極めてから、トレッドミルでの運動を始めてもらえればと思います。

ただ、同じことを繰り返してしまうと、馬自身が萎えてくると思うので、走ることへの気持ちが切れないようにより丁寧に接していって欲しいです。とにかく焦りは禁物です。

初めての距離でも脚を溜めながら追走出来たのは○。勝負どころでゴチャゴチャしたのは勿体なかったも、直線は最内を突いて上位に肉薄。最後の最後で切れ味の差が出た感じですが、今後に向けて楽しみが広がる走りを見せる。☆ドゥラモンド


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

土曜新潟10R 豊栄特別(芝1400m)3着(5番人気) 津村J

ゆっくりとゲートを出ますが、徐々に位置を上げて、道中は中団からレースを進めます。直線ではラチ沿いからしっかりと脚を伸ばして、勝ち馬と同タイムの3着でゴールしています。

手塚調教師「最後までよく脚を伸ばしてくれて、勝つまであともう少しのところまで迫ってくれましたし、よく頑張ってくれましたね。スタートはあまり良い方ではないですし、津村騎手とも初コンタクトということもあって、ゲートが開いてからスッと反応できませんでしたが、許容範囲内のものではあったと思います。その後は少しずつ押し上げて行って、道中は良いリズムで運ぶことが出来たのですが、3コーナーに入って行くところで横の馬に寄られてしまい、ブレーキを掛ける場面がありました。そこから再びエンジンを吹かしていく形になり、着差が着差だけにそこがスムーズならという気持ちはありますが、最後まで気持ちを切らさずに差を詰めて来てくれたことは評価できると思います。津村騎手は、『1400mの距離も合っているのか、道中は良いリズムで走ることが出来ていましたね。ただ、勝負どころでぶつけられてしまい、そこでリズムを崩してしまったのが勿体なかったです』と話していました。1400mは合いそうだと思い、このレースを使わせてもらいましたが、その通りの走りだったと思いますし、このクラスで戦って行ける力を示してくれたのも良かったですね。トレセンに戻ってからの状態を見てから判断したいと思いますが、優先出走権を獲れましたし、出来ればこのまま次に向けて進めていきたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

すっきり仕上がる。出遅れたが、二の脚がついて中団の内をキープ。そこでしっかり脚を溜めていた。直線に入ると内ラチ沿いを鋭く伸びて、タイム差なしの3着。馬体の成長は案外だったが、現級では地力上位を示した。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:8月14日の新潟・新発田城特別

手塚師「勝ち馬とタイム差なしまで迫ってくれましたし、勝負どころでの不利がなければと悔やまれる部分はあるものの、今後に向けて楽しみが広がる走りを見せてくれたと思います。トレセンに戻ってよく状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。優先出走権を獲ってくれましたし、1400mの条件も良いと思いますから、このまま中2週の新潟・新発田城特別に向けて進めていければと思います」(7/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G1を含む、3戦連続での重賞挑戦では掲示板に乗ることすら出来なかったドゥラモンド。その後、予定を予め組まず、心身の成長を促しながら進めてきた訳ですが、再出発となる2勝クラスから再進撃を期待する一方で、通用しないようではちょっと先々が厳しくなるなあとレース前は見ていました。

約3ヶ月半の充電を経て、10キロぐらい馬体重は増えてきて欲しかったですが、前走との比較は増減なし。きっちり仕上がっていたといえばそうなのですが、成長力にやや疑問を感じるものでした。太りにくい体質・性格なのかもしれませんが…。

内枠の偶数枠を引いたので、レースではリズム良く追走できるかなと見ていましたが、またもや出遅れ。ただ、今回はスッと二の脚が付いたことで中団よりやや前目でレースを進めることが出来ました。初距離で追走に戸惑うかな?と見ていましたが、行きっぷりは上々。この時点で距離短縮は正解だなと感じました。ただ、画面上では分かりにくかったのですが、3~4角に掛けて外のテイエムイダテンがフワフワし、ドゥラモンドに寄りかかる格好に。大きなロスとは言えないも、2度ほど寄られてブレーキを踏む形になってしまいました。

まあ、それでも直線を向いた時は手応え十分。直線では最内を突くことを選択しましたが、抜けてくる時に少し躊躇するようなところもあったかな? 伸びてくるのがワンテンポ遅かった気もしますが、それでも内から抜け出した時は『やったあ!』と…。しかし、最後の最後で切れ味の差が出てしまった感じで外の2頭に前へ出られてしまいました。

あそこまで行けば、押し切って欲しかったというのが本音ですが、レース運びに余裕はありましたし、直線での伸びもマズマズ。1400mの距離も合っているのでしょう。こういうレースを続け、少しずつ末脚にキレ・粘りが出てきてくれれば、まだまだ上を目指せる筈です。

