焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

土曜日(5/15)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

土曜新潟5R 3歳未勝利(芝2400m)7枠10番 西村淳J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで時計

藤原英師「先週の追い切り後に西村淳也騎手からチークピーシズを着けてみてはどうかと進言があったことから、この中間に着けてみたところ、余計に集中力が散漫になってしまいました。ですから、12日の追い切りは何も着けずに、先週に引き続き西村淳也騎手に手伝ってもらって時計を出しました。今回は先行し、最後の直線で3歳オープン馬の外側に併せて行きましたが、この馬なりに集中して走っていましたし、先週よりも馬の雰囲気は良くなっていますよ。この馬なりに成長しているのは確かですし、前走よりも気難しいところを見せなくなっているのは良いことだと思います。2400mの距離ならゆったり運べて自分のリズムで競馬が出来るでしょうから、去勢の効果とこの条件で良い走りを見せて欲しいですね」(5/12近況)

助 手 9栗坂良 56.3- 41.2- 26.5- 13.4 強めに追う エイカイロイヤル(三未勝)馬なりを0.5秒追走同入
西村淳 12CW良 83.1- 68.0- 53.4- 39.9- 12.3 直強め余力 シャフリヤール(三オープン)馬なりの外0.5秒先行同入

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

5月15日(土)中京9R・あずさ賞・混合・芝2000mに岩田望Jで出走します。5月12日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は14時25分です。

○友道調教師 「5月12日(水)は無理を強いずに上がり重点。イイ感じで駆けていましたよ。前回が悪くない競馬だったのに加え、数字も多少のマイナスで収まりそう。ここを勝てれば秋に繋がるでしょう」

≪調教時計≫
21.05.12 助手 栗東坂良1回 55.7 40.9 26.0 12.1 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

土曜日(5/15)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。

1月の中京でのデビュー戦以来の出走となるヒーズオールザット。デビューするまでに時間を掛けて乗り込んでいましたが、精神面の幼さを覗かせ、デビュー戦はレースに集中することが出来ずに終了。その後、躊躇することなく去勢手術を行い、NFしがらきでの再調整を経て、今回新潟で2戦目を迎えることになりました。

帰厩後の調整はマイペースを貫き、デビュー戦時同様にじっくり乗り込みを重ねてきましたが、ここ2週は西村淳Jを背にCWコースでの併せ馬を敢行。脚色・内容は僚馬に見劣っていますが、先週はラスト1ハロン11秒6をマークし、今週は余力を残しての12秒3。去勢手術による効果でガラッと変わってきたとまでは言えないも、良い方へ変わってきているのは確かでしょう。また、今回は距離を延ばしてきましたが、自分からグイグイ走っていく馬ではないので、対応は可能でしょう。

ただ、慣れてきたであろう栗東トレセンと競馬では雰囲気・環境がガラッと変わるので、実戦へ行ってフワフワしてしまう可能性も十分残っています。ですので2戦目の今回は良い方へ変わってきているのを願いつつ、今回も冷静にレースを見守りたいと思います。去勢したことで2戦目の今回はブリンカーを外していますが、これが裏目に出なければなあ…。

ヴェルトハイムの前走は直線でスムーズさを欠き、外へ立て直す不利が大きかったですが、東京遠征で減らしてしまった馬体は回復することが出来ましたし、デビュー戦のような決め手を垣間見せることが出来たのも○。半姉ヴィースバーデンはデビュー戦をピークに低迷を続けていますが、復調気配を見せてくれたことにホッと一安心しました。

その前走から中2週のローテとなる今回。追い切りは無理のない範囲で行われていますが、3本時計をマーク。週末は左回りとなるCWコースで走りを確認し、最終追いとなる12日は坂路でサラッと。それでいてラスト1ハロン12秒1と上々の伸びを披露し、状態の良さはキープできていますし、叩いた上積みもありそう。馬体重は減るでしょうが、その幅は少ないところで辛抱して欲しいです。

