焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

状態の良さと連勝中の勢いは魅力も、タフさとスタミナを要求されるこの舞台向きではないのも確か。少しでも上位を目指して欲しいも、まずは怪我・故障することなくレースを終えて欲しい。★アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山晴)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

日曜阪神11R 菊花賞(G1・芝3000m)7枠13番 M.デムーロ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日に坂路コースで時計

杉山晴師「2週続けてCWコースでしっかり時計を出していることと、先週の追い切りでミルコさん(M.デムーロ騎手)に馬の特徴を掴んでもらっているので、20日の追い切りは単走で終い重点で行いました。前半は15-14のペースで入り、ラスト2ハロン付近からスピードを上げていきましたが、軽く促した程度で反応良く駆け上がってくれましたよ。適度にピリッとしたところが窺えるものの、コースに入った後はムキになることはなかったですし、リラックスしているのは良いことですね。前走から2ヵ月ほど空いていることから、早めにトレセンへ戻して時間を掛けて鍛えましたが、理想通りに仕上がっていますし、良い状態で本番に臨めそうです。3000mの距離は走ってみないことには何とも言えないものの、どの馬も同じ条件ですし、前走のように折り合いがスムーズなら、長丁場をこなしてくれるのではないかと思っています。普段は大人しくて扱い易い馬ですが、レースに行くと返し馬ではテンションが高くなって、無駄な体力を消費してしまうところがあることから、今回も返し馬を終えるところまでメンコを着けるなどして対策を練りたいと思います。また、18日の体重測定では前走から8キロ増の500キロでしたから、近場の阪神競馬場なら輸送の影響を受けることなく、前走よりプラス体重で臨めるのではないかと考えています。3勝クラスの身で、これまで大舞台を経験していないなど、条件として厳しいのは確かですが、立ち回り一つでチャンスがあると思います。それに加えて大舞台に強いM.デムーロ騎手に騎乗してもらえるのは何より心強いですから、クラシック最後の1冠を獲ってもらいたいですね」(10/21近況)

助 手 17栗坂重 57.5- 42.1- 27.4- 12.8 馬なり余力
助 手 20栗坂良 54.1- 39.2- 24.9- 12.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回阪神6日目(10月24日)
11R 菊花賞(G1) 
芝3000メートル 3歳OP 指定 国際 牡・牝 馬齢 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ワールドリバイバル 牡3 57.0 津村明秀 
1 2 アサマノイタズラ 牡3 57.0 田辺裕信 
2 3 タイトルホルダー 牡3 57.0 横山武史 
2 4 ロードトゥフェイム 牡3 57.0 丹内祐次
3 5 レッドジェネシス 牡3 57.0 川田将雅
3 6 セファーラジエル 牡3 57.0 鮫島克駿
4 7 ディープモンスター 牡3 57.0 武豊
4 8 エアサージュ 牡3 57.0 藤岡佑介 
5 9 ヴェローチェオロ 牡3 57.0 幸英明 
5 10 モンテディオ 牡3 57.0 横山和生 
6 11 ディヴァインラヴ 牝3 55.0 福永祐一 
6 12 ノースザワールド 牡3 57.0 和田竜二 
7 13 アリーヴォ 牡3 57.0 M.デムーロ 
7 14 ステラヴェローチェ 牡3 57.0 吉田隼人 
7 15 ヴァイスメテオール 牡3 57.0 丸山元気 
8 16 グラティアス 牡3 57.0 松山弘平
8 17 ヴィクティファルス 牡3 57.0 池添謙一
8 18 オーソクレース 牡3 57.0 C.ルメール

○杉山晴師 「前走で苦手な馬場で勝ってくれたように、使いながら力をつけています。ただ、トモの非力なところがあるので、良馬場の方がいいですね。今の状態で、どこまで戦えるのか楽しみにしています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

菊花賞】(13)アリーヴォ 初の大舞台心待ち、杉山晴師「いい状態で出せる」

アリーヴォは朝一番、坂路を元気いっぱいに駆け上がった。杉山晴師は「追い切った後も変わりなく、折り合い面も心配はない」とうなずく。重賞初挑戦がいきなりG1舞台となるが「この2カ月で成長しているし、いい状態で出せる。現状でどれだけやれるか」とレースを心待ちにしていた。(スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の小倉で2連勝。特に前走は不良馬場というタフな条件でゴール前で急追。同着に終わりましたが、馬群を割って追い込んできた姿は頼もしかったです。

そして前走後はNFしがらきでリフレッシュ。個人的には秋も2000m中心に使っていくんだろうなあと見ていましたが、まさかのG1・菊花賞挑戦へ。勿論、大舞台を目指すことは賛成ですが、菊花賞はよりタフな舞台ですし、レース後に出資馬の故障を2度ほど経験済。見る分には好きなG1ですが、1口馬主とすれば良いイメージはなくて。まあ、レース後のダメージ等を考えると、トライアルを使わず、リフレッシュが叶った状態で出走してきたのは良かったと思います。

9月25日に栗東へ戻ってきた後は坂路とCWコースで追い切りを消化。2週前と1週前はCWコースで速い時計を出し、最終追いは息を整える程度で坂路でサッと。動きには活気が満ち溢れていますし、計画どおりに仕上がったかなと思います。また、毛ヅヤの良さが目につくということなので、体調も頗る良いのでしょう。

ただ、アリーヴォのこれまでの戦績から直線平坦+芝2000mがベスト。同世代同士の1戦とはいえ、直線の坂を2度経験し、タフさとスタミナを要求される舞台。相手なりのタイプ+連勝中の勢いは魅力ですが、上手に乗ったとしても、最後伸びてくるのは容易ではなさそう。