レース後のドゥラモンドですが、脚元等は大丈夫。優先権(3着)を確保することができたので、このまま在厩調整を続け、中2週のローテで14日の新潟・新発田城特別へ。今回と同舞台ですし、慣れが見込める次走ではきっちり結果を出してもらい、良い形で秋競馬を迎えられるようにお願いします。

29日に栗東・辻野厩舎へ帰厩しています。☆ロードオルデン

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードオルデン(牡・辻野)父リオンディーズ 母エーシンバーサス

2021.07.29
7月29日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○辻野調教師 「放牧先の担当者より準備が整った旨の報告が届き、7月29日(木)にトレセンへ戻しました。早速、30日(金)から跨ってコンディションを確かめる予定。既にゲート試験をクリアしているだけに、暑さに気を付けながらデビューへ向けて進めようと思います」

2021.07.27
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター2500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。7月29日(木)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「先週は7月21日(水)にハロン15秒ペースを交えています。ガムシャラに走る過去のイメージが薄れたとは言え、最後までスムーズな脚捌きを披露。心配は要りません。厩舎サイドと移動スケジュールを協議。28日(水)の出発が決まりました」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験合格後、千葉・ケイアイファームへ戻り、再調整を行ってきたロードオルデン。移動してまもなく熱発を発症し、両トモに浮腫みの症状が見られた為、じっくり進められることになってしまいましたが、その後に負の連鎖がなかったのは何より。7月に入ってからは負荷を着実に高めることが出来、動きの質もアップ。ただ、以前よりも大人しくなったのは気性面の成長というよりは暑さが少し堪えているのかなと思います。今のところ、動きにはそういう面はまだ見せてはいませんが…。状態を維持できている間に声が掛かって欲しかったところ、29日の検疫で栗東・辻野厩舎へ帰厩しています。

ゲート試験には合格済なので、ここからはデビューへ向けての追い切りを本格化していくことに。追い切りを重ねていく中で育成時のグイグイ行く前向きさが戻ってきてほしいですし、最後までしっかり脚を伸ばすことが出来るかに注目したいです。

大北牧場のロード馬はベイリーフが頑張ってくれているので、オルデンにもそれに続いてもらいたいです。

日曜日(7/18)の出資馬・出走結果(シルク)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴァンタブラック(牡・須貝)父ブラックタイド 母プチノワール

日曜小倉12R 3歳上1勝クラス(ダ1700m)11着(3番人気) 富田J

まずまずのスタートを決めますが、行き脚が付かずに道中は中団後方からの追走となります。3~4コーナーで外目に出して最後の直線で懸命に追われますがジリジリとしか伸びず、約1年3ヶ月ぶりとなるレースは11着でゴールしています。

須貝調教師「調教を進めていく中でズブさが解消され、体つきもスッキリ見せていたので、これなら久々でも力を出し切ってくれると期待していました。ただ、レースに行くと、ズブさが目立って追走で精一杯になってしまいましたね。レース後、富田暁騎手に確認したところ、『調教では行きっぷりが良く、久々を感じさせないほどの動きでしたので、これなら良い走りを見せてくれると期待していました。ただ、レースでは前半から流れに乗れずに追走で一杯でした。ズブさがあったのは確かなものの、長い間休んでいた影響もあると思いますし、これでピリッとして欲しいですね』とコメントしていました。調教の感じから小回りコースでも対応してくれると思っていましたが、久々の実戦とはいえ、あれだけ追走で一杯だったことを考えると、本場のような広いコースの方が良いのかもしれません。本来なら続けて使ってピリッとさせたいところですが、脚元のことがありますし、優先出走権を獲ることが出来ず、節を空けないといけないでしょうから、トレセンに戻って状態を確認した後は、放牧に出してコンディションを整えてもらう方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:21日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧

須貝師「長期休養明けでしたので、脚元に疲れが出ないか気に掛けていましたが、トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージもなくホッとしています。先週の競馬では、久々の分とズブさから追走で一杯になってしまいましたが、レース勘が戻ればピリッとしてくるはずです。それに小回りコースだと余計に追走で一杯だったことから、本場の広い競馬場で走らせてあげる方が良いと思いますので、秋競馬に備えて一旦放牧に出してコンディションを整えてもらうことにしました。次走の予定につきましては、秋の番組が発表されてから相談していきたいと思います」(7/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキーモー(牡・松永幹)父Uncle Mo 母ラッキートゥビーミー

日曜小倉12R 3歳上1勝クラス(ダ1700m)8着(12番人気) 荻野極J

まずまずのスタートから道中は中団外目を追走します。3コーナー手前でやや置かれ気味になりますが、最後の直線ではもう一度盛り返して8着に上がったところでゴールしています。