距離が1ハロン延びるのは歓迎とは言えないも、今回も9頭立てと少頭数ですし、後方からじっくり進めて、直線は大外から気分良く脚を伸ばして欲しいところ。前走のように間を割る形になると手綱を引っ張ることになった前走を思い出し、躊躇してしまうことも考えられるので、良い意味で大雑把なレースをお願いします。紅一点(相手は男馬ばかり)となるのがちょっと心配ではありますが、とにかく自分の競馬に徹することができれば、大崩れはないでしょう。そして、出来ればここで1勝を積み上げ、秋への飛躍へ繋いでもらいたいです。 

腰に疲れが見られ、トモに力が入らない状況に。医療施設が充実しているNF早来へ戻っています。★クレッセントムーン

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレーバー

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:舎飼

調教主任「徐々に調子が上向いていたことから、そろそろ予定を決めていこうとしていたところ、先週末に腰に疲れが見られた為に調教を控えていました。ただ、今週に入っても良化が見られず、トモに力が入らない状況が続いていることから、北海道の牧場と相談した結果、医療施設が充実しているノーザンファーム早来に戻して詳しく診てもらうことになりました。来週早々に移動する予定です。馬体重は538キロです」(5/7近況)

⇒⇒11日に福島県・NF天栄へ移動しています。(12日・最新情報より)
⇒⇒13日に北海道・NF早来へ移動しています。(13日・最新情報より)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「昨日、こちらへ帰場しておりますが、長距離輸送はこなせたようで体調面はここまで問題ありませんね。ただ、ノーザンファームしがらきの担当者から聞いていたように、トモの踏み込みがあまり良くないですし、もう少し経過を観察したいと思います」(5/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昇級戦の前走で最下位に沈んでしまったクレッセントムーン。3勝クラスで通用していくには甘やかすことなくパワーアップが必要ということでハードに鍛えていく方針に。前走のダメージが抜け、着実に負荷を高めることが出来ていたので、良い感じになってきたなあと見ていたのですが、7日の更新では腰に疲れが出てしまい、トモに力が入らない状態に。少し時間が必要そうということもあり、医療施設が充実している北海道へ戻すことになり、NF天栄を経由して13日にNF早来へ移動しています。

今は輸送によるダメージからの回復を優先していますが、トモの踏み込みは良いない様子。詳しいことは検査を行ってみないと分かりませんが、筋肉の内部を傷めていたりすると厄介。回復にかなりの時間が必要となると、厳しいジャッジが下される可能性もあるのかなと覚悟しています。

12日に栗東・大久保厩舎へ帰厩しています。☆バラキエル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(セ・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「背腰の状態は治療を施していることで順調に回復に向かっています。乗り運動を開始した後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。負荷を強めた後も状態は変わりありませんので、この調子で帰厩に備えて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は502キロです」(5/7近況)

・在厩場所:12日に栗東トレセンへ帰厩

大久保師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、12日の検疫でトレセンに戻しました。明日から乗り運動を開始し、週末から時計を出して仕上げに入っていこうと思います。今後の予定については地方交流戦も視野に入れていますが、登録馬が多いことが予想されることから、北海道シリーズも含めて考えていくつもりです」(5/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

治療と時間の経過によって、背腰の疲れは解消し、坂路でハロン15秒の調教を課すことが出来るところまで到達したバラキエル。今後はもう少し乗り込みを重ね、動きを良くしてからの帰厩になるのかなと見ていたところ、12日の検疫で栗東へ戻すことが決定。大久保厩舎へ帰厩済です。

今後については相手関係が楽になる地方交流戦を視野に入れていますが、結構登録馬が多い様でなかなか枠が回ってこない感じ。夏の北海道シリーズに転戦することが現実的かもしれません。そうなると、小回りのダ1700mが主戦場かなと思いますが、もっと距離を縮めて芝1200mまたはダ1000mの方が合っている可能性も。次走までに節を稼げるのなら、次走ではまず芝1200mを試してもらいたいです。

今週の出走馬(5/15・16)