ですので、過度の期待は控えたいと思いますが、晴れ舞台なのは確かなので、少しでも上位を目指してもらえればと思いますし、怪我・故障することなくレースを終えて欲しいです。

日曜日(10/24)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンブロジオ

日曜新潟4R 障害3歳上未勝利(障2850m)4枠4番 小野寺J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に南Pコースで時計

菊沢師「20日に障害を軽く飛ばした後、南Pコースで追い切りを行いました。単走で70-40くらいのところで、終いサッと脚を伸ばして息を整える程度でしたが、最後まで馬なりのまま楽な感じで走ることが出来ていましたし、脚元の状態にも問題が出てくることはありません。先週の金曜日には障害練習を行いましたが、他馬に付いて行く形であればスムーズに飛越できていましたし、小野寺騎手とも相談した結果、24日の新潟の障害未勝利戦に向かうことにしました。これまでと勝手が違うので、例えば1周目のスタンド前でゴールと勘違いしてしまったりしないかなど心配なところはあるものの、練習からは障害飛越のセンスはあると感じています。障害初戦でいきなり結果を残せるほど簡単ではありませんが、スピード能力の高さを活かして、今後に繋がる走りが見られればと思っています」(10/20近況)

小野寺 20南P良 69.4- 54.2- 39.5- 12.5 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ

日曜東京7R 3歳上1勝クラス(芝1800m)6枠6番 木幡巧J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に南芝コースで時計

宮田師「今週も南Wコースでの追い切りを考えていましたが、前日の雨の影響で馬場が滑りやすかったことから、南芝コースで併せて追い切りを行いました。道中はノワールドゥジェが3頭併せの一番後ろを追走して、直線では内から脚を伸ばすと、誘導した馬には1馬身先着、2番手を追走した馬と併入で終えています。トモの引きつけが前走時よりも良かったので、動きには力感があって脚取りもしっかりとしていますし、何よりリズム良く運べていることに好感が持てますね。番組については、新潟は週末に掛けて雨が降るようですし、想定を見ると10月24日の東京・芝1800mの頭数が少なかったことから、そちらに木幡巧也騎手で出馬投票しております。前走は少し積極的に位置を取りに行ったのですが、その影響で終いはやや脚が鈍ってしまったのかなと思いますので、木幡騎手には中団辺りで脚を溜めるようにオーダーするつもりです」(10/21近況)

助 手 16美坂良 64.4- 47.2- 30.1- 14.9 馬なり余力
助 手 17美坂良 57.7- 42.4- 27.7- 13.4 馬なり余力
助 手 20南芝稍 63.5- 49.5- 36.4- 11.1 馬なり余力 オウケンムーンアイ(新馬)強めの内1.2秒追走同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア

日曜新潟10R 柏崎特別(芝1600m)1枠2番 菅原明J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に南Wコースで時計

田中博師「20日に南Wコースで単走で54-39くらいの時計を出しています。先週の時点で心身共にある程度は出来ていましたし、新潟競馬場までの輸送を踏まえて今週はサラッと終えるイメージでしたが、その通りに調整を積めました。腰回りの緩さは多少あるものの、この馬にしてはとてもバランスが良くて、キャンターに力強さを感じますし、課題という課題が見つかりません。前走後はノーザンファーム早来へ放牧に出させていただき、そちらで放牧を取り入れてもらったことで狙い通り内臓面・馬体面がリフレッシュ出来たと思いますし、こちらへ入ってきてからも非常に良い状態をキープしておりますので、昨年2着と実績のある舞台で1勝クラスを突破したいところです」(10/20近況)

助 手 17美坂良 59.8- 44.2- 29.1- 14.1 馬なり余力
助 手 20南W稍 54.1- 39.0- 11.5 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアブソルート

2021.10.21
10月24日(日)阪神12R・天王寺S・混合・ダ1400mに中井Jで出走します。10月20日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は16時25分です。

2021.10.20
10月24日(日)阪神天王寺S・混合・ダ1400mに中井Jで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では17/8の抽選対象です。10月20日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。

○吉岡調教師 「通常メニューへ戻ってからも至って順調に運んでおり、10月20日(水)は約55秒のタイムで駆け登る形。最後まで集中できていた部分は好材料だと思います。除外の権利を取って錦秋Sへ向かいたいところ。仮に抽選を潜り抜けても力を発揮できると思います」

≪調教時計≫
21.10.20 助手 栗東坂良1回 55.3 40.1 26.3 13.3 馬なり余力 ヴェルテックス(古馬オープン)馬なりを0秒3追走頭遅れ

2021.10.18
10月24日(日)阪神天王寺S・混合・ダ1400mに特別登録を行なっています。10月16日(土)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。

≪調教時計≫
21.10.16 助手 栗東坂良1回 62.7 44.7 28.3 13.7 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(10/24)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。※G1・菊花賞に出走するアリーヴォは別記事にて。

先週のロードセッションに続き、アンブロジオが障害への転向緒戦を迎えますが、こちらは短距離で頑張ってきた馬。3勝クラスまで駆け上がっているので平地力は○。ただ、その分、課題はスタミナと飛越になってくるでしょうが、これまでの練習・障害試験から判断すると、経験を積みながら克服していかないといけないかなと見ています。

また、ここへ向かうにあたり、右前脚の歩様に違和感が出てしまい、右前蹄の蹄底の内側部分に痛みを確認。その治療を最優先する期間があり、その間の追い切りは飛んでいます。一応、プール調教を行っていたので心肺機能に狂いは少ないかもしれませんが、一頓挫あったのは確か。