松永幹夫調教師「小倉競馬場に着いた後も問題なく、良い状態でレースに向かうことが出来ました。パドックから返し馬の雰囲気がとても良かったですし、これなら好勝負が期待できると思っていました。レースは入れ替わりの激しい展開だったとはいえ、勝負どころで置かれたと思えば、最後の直線ではまた盛り返してきたように、力の出し加減が分かっていないのか、集中力が散漫なのか掴みづらいですね。レース後、荻野極騎手に確認したところ、『返し馬の感触が抜群に良かった割には、レースではその走りが全く見られなかったですね。集中力がないのか、周りを気にしているのかはっきりとしたことは言えないですが、勝負どころで付いていけなくなった割には、最後の直線でもう一度伸びてくるのですから、走りに集中すればもっとやれる馬だと思います』とコメントしていました。調教では集中力が散漫になることもなく、真面目に取り組めていたことから、今回は馬具を着けずにレースに臨みましたが、実戦に行って力を出し切れていないことを考えると、ブリンカーなど試してみる価値がありそうです。優先出走権を獲ることが叶わなかったので、トレセンに戻って状態を確認した後は、一旦放牧に出して次走に備える方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

松永幹師「小倉競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて目立った疲労はなく、体調も問題ありませんでした。暑さの影響もなく元気いっぱいですが、優先出走権を獲ることが出来なかったことから、節を空けるために一旦放牧に出してコンディションを整えてもらうことにしました。調教では以前のように気難しいところを見せることはなかったものの、レースで集中できていないことを考えると、ブリンカーを試してみるのも手かもしれません。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認し、秋の番組が発表された段階で具体的な予定を相談していきたいと思います」(7/21近況)

⇒⇒24日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(24日・最新情報より) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出資馬対決となった7/18の小倉12R。ヴァンタブラックは屈腱炎による休養から約1年3ヶ月ぶりの実戦。それに対して、ラッキーモーは前走(2戦目)でよもやの大敗を喫した後の1戦。どちらの方に期待していたかと言えば、長期休養明けでも、まだまだ上を目指して欲しいヴァンタブラックでした。

今は脚元の不安が和らいだことで、ヴァンタブラックは追い切りでもビシビシやることができ、時計&動きは上々。余裕のあった馬体重は小倉への輸送もあって6キロ増での出走。何とか帳尻を合わせてきたなあと見ていました。あとは実戦から離れていることでレース勘がどこまで戻ってきているかですが、休養前から自分からグイグイ行く馬ではないので、ちょっと不安でしたし、不器用な馬なので小回りのダ1700mへの対応できるのかな?と自信はなかったです。一方、ラッキーモーは太りにくいタイプかなと思いますが、4キロ増は良い傾向。活気ある姿でレースへ臨むことができていたと思います。外枠を引き当てることが出来たので、砂を被らないことでレースへの集中力が増してくれればと見ていました。

レースぶりに関してですが、ヴァンタブラックがスタートで若干の出遅れ。これは想定内ですが、富田Jはその後、内へ入れての追走。距離ロスを避ける意識が強かったんでしょうが、砂を多く被ることになったのは誤算。そして向正面では動きづらいところもあり、3角過ぎからのペースアップで追走に忙しくなって、押っつけ通しに。ラッキーモーは五分のスタートを切ることが出来ましたが、個人的にはもっと前へつけて追走して欲しかったというのが本音。ひとまず出たなりの位置で折り合いを重視し、外から被せられることなく追走。脚をまずまず溜めながら走ることはできていたと思いますが、ヴァンタブラック同様に勝負どころからのペースアップでやや置かれ気味になった痛かったです。そして4角手前からはヴァンタブラックとラッキーモーの出資馬2頭が併せる形で直線へ。どこまで挽回してきてくれるかなと見ていましたが、ヴァンタブラックは早めに脚色が一杯になってジリジリ失速。ただ、自分からパタッと止める感じはなく、単純にガス欠といえる敗戦。ちょっと最後まで息が持ちませんでした。ラッキーモーはフワフワしたところが見受けられたも、直線でハミを取りなおすと、最後までじわじわ加速。もっと積極的にレースに参加することが出来ていれば、8着よりも上の着順に来ることは出来たかなという印象で目一杯の力を出し切ったとは言えません。やはり馬具の助けが必要ですし、集中力の維持という点からは、短い距離の方が合っているのでしょう。

レース後の両馬ですが、脚元等に異常はなし。特にヴァンタブラックは屈腱炎明けだったのでホッと一安心しました。そして現在は2頭等もNFしがらきで調整中。広いコースの方が良さそうということもあり、次走は秋競馬での出走となりそうです。

今回、両馬ともに残念な結果になってしまいましたが、改めて課題が浮き彫りになった1戦だったと言えます。ですので、今回の敗因をしっかり分析・把握してもらい、次走以降の巻き返しに役立てていってもらいたいです。両馬ともにこのクラスで埋もれる馬ではないと見ていますから。