<土曜日>

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット
新潟5R・3歳未勝利・芝2400mに西村淳Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム
中京9R・あずさ賞・芝2000mに岩田望Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ
東京4R・3歳未勝利・芝2000mに松山Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain シベール
東京6R・4歳上1勝クラス・牝馬・ダ1600mに吉田隼Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ディランズソング
新潟7R・4歳上1勝クラス・ダ1200mに津村Jとのコンビで出走します。

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット
新潟11R・弥彦S・芝1800mに坂井瑠Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は除外になった馬が2頭出ましたが、それでも6頭がスタンバイ。下級条件に出走する馬が多いですが、今週は1つでも勝ち星を積み上げたいところです。

出走記事は土曜と日曜に分けて、書く予定です。

11日に帰厩。次走は23日の新潟・芝1400mを藤田菜Jで予定しています。☆ミスビアンカ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロアシャトーブランシュ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:5月23日の新潟・芝1400m
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「負荷を強めた後も疲れを見せることはなく、先週よりも体重が増えているようにコンディションがとても良いですね。調子が上向いてからすこぶる順調に進められていることから、高橋忠師と次走の予定について打ち合わせた結果、来週の検疫でトレセンに戻す方向となりました。馬体重は504キロです」

高橋忠師「先日、牧場で状態を確認したところ、体に張りがあって体調の良さが窺えることから、このまま問題なければ来週の検疫でトレセンへ戻そうと思います。ここ最近の様子から、もう一度芝を試してみたいと考えているので、帰厩後も順調に進められるようなら5月23日の新潟・芝1400mに向かいたいと思っています」(5/7近況)

・在厩場所:11日に栗東トレセンへ帰厩
・調教内容:コースでキャンター
・次走予定:5月23日の新潟・芝1400m(藤田菜J)

高橋忠師「11日の検疫でトレセンに戻させていただきました。ここ最近はあまり時間を掛けずに競馬に臨むようにしてからは、最後まで気持ちを切らさずに走ってくれるようになりました。ですから、今の雰囲気なら芝でも対応してくれそうなので、5月23日の新潟・芝1400mに向かうことにしました。来週は新潟競馬場までの輸送が控えているので、週末にしっかり負荷を掛けて仕上げ、来週は反応を確かめる程度に控えるつもりです。なお、鞍上は初めてコンビを組むことになる藤田菜七子騎手に依頼しています」(5/12近況)

難 波 14CW良 79.5- 65.1- 50.9- 37.9- 12.0 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

体調が上向いてきて、順調に調教を重ねることが出来るようになったミスビアンカ。牧場と厩舎サイドで打ち合わせが行われ、11日の検疫で栗東高橋義忠厩舎へ帰厩しています。

そして帰厩して10日後の出走が板に付いていますが、次走では久々に芝にチャレンジすることに。高速決着だと辛いかもしれませんが、時計の掛かる馬場はプラスでしょう。あとはいかに力まず、気分良く走れるかどうかがポイント。周囲を気にする点もあるので、なかなか結果が伴いませんが、次走では藤田菜Jを起用ということで、あたりの優しい女性Jとのコンビで変わり身を見せてくれないかなあ…。

ロードなお馬さん(牝馬・トレセン組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain シベール

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは平行線を維持しており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月16日(日)東京・4歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1600mに予定しています。

○久保田調教師 「徐々に疲れが取り除けている印象で、前回の報告後も計画に沿って進行。5月5日(水)はポリトラックで普通キャンターを消化しました。このまま無事に運ぶようであれば、来週の東京に組まれる牝馬限定戦へ向かう方針。乗り役の選定も進めています」

≪調教時計≫
21.05.08 助手 美南坂稍1回 53.0 38.9 24.8 12.2 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

5月5日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。5月15日(土)中京・あずさ賞・混合・芝2000mに岩田望来騎手で予定しています。

○友道調教師 「5月5日(水)は馬なりでサッと。ガス抜き程度の内容です。順当に回復が叶っている感じで、あとは無事に来週へ持って行ければ・・・と。前走時と同じぐらいの体重で送り込めると思います」