スポーツ紙・専門誌の印を見ると、平地力を評価されてそれなりの印が付いているので、いずれは障害戦でも勝てるかなと思いますが、転向緒戦となる今回は初めての実戦で戸惑うこともあるでしょうから、まずは無事に完走するのが1番。その中で今後に繋がるものをチラッとでも見せてくれればと思います。

ノワールドゥジェは1勝クラスでの2戦目。昇級戦となった前走は7着に敗れましたが、正攻法の競馬で直線半ばまで見せ場たっぷり。最後は少し疲れてしまって甘くなっただけで内容は悪くなかったです。

前走後はNF天栄で充電し、帰厩後は新潟開催で使う予定で進めてきましたが、新潟の雨予報を嫌い、想定段階で頭数が少なかったここへ。個人的には更に1ハロン短縮したマイルでの走りを見たかったですが、それは次走以降の楽しみにしたいと思います。

ここへ向けての調整過程は順調そのもの。丹念に時計を出し、最終追いは芝で実戦を想定した形。序盤は脚を溜める形で追走し、GOサインが出ると反応鋭く、併入に持ち込んでいます。こういう形を競馬でも見せることが出来るかどうかが1つ鍵に。

相手関係に目を遣ると、9頭立てなのはレースがしやすいでしょうが、粒は揃った感じ。また、前走は牝馬限定戦でしたが、今回は牡馬との1戦。その辺も結果に反映してきそうです。

まあ、それでも今回に関しては新たなチャレンジ(脚を溜めて末脚に賭ける)を行うので、結果は少し横に置いといて、最後までしっかり脚を伸ばすことができるかを見守りたいです。

ポレンティアは決め手に欠けるところはあるも、1勝クラスでは安定勢力。また、トモの状態の良し悪しが結果に繋がる馬でもあります。

前走で久々2着に好走した後、NF早来でリフレッシュ。放牧を取り入れたことで心身のリフレッシュが叶ったようですし、帰厩後のトモの状態は左右の違いをさほど感じさせず、力強さを感じる走りが出来ているとのこと。低く見積もっても、前走時のデキはキープできているでしょう。

また、開催が進んで幾らか時計の掛かる馬場になってきているのは歓迎材料ですが、直線の長いコース+16頭立ての多頭数は課題に。相手関係に目を遣ると、勢いのある3歳馬が上位人気を形成し、力量的にも少しリードしている感じ。それらを相手に真っ向勝負になってどこまでやれるのか。大崩れはしないかなと思いますが、勝ち切るとなると展開の恩恵や人気馬の凡走といった後押しが必要でしょうねえ。

前走で末脚に賭ける競馬に転じて8着とまずまずの結果を残したロードアブソルート。欲を言えば、それなりに手応えが残っていたので、もう少しピリッとした脚を使って、上位馬との差を詰めてきて欲しかったところですが、こういう競馬を積み重ねていくことがまずは大事に。

前走後は在厩調整を続け、再度東京・ダ1600mの錦秋S(11/7・中3週)を目指すプラン。そこへ向かうにあたり、除外による優先権を得るために中1週のここへ登録してきましたが、またまた抽選運の発揮してしまって出走へ。まあ、体調は高いレベルで安定し、デキ落ちの心配はなさそう。ただ、ここも末脚に賭ける競馬を試み、走りのリズムを習得することが求められているので、結果は二の次。実際に上位を賑わすとなると、現状ではまだまだ厳しそうというのも確かです。中井Jには気楽に構えてもらい、最後までしっかり脚を伸ばせるようにアブソルートと息を合わせてもらえればと思います。

心身に未完成さを感じるも、丹念に追い切りを重ねて動きは軽快。スピードに乗るまで時間が掛かる課題はあるも、心肺機能の高さを生かし、デビュー戦から上位争いに食い込んできて欲しい。☆インディゴブラック

f:id:yakifish:20200513045835g:plain インディゴブラック(牡・奥村豊)父キタサンブラック 母カーニバルダクス

土曜東京5R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝2000m)6枠11番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日に坂路コースで時計

奥村豊師「今週は東京競馬場までの輸送が控えていることから、20日の追い切りは坂路で行いました。14-13程度の時計で上がってくるように指示を出していたものの、前半のラップが速くなって全体が52.2秒と出てしまいましたね。ただ、ムキになって抑えが利かなかったわけではないですし、我慢するところは我慢できていましたから、これぐらいなら問題ないでしょう。スピードが乗るまで時間が掛かるところがあるものの、今週の追い切りでは無理せずテンからスピードを上げていくことが出来たように、この馬なりに中身がしっかりしてきましたね。先週の追い切りに騎乗した川田将雅騎手は『体の頼りなさは感じるものの、その中でも息づかいの感じや走り自体は良かった』と課題がある中でも好感触でしたから、今の状態でどれだけ良い走りを見せてくれるか楽しみです。直線の長い東京の舞台なら、のびのびと競馬が出来ると思いますので、このまま良い状態で川田騎手にバトンを渡せられるよう、努めていきたいと思います」(10/21近況)