素質を秘める1頭も、心身の幼さが残るので良血の関西馬相手に現状でどこまでやれるのか。まずは今後に繋がる走りを見せてくれれば良しとしたい。☆スノーグレース

f:id:yakifish:20200513045835g:plain スノーグレース(牝・中舘)父ドレフォン 母グローリアスデイズ

日曜新潟6R メイクデビュー新潟 2歳新馬牝馬(芝1600m)枠番 丸山J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Wコースで時計

中舘師「28日に南Wコースで追い切りを行いました。先週は併せ馬で長めからしっかりと負荷を掛けた追い切りをこなしていますし、今週は新潟競馬場までの輸送があることも考慮して、半マイルから単走でサッと脚を伸ばす程度に止めました。ハロー明けで走りやすい馬場状態ではあったと思いますが、ラスト1ハロンは11.5秒を計時しているように、直線での脚取りは軽快で良かったですよ。先々週の追い切りでは舌を縛ったことを気にしてしまい、直線で失速するような形になってしまったものの、それ以外は特に問題なく調整することが出来ました。この時期の新馬だと何かしら心配な部分が出て来ることもあるものなのですが、スノーグレースの場合は飼い葉をしっかりと食べてくれていますし、追い切りでも乗り手とちゃんとコンタクトを取って走ることが出来ており、こちらの手を煩わせるようなこともなかったですね。ここまでの調整過程や調教での動きからも、初戦から良い走りを期待しています」(7/29近況)

助 手 28南W稍 53.4- 37.7- 11.5 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回新潟4日目(08月01日
6R メイクデビュー新潟 2歳新馬
芝1600メートル 牝馬 馬齢 発走13:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マリネロ 牝2 54.0 柴田大知
1 2 グランスラムアスク 牝2 54.0 川須栄彦
2 3 ナムラクレア 牝2 54.0 鮫島克駿
2 4 バオバブスピリット 牝2 53.0 斎藤新
3 5 ゼロドラゴン 牝2 54.0 菅原明良
3 6 スノーグレース 牝2 54.0 丸山元気
4 7 スピードクィーン 牝2 54.0 武藤雅
4 8 グリーンシアター 牝2 54.0 松若風馬
5 9 トーホウパラダイス 牝2 54.0 幸英明
5 10 サブライムアンセム 牝2 54.0 福永祐一
6 11 ナツイロノオトメ 牝2 51.0 角田大和
6 12 スピーシーズ 牝2 54.0 武士沢友治
7 13 ボンクラージュ 牝2 54.0 津村明秀
7 14 アークヴィクトリア 牝2 54.0 柴田善臣
7 15 ムーンワード 牝2 54.0 木幡巧也
8 16 ミーナティエルナ 牝2 51.0 松本大
8 17 シャドウヴェール 牝2 54.0 西村淳也
8 18 ルミネイト 牝2 54.0 岩田望来

○中舘師 「欠点が見当たらない。切れ味がありそうで、調教の動きもいい。将来性を含めて楽しみ」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【新潟新馬戦】スノーグレース 良血馬で期待大、中舘師「ストライドが大きく軽い走りする」(スポニチより)

新潟日曜6R(芝1600メートル)に出走するスノーグレース(牝=中舘)は血統面から注目の1頭。父は新種牡馬ドレフォンで、既に産駒4頭が新馬勝ちと好調。母系も優秀で、一族からはヴィクトリー(07年皐月賞)など重賞ウイナーが多数出ている。「ストライドが大きく軽い走りをする。操縦性も高い。福島デビューのプランもあったが、新潟の方が向くと判断して待った。楽しみな馬」と中舘師の期待も大きい。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

祖母グレースアドマイヤは印象深い1頭だったので、縁のある血統に出資する機会があればなあと思ってきましたが、そこで出会ったのがグローリアスデイズの19ことスノーグレース。

父ドレフォンは当時未知数の種牡馬でしたが、母と同じ栗毛に出たので母系の良さが強く出てくれればと思い、また、スノーグレース自体はキビキビとした歩様で可動域の広さは好印象。中舘厩舎も出資したことがなかったので出資申し込みすることにしました。

育成時のスノーグレースは早い組に属し、手の掛からない優等生ぶり+背中の良さを評価。『これは掘り出し物だな』と早くから楽しみにしていましたが、大きな怪我をすることなく順調な育成過程。少し首を斜めにして登坂していたのが気になるぐらいでした。そして4月21日に美浦・中舘厩舎へ初入厩。第一関門のゲートに関しては、非力なところが目立って発馬に一苦労。元々、この母系は少しピリッとしたところを持っているので、練習疲れで精神的に余裕がなくなってきていたのでしょう。それ故、これは一旦仕切り直した方がベターかなと見ていたのですが、練習がてらにゲート試験に挑戦したところ、何とか合格を手にすることが出来ました。