助 手 20栗坂良 52.2- 38.7- 25.8- 13.1 馬なり余力 クチャモザクワジャ(二未勝)馬なりを0.1秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京5日目(10月23日)
5R メイクデビュー東京 2歳新馬
芝2000メートル 馬齢 発走12:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロンギングエーオ 牡2 55.0 石橋脩
1 2 マテウス 牡2 55.0 横山典弘
2 3 ルヴェルディ 牡2 55.0 C.ルメール 
2 4 マイネルキング 牡2 55.0 石川裕紀人 
3 5 ディナースタ 牡2 55.0 池添謙一 
3 6 カツミチャン 牡2 55.0 大野拓弥 
4 7 ジュンブロッサム 牡2 55.0 武豊 
4 8 ホウオウニンジャ 牡2 55.0 田辺裕信 
5 9 キャッチザワールド 牝2 54.0 三浦皇成 
5 10 コスモダークナイト 牡2 55.0 M.デムーロ
6 11 インディゴブラック 牡2 55.0 川田将雅
6 12 サノケン 牡2 55.0 江田照男 
7 13 アースロマン 牡2 55.0 丸山元気 
7 14 スペースシャワー 牝2 54.0 吉田豊
8 15 デリカテス 牡2 55.0 坂井瑠星 
8 16 エステラ 牡2 55.0 横山武史

○奥村豊師 「週を追う毎に良化中です。大きい競馬場で、長く脚を使えそうなので東京に」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インディゴブラックは追加募集馬の中の1頭でしたが、心身の幼さを多分に残す中、父キタサンブラックらしく背が高くて雄大な馬体。歩様は前脚の送りがやや独特+捌きは硬めなので脚元へのリスクを感じつつも、トモの踏み込みは力強さ○。これによって推進力のあるトビの大きいフットワークを見せていました。また、母系はアメリカ色が強いので、ダートでも潰しが利くのかなと思い、出資へと至りました。

育成時のインディゴブラックは順調に乗り込むことは出来ていましたが、雄大な馬体を誇るも、そこに筋肉が付きづらく、内面がパンとせず。成長待ちでペースを上がるのを控えたりする時期もありましたが、6月末に栗東・奥村豊厩舎へ初入厩。ゲート試験は1度失敗しましたが、翌日に再受験を行い、無事クリアしてくれました。

その後はNFしがらきで鍛え直すこととなりましたが、調教中に何かに驚いて尻もちをつくアクシデント。幸い、軽度の打撲と診断されましたが、雄大な馬体なのに気持ちの小さな面を覗かせてしまいました。また、打撲が回復後は『馬格の割にまだ中身が伴っていない』という自身の課題に対し、時計を出さない日は周回コースで長めの距離を乗るなどして基礎体力強化に着手。暑さにクタッとすることなくコツコツ頑張ってくれました。そしてデビューへ向け、9月19日に再入厩を果たしています。

栗東へ戻ってきたインディゴブラックは、動きには余裕を感じさせるも、スピードに乗るまで時間が掛かってしまう新たな課題に取り組み、黙々と追い切りを消化。その中で動きには素軽さが出てきましたし、操縦性の高さを維持。器用さに欠ける面は馬体の成長・充実ともに変わってきてくれるでしょう。そしてこの東京・芝2000mでデビューを迎えることとなりました。鞍上に川田Jは心強いです。

ただ、追い切りで目立つ時計は出ていませんし、心身の幼さがもっともっと解消してもらわないといけない現状。スピードに乗るまでに時間が掛かる課題が実際のレースでどこまで影響を及ぼすのかも気になります。まあ、その辺の課題は追い切りに跨ったことで感じるところはあったと思うので、川田Jの手腕で補って欲しいところ。

個人的な見解(イメージ)ですが、Sペースからの瞬発力勝負になると分が悪いと思うので、心肺機能の高さを生かし、早めに仕掛けていって、どこまで粘り・踏ん張り通せるか。勿論、デビュー勝ちできればベストですが、行儀の良い競馬をしてもらって、勝ち負けの争いに食い込むことが出来れば合格かなと見ています。

15日に栗東へ。次走は来月7日の阪神・芝1800mへ松山Jとのコンビで向かいます。☆ヴェルトハイム

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム(牝・友道)父ロードカナロア 母ワイルドココ

2021.10.20
10月20日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。11月7日(日)阪神・3歳上1勝クラス・混合・芝1800mに松山騎手で予定しています。

○友道調教師 「10月15日(金)に再びトレセンへ。約2週間の短期放牧だったとは言え、適度な気分転換が図れているはずです。戻った後も順調に運んでおり、20日(水)は約55秒のタイムで駆け登る内容。福永騎手の都合が付かなかった為、次は松山騎手を鞍上に迎えます」

≪調教時計≫
21.10.20 助手 栗東坂良1回 54.8 39.8 25.8 12.6 馬なり余力

2021.10.19
ヴェルトハイムは、10月15日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、11月7日(日)阪神・3歳上1勝クラス・混合・芝1800mに予定しています。

○当地スタッフ 「最終的には13-13に近いトレーニングもこなしました。キッチリと反応できており、動きに関する注文は無し。万全の態勢で送り込めたと思います。今回はレース後の身体の戻りも早く、兎にも角にも元気一杯。次のレースが今から楽しみです」

2021.10.18
10月15日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。10月17日(日)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。

≪調教時計≫
21.10.17 助手 栗CW稍 54.7 38.2 11.8 馬なり余力

2021.10.12
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。10月15日(金)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「ハロン17、18秒ペースをコンスタントに消化。調教中の課題は見付からない他、与えた飼い葉をいつも残さずに食べています。煩いぐらいにエネルギッシュでコンディション良好。10月15日(金)に栗東トレセンへ向かう段取りが組まれました」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一夏を越して、カイ食いが良くなってきたヴェルトハイム。コンスタントに乗り込んでも、食が細くなったりしませんし、活気ある動きを披露。次走は来月7日の阪神・芝1800mと決まっていたので、あとは逆算して帰厩の声が掛かるかなと見ていましたが、15日に栗東・友道厩舎へ帰厩しています。

そして早速Wコースで脚慣らしの時計をマークし、20日の坂路追いはオーバーワークにならないようにややセーブ気味な内容。それでもサッと駆け上がっているようにヴェルトハイムの状態の良さが伝わってきます。

次走の鞍上ですが、『ワンターンの芝1800mが向くイメージ』と前走時に進言してくれた福永Jに引き続き乗って欲しかったですが、先約が入っている様子。そこで新たなパートナーとして松山Jに打診しているとのこと。1勝クラスでは大・安定勢力ですが、次走では直線に賭ける競馬でスカッと勝ち切って欲しいです。

阪神への長距離輸送で計算通りに絞れたのは良かったも、G1のここで初めて馬群で揉まれる競馬を経験。勝負どころからのペースアップで一気に反応・手ごたえが怪しくなり、直線を向いた時には余力なし。15着と大敗を喫してしまう。★クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

日曜阪神11R 秋華賞(G1・芝2000m)15着(13番人気) 和田J

まずまずのスタートを切ると、道中は中団内目からレースを進めます。勝負どころから鞍上の手が動き始め、直線でも脚を伸ばすことが出来ず、後方で流れ込んでいます。

奥村武調教師「前走から中3週でしたが、中間もしっかりと負荷を掛けた調教を課してきたことで、馬体重はマイナス10キロと想定通りに馬体を絞って出走させることが出来ました。阪神競馬場までの輸送も上手くいき、パドックでは程良く気合いが乗った中で周回できていて、良い雰囲気でレースに向かっていくことが出来ました。スタートもまずまず出てくれましたし、その後も人気馬を前に見ながら良いポジションでレースを進めることが出来たと思います。ただ、勝負どころから早くも鞍上の手が動き始めてしまい、直線でも見せ場が全くなかったので、どうしたのだろうと不思議に思っていたのですが、和田竜二騎手によると『3コーナーくらいから段々と息遣いが苦しくなり出して、内にモタレてきてしまいました。息の苦しさから直線でも余裕がなく、脚を伸ばすことが出来ませんでした』ということです。調教では息遣いに変なところは見られないですし、いきなりレース中にそういったところが出て来てしまい困惑している部分はあるものの、今後もその辺りはよく注意して見ていく必要があるかもしれません。上がって来た時の様子に異常は見られなかったものの、まずはトレセンに戻してよく状態を確認させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/21日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

奥村武師「トレセンに戻ってよく状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。ただ、ローズSから短い間隔の中、しっかりと調教を積んで秋華賞に挑みましたし、それなりに疲れは見られますね。まずは牧場にお戻しして、しっかりと心身の疲れを取った上で次に向けて進めていきたいと考えています」(10/20近況)

⇒⇒21日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(21日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G1ではちょっと力は足りないのは認識していましたが、阪神への長距離輸送で思惑通り、マイナス10キロと絞れてきたので、少しだけ淡い期待を持ってレースを見守りましたが、クールキャットには厳しい現実を突きつけられる結果が待っていました。

内の奇数枠だったので立ち遅れた際は終いに賭ける競馬に切り替えて欲しいなあと見ていましたが、ゲートのタイミングがピタッと合って好発。その後、前目のポジションを取りにいくのかなと見ていましたが、出たなりの位置で脚を温存する競馬を和田竜Jは選択しました。そして道中は有力馬を前に見る形で内々を追走。折り合いは付いていたと思いますし、追走に手一杯という感じはなかったです。それを見て、『悪くない競馬をしているなあ』と思ったのですが、残り600mあたりからレースの流れが速くなると、反応・手応えが急に怪しくなり出し、4角手前では早くも和田竜Jの鞭が入る始末。直線を向いた時には脚はなく、その後はフットワークがバラバラになりながらのゴールインでした。急激に変わってしまったとは想像できませんでした。

レース後の和田竜Jのコメントを見ると、『3コーナーくらいから段々と息遣いが苦しくなり出して、内にモタレてきてしまいました』とのこと。今までそういう面を見せていなかったので、15着という着順・結果以上にショックを受けました。

また、レース後のクールキャットの状態ですが、脚元等に大きな問題はなし。息遣いに関しては特に触れられておらず、検査をした感じはなし。21日に厩舎を離れていますが、放牧先のNF天栄で改めて検査を行うのかもしれません。

まあ、これまで馬群で揉まれるような競馬はしてこなかったので、強い相手と揉まれるG1で余計に精神面の弱さが出てしまったのかなあとも思います。今回の厳しい競馬が今後の競走生活に良い経験となれば良いのですが、気持ちの面で尾を引くことがないように願っています。

19日に帰厩。菅原明Jの進言で次走ではダートを試すことになりました。☆オリーヴベリー

f:id:yakifish:20200513045835g:plain オリーヴベリー(牡・武市)父リオンディーズ 母ウインフロレゾン

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回周回コースで70-40、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も周回コース中心のメニューではありますが、週1回は坂路コースでも速めのところを取り入れています。相変わらず折り合い面には苦労する部分はあるものの、負荷を強めた後も背腰の状態は維持できています。今のところ、11月中の競馬を視野に入れて乗り込みを進めていければと考えています。馬体重は490キロです」(10/15近況)

⇒⇒19日に美浦トレセンへ帰厩しています。(20日・最新情報より)