その後はこれまでの疲れを取り除くこと+デビューへ向けて鍛え上げるためにNF天栄へ。体力強化とトモをつかった走りができるように意識して取り組み、それなりに力をつけてきてくれたかなと思います。そして3回新潟開催でのデビューを目指し、6月26日に再入厩となりました。

帰厩後はデビューへ向けての追い切りを本格化させ、早くから余裕のある動きは目に付くも、15日の追い切りでは舌を越して走っていたことを懸念し、舌を縛ってみたところで大失速を経験。高い評価をしていた1頭だったので『アレ?』という感じで暗雲が立ち込めるも、その後は本来の動きの良さを取り戻し、ひと追い毎に態勢を整えてきたと思います。そして最終追いの映像を見ましたが、4ハロンからの上がり重点の内容ながらラスト1ハロンは11秒5。自動計測になったのでアテにならないとは思いますが、少し口向きの悪さを見せながら、エンジンが掛かった時のフットワークはなかなか豪快。非凡な素質は秘めていると思います。

ただ、相手関係に目を遣ると、18頭中10頭が関西馬でスノーグレース以外の関東馬はほとんど印が回っていない様子。その中で強敵は矢作厩舎のグランスラムアスクと藤原英厩舎のサブライムアンセム。両馬共に追い切りも動き、素軽い感じなので、芝の実戦で更に良さそうな雰囲気。スノーグレースもトビが大きく、芝で良いタイプかなと思いますが、自分からグイグイ行くような前向きさがやや物足りなく、心身共に幼さが目立つ印象。いきなり能力全開とはいかないのかなと思います。

ですので、今回に関しては過度の期待を控え、この強豪揃いの中でどこまでやれるのかを冷静に見守りたいところ。その中で末脚のキレなど今後にキラリと光るものを見せてくれれば、合格点は上げられるのかなと個人的に思っています。

日曜日(8/1)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

日曜函館3R 3歳未勝利(芝2000m)1枠1番 小沢J

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:28日に札幌ダートコースで時計

藤原英師「先週末は札幌ダートコースで併せて追い切りを行い、ラスト1ハロン13秒掛かってしまったものの、最後まで交わされずに先着しました。そして28日にも同じような形で行いましたが、古馬1勝クラス相手に対して0.2秒先着し、ラスト1ハロンは12.3秒とここ最近の中ではとても良い伸びが見られました。この中間からブリンカーを着用していますが、以前のように過敏に反応することなく、集中力が増しているのは良いことですね。競馬に行って馬込みに入った時にどうなるか気掛かりなものの、調教でこれだけの走りが出来れば変わり身が十分期待できそうです。前走以上に体を良く見せており、この感じなら競馬に行っても力を出し切れると判断し、8月1日の函館・芝2000m戦に小沢大仁騎手で出馬投票させていただきました。ダート戦だと、砂を被るのを嫌がって進みが悪くなり、ブリンカーが効いているのか確認できないかもしれませんが、芝ならキックバックを極端に受けることはありませんし、ブリンカーを着けたことによって、行きっぷりが良くなってくると思います。それに3キロ減のジョッキーを起用することで、流れに乗り易くなると思うので、この条件で改めて期待したいところです」(7/29近況)

助 手 25札ダ良 68.1- 51.8- 38.8- 13.3 一杯に追う ベイビーアッシュ(三未勝)一杯の内を0.4秒先行3F付0.2秒先着
助 手 28札ダ良 68.1- 52.6- 38.6- 12.3 強めに追う シンシアリダーリン(古馬1勝)強めの内0.4秒先行0.2秒先着

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ

日曜新潟3R 3歳未勝利(ダ1200m)6枠11番 永野J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に坂路コースで時計

矢野師「28日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はルージュセリーズが追走して、終いは少し強めに追って脚を伸ばして行くと、最後は先着する形でゴールしています。相手が2歳未勝利馬ということはありますが、先着してくれたのは評価できると思いますし、脚取り自体も最後までしっかりとしていて良い動きだったと思いますよ。今週は新潟のダ1200m戦が一鞍のみだったので相手関係がどうなるか心配だったものの、想定の段階ではそこまで強力なメンバーは見当たりませんでしたし、8月1日の新潟・ダ1200mに永野猛蔵騎手で出馬投票させていただきました。久々を叩いた上積みはあると思いますし、残された時間的にもここでしっかりと結果を出してもらいたいと思っています」(7/29近況)

助 手 28美坂稍 52.4- 38.3- 25.3- 12.4 末強め追う ベガスバケーション(二未勝)一杯を1.4秒追走0.7秒先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー

日曜新潟10R 柳都S(ダ1800m)8枠15番 松若J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Bコースで時計