・在厩場所:19日に美浦トレセンへ帰厩
・調教内容:21日に南Wコースで時計
・次走予定:11月6日の東京・ダ1300m、もしくは11月6日の東京・ダ1400m

武市師「19日の検疫でこちらへ帰厩させていただきました。馬体をよく確認いたしましたが、特に問題は無さそうでしたので翌日から軽く乗り出し、21日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はオリーヴベリーが古馬1勝クラスのエコロカナワンを3馬身ほど追走する形から、少し遅れる形で終えています。菅原明Jに手伝っていただいたのですが、『折り合い面は全く問題無かったですね。ゴール前だけ気合いを付けたものの、やはり切れる脚に欠ける部分がありますし、もしかすると芝よりダートに替わる方が良いのかもしれません。馬格があって力はあるので、そう言った点からもダートは合いそうです』と話していました。今週の動きを踏まえて番組を検討したところ、次の東京開催の1週目には態勢が整いそうなことに加えて、菅原明Jの今日の感触からもダート戦を試したいと考えています。この時期のダート戦なら図抜けて強い馬も出てこないでしょうから、早めに1つ勝たせておきたいところです」(10/21近況)

菅原明 21南W良 67.4- 52.2- 38.4- 12.1 G前仕掛け エコロカナワン(古馬1勝)強めの内0.6秒追走0.1秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

折り合いに難しいところを残りしつつ、NF天栄でコツコツ乗り込んできたオリーヴベリー。トモの緩さは残すも、その甲斐あって、少しずつでも馬体に芯が入ってきている印象はあります。そして15日付の近況更新では『11月中の出走を視野に』ということでしたが、それを叶うべく、19日の検疫で美浦・武市厩舎へ帰厩しています。

早速、21日には帰厩後の初時計をWコースでマーク。前走で手綱を取ってくれた菅原明Jが跨ってくれましたが、古馬相手に追走遅れですが、時計は悪くないですし、結構食らい付いてくれた感じです。手綱を取ってくれた菅原明Jの感触は悪くないも、やはい切れる脚には欠ける様子。そこで目先を替える意味でダートへの進言。個人的も試す価値はありますし、前進が見込めるかもしれません。

ただ、気分良く行かせると脚が溜まらないと思うので、レース運びに関しては、菅原明Jと武市師で打ち合わせをしてもらい、力を引き出せる乗り方を導き出して欲しいです。2戦目の前走は13着と沈んでしまったので、3戦目はV字回復できるところまで変わり身を見せて欲しいです。

Wコースで併せ馬を行うも、追ってからひと伸びを欠く。31日の新潟・芝1400mを西村淳Jとのコンビで予定しています。★レッドカロス

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドカロス(牡・奥村武)父イスラボニータ 母ビジュアルショック

2021.10.21
美浦:奥村武厩舎
厩舎周りを引き運動。

奥村調教師「追い切った翌日なので、今日は厩舎周りを引き運動で調整しました。テンションが上がることはなく、運動中の脚取りもしっかりしていました。飼い葉食いも安定しており、コンディションは確実に良化していますね。引き続き乗り込みながら態勢を整えていくつもりです」

2021.10.20
美浦:奥村武厩舎
角馬場運動後、ウッドチップコースで追い切り。
ウッド 84.1-67.4-52.2-37.8-12.2 一杯
ロンギングエーオ強めの外0.5秒先行0.4秒遅れ

奥村調教師「今日はウッドチップコースでカロスが先行して追い切りました。前半は気負うことなく走っていてフットワークも素軽かったのですが、馬場も重かったせいか終いの動きはフワフワしていましたね。それでも手前を替えて最後まで気持ちを切らさなかったのは収穫だったと思います。上がりの歩様や息の入りも良化しており、コンディションは確実に上向いています。来週の日曜新潟5Rに西村淳也騎手で出走する予定で、引き続き調整を進めていくつもりです。最近はウッドの馬場が重たい傾向ということもあり、週末や来週の最終追い切りは芝またはポリトラックコースでおこなうことも視野に入れたいと思います」

※10月31日(日)新潟5R・2歳新馬(芝1400m)を西村淳也騎手で予定。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューへ向け、追い切りの負荷を高めているレッドカロスですが、20日の追い切りでは先週の宣言どおりにWコースで併せ馬を敢行。先行する形で進めていた分は悪くなかったようですが、併せて追い比べの形になって見劣ることに。ビシッとやれたことは○ですが、追ってから伸びを欠いた感じです。

この要因とすれば、体力不足+馬体に余裕があることが挙げられると思いますが、力強い動きをする馬ではないので、ウッドコースでは動き切れないのかもしれません。

また、今回の更新で来週31日の新潟・芝1400mでのデビューが決定。実戦の芝へ行って良いタイプかと思いますが、今の感じだと使いつつ良化を待つでしょうか。良い意味での予想を裏切る走りをお願いしたいです。

15日に帰厩。次走は来月6日の東京・ダ1600m(牝馬限定)を予定しています。☆シベール

f:id:yakifish:20200513050027g:plain シベール(牝・久保田)父ルーラーシップ 母ヴィーヴル

2021.10.20
10月20日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。11月6日(土)東京・3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1600mに予定しています。

○久保田調教師 「順調に運んでいる旨の報告を受け、10月15日(金)に厩舎へ戻す形。20日(水)は状態把握を目的に70-40の時計で回って来ました。まだ少し緩さを残すものの、仕上がりの早いタイプ。11月6日(土)に組まれる東京の牝馬限定戦を視野に進めましょう」

≪調教時計≫
21.10.20 助手 美南W稍 86.3 69.6 54.7 39.9 12.5 馬なり余力

2021.10.19
10月15日(金)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「良いコンディションを保っており、先週は坂路を中心とした内容。昔に比べてコントロールも十分に利く感じで、走りに関する注文はありません。改めて厩舎サイドに連絡し、移動スケジュールが決定。10月15日(金)に無事出発しています」

2021.10.18
10月15日(金)に美浦トレセンへ帰厩しました。

2021.10.12
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン14~20秒ペース)。10月7日(木)測定の馬体重は476キロ。