勢司師「28日に南Bコースで追い切りを行いました。今週も単走での追い切りを選択しましたが、直線では力強いフットワークで脚を伸ばしてきてくれましたし、最後まで余裕があって動きは良かったと思いますよ。予定よりも1週延びることになりましたが、その分しっかりと乗り込めたことで良い状態で挑むことが出来そうだと思っていたのですが、追い切り日の午後になって左前脚の球節あたりに少し腫れが出て来てしまいました。脚付きがそこまで綺麗とは言えないタイプですし、上体もしっかりした仔ですから、大きな痛みはないものの慎重に様子を見ていました。そうすると、翌日には腫れも引いてきており、診てもらった獣医師によると、運動後にアイシングした箇所が皮膚炎のような症状になってしまい、腫れが出て来てしまったのではないかということでした。競馬に向けては特に問題なさそうですし、特別登録させていただいた新潟・柳都Sに松若騎手で出馬投票させていただきました。もう大きな心配は要らないと思いますが、競馬まで脚元のケアはしっかりと行っておきます」(7/29近況)

助 手 28南B稍 53.7- 39.2- 12.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(8/1)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。※デビュー戦となるスノーグレースは別記事にて。

ヒーズオールザットは速い脚に欠けるので、前走ではダートへ挑戦。新味が出ることを期待したのですが、最内枠で揉まれる競馬。周りの馬に気を遣って走っていて、勝負どころからのペースアップで置かれることに。ダートの走り自体は悪くないのですが、見せ場なく敗れてしまいました。また、馬体重は530キロでの出走と見た目に立派な造り。もう少し絞れてこないとピリッとした走りは出来ないと思います。

前走後は短期でNF空港へ放牧に出て、今度は札幌競馬場へ入場。追い切りでは徐々に真面目+しっかり動けるようになって調子は良さそう。1度使って馬体も引き締まってきているのは好感です。そして今回は周りの馬を気にすることに対してブリンカーを装着。デビュー戦の走りを振り返ると、効果はそこまで期待できないかなと思うも、装着しないよりはマシだと思います。

そして今回は前走の走りを受け、デビュー戦と同じく芝2000mでの出走。これぐらいの距離に適性があると思いますし、追い切りの動きは良く、デキの良さは太鼓判。札幌から函館への輸送があるので、馬体は引き締まったままでレースへ臨めそう。好材料が見込めることから、変わり身を期待したいですが、今回も最内枠を引き当ててしまったのがどう出るか。

スタートを決めて二の脚が付けばこの枠は最高ですが、スタートで安めをうってしまうと前走の再現に。ブリンカーを装着していても、進みが悪くなりそうな感じがしています。ですので、今回、初コンビとなる新人の小沢Jにはスタートに全集中してもらい、前々で流れに乗れるようにお願いしたいです。そして次走に可能性を残す意味で優先権確保となる5着以内を何とか成し遂げて欲しいです。

ルージュセリーズの前走は矢野厩舎へ転厩となっての1戦目。手探りな面はあったかと思いますが、前々走のダ1200mで少し形になってきたことから、ダートの短距離+ブリンカー装着を継承しての1戦に。馬体重は12キロ増えていましたが、パドックでの姿は太目感はなく、落ち着き払っての周回。雰囲気の良さはちょっと目立つほど。レースでは少しレースの流れに乗るのに苦労し、他馬の動きに反応して怯んでしまう場面も。少しスムーズさを欠いたかなと思いますが、直線ではジリジリと脚を伸ばして4着まで。勝ち馬との差は大きかったですが、これまでで1番の着順を残してくれました。

その後は在厩調整を続け、中2週のローテで新潟への参戦。1週前にWコースでサラッと追って、最終追いとなった28日は坂路で上がり重点。好時計が出たと思いますし、意欲的な調整過程から前走を叩いての上積みが見込めそう。また、今回は6枠11番とやや外目の枠。道中のプレッシャーは幾らかでも軽減されると思うので、五分のスタートから行き脚が付いて、3~4番手あたりで回ってくることが出来れば。今回は新人の永野猛蔵騎手との初コンビとなりますが、既に16勝を挙げているホープ。3キロ減の恩恵も生かして欲しいです。

相手関係に目を遣ると、現在は関西圏での競馬がなく、3回新潟は関西馬がドッと参戦しているのでレースレベルは軒並み上がっているかと思いますが、ノーブルグレイスがちょっと手強そうなぐらい。状態の良さ+ダートの短距離への慣れから1発ありそうな予感はしているのですが、問題なく回ってくれば次走への優先権は確保できるかなとは見ています。