○当地スタッフ 「10月5日(火)に5ハロンで15-15より若干踏み込んだメニューを消化。広いコースだと気が入り易い点を考慮し、1頭だけで走らせています。落ち着いた状態をキープ出来ており、上々の動きと言える内容。いつ声が掛かっても対応は可能です」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9月下旬に熱発を発症し、トモに浮腫みが見られた為、当初の予定よりも帰厩が遅れていたシベール。ようやく浮腫みが解消し、調教の負荷を高めてきましたが、動きに関しては及第点。そして15日の検疫で美浦・久保田厩舎へ帰厩しています。

また、次走に関しても決定済で、来月6日の牝馬限定・ダ1600mを目指すことに。芝の前走では末脚一手の競馬で6着と悪くない競馬だったので、引き続き芝を使うのかなと思っていたら、再度ダートへ。ダートでも末脚に賭ける競馬を試みるのか、正攻法の競馬をするのか。どういう作戦を立ててくるのか今から気になるところです。また、寒い時季になってきて、時計が掛かりやすくなるのはプラスでしょう。

日曜日(10/17)の出資馬・出走結果

f:id:yakifish:20200513045835g:plain スノーグレース

日曜東京2R 2歳未勝利(芝1600m)9着(7番人気) 丸山J

チークピーシズ着用。スタートでやや後手を踏みますが、その後押し上げて行き、道中は中団からレースを進めます。直線では他馬の間から脚を伸ばそうとしますが遅れを取り出し、後方で流れ込んでいます。

中舘師「念のために厩舎装鞍を行いましたが、変にバタバタするところはなかったですし、パドックも特に問題なく周回できていました。ただ、本場馬入場になると急にスイッチが入ってしまい、跳ねてまるで別馬のようになってしまいました。トレセンの練習時は大人しくしていたものの、ゲートの中でもソワソワして落ち着きがなかったため、上手くタイミングが合わず出遅れる格好になってしまいました。その後は上手くリカバリーして中団に付けることが出来ましたが、丸山元気騎手は『周りを気にしている感じではなかったのですが、自ら進んで行かなかったです』と話していた通り、頭が高い走り方になってしまい、ブレーキを掛けつつ追走しているように見えました。直線でも同じような感じだったので、追い出してからも脚を使うことが出来ず、徐々に前との差を広げられてしまいました。調教では前向きさが見られたため、レースでもチークピーシズを着用しましたが、ジョッキーは『レースではあまり効果が感じられなかったですし、着けない方が良いかもしれません』と話していました。前走時よりは息が上がっていて走っている感じはあったものの、それでも調教時の良さが見られませんし、おそらくまだ本気を出していないのでしょう。現時点では条件云々というよりは気持ちの面が邪魔をして力を発揮できていない印象ですし、今後も馬装を含めて色々と試しつつ良い形を探っていきたいところです。この後は優先出走権を獲れませんでしたし、一旦放牧に出させていただく予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:19日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧

中舘師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、競馬で力を出し切っていないので、脚元を含めて大きなダメージは見られませんでした。良い方に出ればと思って、クロス鼻革やチークピーシズを着けましたが、それで却って反抗心が出てしまったのか、調教の良さを競馬では全く出すことが出来ず申し訳なく思っています。それでも上位からそこまで離されていないことを考えると、やはり能力はあるはずですから、何とかレースで力を発揮できるように努めていきたいと思います。この後は一旦心身ともにリセットさせてから次に向かっていった方が良いでしょうし、19日にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました」(10/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロアビアンカシェボン

日曜東京7R 3歳上2勝クラス(ダ1600m)優勝(4番人気) 藤岡佑J

互角のスタートから中団の外目で流れに乗ります。そのまま直線へ向くと、一旦は前を塞がれるものの、空いたスペースからグイグイ伸びて先頭でゴールし、3勝目を挙げるとともに、約2年ぶりとなる勝利を飾っています。

中内田調教師「おめでとうございました。休み明けの前走は、本当なら今回ぐらいの体重で競馬に向かわないといけなかったものの、雨の影響で輸送時間が掛かってしまったことで、想定していたより体重が減ってしまいました。14キロ増でも決して太くは見せていなかったですし、成長分と考えていただいて良いでしょう。メンバーはそれなりに揃っていましたし、厳しい競馬になるなと覚悟していましたが、力の違いを見せてくれましたね。ジョッキーには、以前より体がしっかりとして動けるようになっていることから、上手く脚を溜めて末脚を活かして欲しいと指示を出していました。レース後、藤岡佑介騎手は『指示通りじっくりレースを運び、最後の直線ではワンテンポ遅らせて仕掛けていくと、反応良く伸びてくれました。以前は追い出してからモタモタしていましたが、反応・動きともに良かったですし、強い内容で勝ち上がってくれました。力を付けていますね』とこの馬の成長を感じてくれました。一度使った上積みと調教の感じから、良い競馬をしてくれると期待していましたが、最後の直線で一旦は前を塞がれて追い出しが遅れたものの、抜け出してからは良い脚で伸びてくれたように、こちらが思っていた以上に中身がしっかりとしてきましたね。この後はトレセンに戻って脚元含めて状態を確かめたうえで、今後の予定について相談させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/21日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

中内田師「先週の競馬はこちらが期待していた以上の走りを見せてくれましたし、レース後の状態が問題なければ続戦させようと考えていました。ただ、トレセンに戻って状態を確認したところ、両トモにクモズレの症状が見られ、特に左側の傷が目立ちますね。それだけトモがしっかりとして、踏み込みに力強さが出てきた証拠だと思います。ただ、このまま続戦させて傷口が悪化してしまうと、余計に時間が掛かってしまいますから、無理せず一旦放牧に出してケアしてもらうことにしました。21日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきます」(10/20近況)