ルコントブルーは先週の函館・UHB杯への出走を予定していましたが、残念ながら除外に。その為、ここへ回ってくることになりましたが、直前輸送での函館競馬での出走は楽ではなかったと思うので、ルコントブルーには良かったかも。また、1週延びたことで追い切りを積むことが出来たのも良かったかなと思います。追い切り後の脚元の腫れは疲れではなく、皮膚炎からの腫れということで治まってきているので問題はなさそう。

前走の新潟・三条特別は牝馬同士の1戦だったので、昇級戦でもそれなりに対応してくれるかなと見ていたのですが、結果は残念ながら9着。クラスの壁に跳ね返されたと言えますが、560キロでの出走と馬体には余裕があり、道中の行きっぷりも一息。また、馬群で揉まれ込んだのも良くなかったと思います。敗因は掴めています。それに対して今回。牡馬相手の1戦は厳しいところですが、クラス2戦目+53キロのハンデ+太め解消+大外枠らを味方に変わってくる可能性はあり。鞍上は初コンビとなる松若Jですが、先行して良いタイプの騎手なので手は合いそう。終始外々を回らされることになると辛いでしょうから、五分以上のスタートからサッと前目の位置を確保できるかどうかが勝負の分かれ目。このクラスで通用するにはもう少し時間が掛かるかなとは思いますが、レースにしっかり参加してもらい、最後の直線では手に力が入るような場面を作ってくれることを願っています。その反面、前走より着順を落とすシーンは見たくありません。

軽い熱発で一旦軽めの運動へ。この誤算は痛いも、3歳未勝利の身ということで29日に栗東・藤岡厩舎へ帰厩しています。★ミスターサファリ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスターサファリ(牡・藤岡)父ハーツクライ 母サファリミス

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

調教主任「週半ばまで同様のメニューで乗り運動を続けていたのですが、8日に軽度の熱発を発症したために、現在は軽めの調整に控えています。徐々に回復に向かっているものの、体調が落ち着くまで無理をさせない方が良いでしょうから、今週いっぱいは馬の状態を最優先させて、コンディションを整えたいと思います。馬体重は508キロです」(7/9近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

調教主任「先週いっぱいは軽めの調整でコンディションを整えていましたが、その後は体温が高くなることもなく、状態は維持していましたので、今週から乗り運動を再開しています。飼い葉食いをはじめ、大きく体調を崩すことはなかったですし、すぐ立ち上げることが出来たのは良かったですね。ただ、体は少し緩んでしまいましたので、周回コースで距離を長めに乗るなどして、良化を図っていきたいと思います。馬体重は511キロです」(7/16近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「緩んだ体を引き締めるために、この中間も時計を出さない日は周回コースで長めの距離を乗るなどして鍛えています。その甲斐あって、徐々に締まってきましたし、この馬なりにしっかりとしてきましたよ。週半ばから坂路でハロン15秒の調教を開始しましたが、特に気になるところは見られませんので、いつ帰厩の声が掛かってもいいように、態勢を整えていきたいと思います。馬体重は511キロです」(7/23近況)

⇒⇒29日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(28日・最新情報より)

・在厩場所:29日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:第4回小倉開催

藤岡師「態勢が整ったようなので、29日の検疫でトレセンに戻させていただきました。明日から乗り運動を開始し、来週から本格的に仕上げに入っていきたいと思います。時間的な猶予はありませんが、中途半端に使っても良い結果に結びつかないでしょうから、ある程度態勢が整った段階で具体的な番組について考えていきたいと思います」(7/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

調教後には背腰の治療を欠かさず行うも、マイペースで乗り込みを重ねていたミスターサファリ。ただ、8日に軽い熱発を確認して軽めの運動へスイッチ。その後は再度の体温上昇はなかったようですが、楽をさせたことで馬体に緩みが生じることに。徐々に調教の負荷・運動量を高めながら、緩みの解消に努めてきましたが、3歳未勝利の身なのでゆっくりすることは出来ず。正直、良い頃の8割程度の状態かなと思いますが、29日に栗東・藤岡厩舎へ帰厩しています。

ただ、9月1週目で夏競馬が終わるので、それまでに何とか態勢を整え、悔いを残さないようにレースへ向かって欲しいところ。おそらく次走がラストチャンスでしょう。正直なところ、次走での変わり身はさほど期待できないでしょうが、序盤から出していくと最後に脚が上がるので、次走ではじっくり構えてもらい、末脚を生かす競馬で今後への可能性を示して欲しいです。

28日の検疫で美浦・奥村武厩舎へ入厩しています。☆レッドカロス

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドカロス(牡・奥村武)父イスラボニータ 母ビジュアルショック

2021.07.29
角馬場で運動後、ゲート練習。

奥村調教師「昨日(水)の検疫で入厩し、今日(木)は角馬場で長めに乗った後にゲート練習をおこないました。角馬場では少しチャカついていたとはいえ、まだ環境に慣れていないだけで脚運びなどは問題なかったですね。ゲート練習は前扉を開けた状態で何度か通過させただけですが、スムーズにクリアしてくれていたと思います。明日(金)から本格的なゲート練習を開始する予定。馬房であまり落ち着きがないのも、まだ環境の変化に戸惑っているからでしょう。飼い葉食いは良好ですが、馬にプレッシャーを掛け過ぎないように、リラックスして過ごせるように努めていきたいと思います」

2021.07.28
本日(水)の検疫で美浦・奥村武厩舎に入厩しました。

2021.07.26
本日、山元トレセンに向けて移動しました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

26日に山元トレセンへ移動の知らせを受け、デビューへ向けて1歩踏み出したと見ていたレッドカロス。ただ、入厩となるとまだまだ力を付ける必要がありそうで、山元トレセンで鍛え上げてからの入厩をイメージしていたら、ワンクッション置いただけで28日に美浦・奥村武厩舎へやってきてしまいました。正直、予想外のことで、嬉しかったです。

入厩後のカロスの様子ですが、新しい環境に身を投じてソワソワしているみたいですが、これは時間の経過と共に慣れていってくれる筈。調教に関しては、角馬場で馬体を解し、ゲート練習を開始。これから練習を本格化される中でどういう対応を見せてくれるのか、まずは注目しています。従順な馬なので枠入りや駐立はスムーズに対応出来そうも、馬体に余裕・緩さが残る現状から発馬が課題になってくるんだと思いますが。

【近況】今週は土曜新潟・芝1400mに出馬投票するも、2週連続での除外となってしまいました。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

2021.07.29
7月31日(土)新潟・3歳上1勝クラス・混合・芝1400mを除外されました。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

2021.07.28
7月31日(土)新潟・3歳上1勝クラス・混合・芝1400mもしくは8月1日(日)新潟・3歳上1勝クラス・混合・ダ1200mに予定しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら最終的なレース選択を行ないます。なお、騎手は未定です。7月28日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。

○安田調教師 「やはり先週はゲートインが叶いませんでした。その後もコンディションに問題は浮かんでおらず、7月28日(水)は坂路でサッと流す追い切りを消化。新潟の芝1400mとダ1200mを新たな目標に考えており、他陣営の動向も見ながら絞り込もうと思います」

≪調教時計≫
21.07.28 助手 栗東坂良1回 57.7 41.8 27.0 13.0 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末の新潟・千直を除外になり、今週の競馬で仕切り直しを図ったフライングバレル。新たな目標として新潟・芝1400mとダ1200mを睨んでいましたが、前者に出馬投票を行ったところ、残念ながら2週連続での除外となってしまいました。関西圏での競馬がなく、どうしても新潟での出走が混み合うので、仕方ありません。来週は何とか使えるのかなと思いますが、個人的には1週待って、小倉のダ1000mを使ってもらいたいです。

状態に関しては、良い意味で平行線といった感じですが、暑さに負けることなく活気は十分。体力を消費していることはありません。あとは普段からイライラしてこないように注意して調整を行ってもらいたいです。

28日に栗東・杉山晴厩舎へ。次走は来月14日の小倉・柳川特別を前走同様に川田Jとのコンビで予定しています。☆アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山晴)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

調教主任「こちらに戻ってきた後も特に疲労は見られなかったので、先週末から乗り出しています。硬さはなく、精神面もゆったりとしてレースのダメージはなさそうですから、間隔を空けずに使っていけそうです。次走の予定につきましては、杉山晴紀調教師と打ち合わせながら検討していくことになっています。馬体重は500気キロです」(7/16近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。体がふっくらとして、張り・艶がとても良いですし、それだけ体調が良いのでしょう。このまま問題なければ、第4回小倉開催を目標に帰厩させる方向で杉山晴師と打ち合わせていますので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えていきたいと思います。馬体重は510キロです」(7/23近況)

・在厩場所:28日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:8月14日の小倉・柳川特別(川田J)

杉山晴師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、28日の検疫でトレセンに戻させていただきました。明日から乗り運動を開始し、その後も順調に進められるなら、8月14日の小倉・柳川特別に川田騎手で向かいたいと考えています」(7/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

小倉・国東特別で競り合いをモノにして2勝目を挙げたアリーヴォ。6日にNFしがらきへ放牧に出ていましたが、レースでの疲れは少なく、間隔を空けずに使っていけそうということで乗り込みを続けていました。案外、暑さは強いのかもしれません。あとは厩舎から声が掛かればと帰厩OKという段階でしたが、28日の検疫で栗東・杉山晴厩舎へ戻っています。

また、次走については決定済で鞍上は引き続き川田Jを予定。クラスは1つ上がりますが、条件は前走と同じですし、レース巧者な馬。勝ち切れなくても恥ずかしい競馬にはならないと思います。