⇒⇒21日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(21日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(10/17)に出走した出資馬のレース回顧をまとめて。※秋華賞に出走したクールキャットは別記事にて。

仕切り直しとなった前走で予想外の気難しさを露呈したスノーグレース。NF天栄で一息入れて立て直してきた今回。改めて能力を問う場となりましたが、能力を発揮する手助けとして馬具を工夫してきました。

パドックでのスノーグレースは変にイレ込むことなく、馬具の着用が悪い方へ向いている感じはなかったです。ただ、周回の様子を見ると、自分からグイグイ引っ張っていく面はなかったです。

デビュー戦ではスタートでやや後手を踏んだので、今回はどうかな?と見ていましたが、ゲートは出るも、そこからの二の脚が一息。丸山Jは懸命に促してくれましたが、スノーグレースは嫌々走っている感じ。ただ、1頭になるとフワフワすると丸山Jは考えたようで、馬群の中に取りつくまで手綱が動いていました。

道中の走りは若干力みを感じましたが、途中で置かれるような面はなく、集団で直線を向いての末脚比べ。いざ追われたスノーグレースは不安定さを感じる走りでハミを取ったり取らなかったり。自分からブレーキを踏むところがあったんでしょう。ただ、残り300mぐらいから余裕がなくなると、ジリジリ後退するしかありませんでした。

結果は9着と今回も沈んでしまいましたが、2着馬とは1秒差。真剣に走っていない中でこの差なので、脚力自体は持ち合わせているのですが…。どうも気難しさが目立ち、これが解消できるかとなると正直簡単ではないでしょう。

レース後のスノーグレースですが、直線半ばまでひとまず食らい付くところはあったので、デビュー戦と比べるとクタッとしている様子。ただ、馬体には異常が見受けられないので、時間の経過と共に解消できるレベルでしょう。19日にNF天栄へ放牧に出ています。

まずはレースでの疲れを取り除いてもらい、回復後は改めて心身の成長を促すべく、腰を据えてじっくり取り組んでもらいたいです。

実績のあるコースで巻き返しを期してきたのがボンディマンシュ。ただ、ここはイキの良い3歳馬が強力でしたし、脚抜きの良い馬場は向かないんじゃないかなと見ていたのですが…。

パドックに登場したボンディマンシュは前走からプラス14キロ。数字を知った時はちょっと不安でしたが、姿を確認すると太目感はなかったと思いますし、むしろパワーアップした感じ。ひと叩きして雰囲気は良くなっていたので、あとはレースでどういうパフォーマンスを見せてくれるか楽しみに見ていました。

レースぶりについては、芝スタートでもスッと行き脚が付いて前へ。そのまま先行させるのかなと思ったら、藤岡佑Jは溜める形を選択。ダートへ入ってから若干行きたがる素振りはありましたが、前に壁がない状態でも宥めることは出来ました。そして直線を向くまでは下手に動かずに息を潜めていました。

ただ、直線を向いたところで8枠のグランツアーテムが早めに被せてきて、ボンディマンシュは内へ押しやられることに。一瞬、進路がなくなりましたが、そこで慌てず騒がず、外へ持ち出すタイミングを図り、残り400mぐらいから進出を開始。鞍上のGOサインに素直に反応するじわじわ脚を伸ばし、残り200mを切ってからグンと前へ。手前をコロコロ替えるのは気になりましたが、しっかり前を捉え切ると、大外から伸びてきたクリーンスレイトの追撃を何とか凌いでゴールイン。骨折明けをひと叩きし、ガラリ一変を期待しつつも、現実的にはそう行かないだろうなあと見ていたので、ちょっとビックリの勝利。最後にスパッと切れる脚を使えたのは成長なんでしょうねえ。こういう競馬が出来るのなら、まだまだキャリアの浅い馬ですし、OP入りを目指せそう。

レース後のボンディマンシュですが、両トモにクモズレの症状。左トモは少し症状が大きいようですし、傷口が広がると厄介なので、処置・治療することを優先。21日にNFしがらきへ放牧に出ています。今後についてはクモズレの回復次第ですが、今後も同様の症状を繰り返す可能性が高いので、そういうことを見据えて進めてもらえればと思います。まだまだ頑張ってもらいたい1頭ですから。

左前脚を捻挫。幸い骨には異常は見受けられないも、少し腫れが残るので軽めの運動に切り替えています。★モルレー

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー(牝・長谷川)父ブラックタイド 母レディドーヴィル

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

調教主任「コンスタントに速い時計を出して順調に進められていたのですが、週半ばに左前脚を捻挫してしまいました。幸い骨には異常なくホッとしていますが、捻った影響で少し腫れてしまっているので、治まるまで軽めの調整に控えることにしました。頓挫は痛いですが、この休養が良い方に向けばと思っています。馬体重は465キロです」(10/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの緩さ・非力さが目につきながらも、素軽い走りなど素質の片鱗も覗かせていたモルレー。コツコツ乗り込むことも出来ていたので、そろそろ帰厩のメドが立っても良いのかなと見ていましたが、この中間に左前脚を捻挫するアクシデントが発生。

幸い、骨等には異常は見受けられないも、脚元には少し腫れが残るので、騎乗運動を一旦ストップし、軽めの運動で回復を促しています。

この馬なりにリズムを掴んできていたので残念な頓挫となりましたが、この期間に馬体のリフレッシュに努めてもらい、乗り出すまでに馬体のボリュームをしっかり増やしておいて欲しいです。起ってしまったことは仕方ないので、負の連鎖が起こらないように慎重を期してもらえればと思います。