≪調教時計≫
21.05.05 助手 栗東坂良1回 56.8 41.7 26.7 12.8 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シベールは馬体の維持が出来ているか心配ですが、土曜日に坂路で上々の時計をマーク。状態は変わらず来ているのかなと思いますし、直前は微調整程度でやられるのかなと思います。ダート自体は悪くないと思いますが、砂を被ったりした時に過敏に反応はしそうで…。

ヴェルトハイムも中2週のローテで今週末のレースへ。こちらも動き云々よりも、馬体重の回復・維持がレース結果に繋がってきます。今のところは1度使ったことで力みは取れた感じ。最終追いは坂路でサラッと済ませるのかな? 個人的にはPコースでも良いので、下で追い切ってもらいたいです。

8日に美浦・堀厩舎へ帰厩。次走の安田記念も松山Jとのコンビで臨みます。☆サリオス

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき/8日に美浦トレセンへ帰厩予定
・次走予定:6月6日の東京・安田記念(G1)・松山J
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

調教主任「8日の検疫で美浦トレセンに帰厩することが決まり、7日の午後にこちらを出発しました。先週末から坂路でハロン15秒の調教を開始しましたが、問題なく対応していましたし、トモの状態も良い意味で変わりありませんでした。そして今週半ばには坂路でハロン14秒まで負荷を強めましたが、力強く駆け上がってくれましたよ。良い状態で送り出すことが出来ましたので、安田記念では良い走りを見せてもらいたいですね。今週の馬体重は570キロでした」

堀調教師「ノーザンファームしがらきに移動後は徐々にペースを上げて乗り運動を行えているということだったので、選択肢の一つだった安田記念を目標に、明日の検疫で帰厩させていただくことにしました。なお、鞍上は前走に続いて松山騎手で挑ませていただく予定です」(5/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大阪杯のダメージが少しあったサリオスですが、トモの疲れが抜けてくるまではトレッドミルで軽く動かし、その後は周回コースでの乗り込み→坂路での乗り込みとステップアップすることが出来ていました。そして8日の帰厩予定が示された後は坂路でハロン15秒以上のところを2本マーク。力強い動きが出てきていたようなので、ひとまず良い状態で8日に美浦・堀厩舎へ帰厩することが出来たかなと思います。

まずは馬体のチェックをしっかり行ってから、騎乗運動をスタートさせてもらえればと思います。レースまで約1ヶ月ありますし、今回は関東圏でのレース。ここ2走よりはゆっくり作り上げていくことが出来るかなと思います。ただ、これからはトモだけでなく、暑さへの対策を考えておく必要はあるでしょう。また、次走の鞍上ですが、前走に引き続き松山Jに決定。前走は正直上手に乗れたとは言えないので、次走の安田記念ではその経験・反省を踏まえ、サリオスの全能力を引き出してもらえればと思います。

シルクなお馬さん(北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週4回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「調教メニュー自体は変わらないものの、動きは先週よりも更に良くなってきました。馬体の張りや艶を見ても気配が上向いてきているのは明確ですし、焦らずに立ち上げているので、患部の状態もここまでは良好ですよ。馬体重は530キロです」(5/7近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「早ければ今月の移動も視野に入れていますから、引き続き速めのところで乗り込んでいます。徐々に体を使えるようになってきましたので、この馬なりには良い動きを見せているものの、トモが嵌まるまで少し時間が掛かっていますね。体も幾らか重たいので、継続的に乗り込んで絞っていければと思います。馬体重は530キロです」(5/7近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パラダイスリーフ

・入厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「この中間もハロン15秒切るくらいのところで乗り込んでいます。馬体や動きに特段変わった点はありませんが、以前よりも精神的に大人になったことで、調教前にイレ込むようなところは無くなりました。雰囲気はとても良いので、脚元の状態を見ながらペースアップの準備を図っていきます」(5/7近況)

 f:id:yakifish:20200513
045835g:plain ヴァンタブラック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター2本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「今月に入ってからは実戦を意識して、週1回はハロン14秒を切るくらいの時計を出しています。フィジカル面とメンタル面が上手く噛み合っている時の動きはとても良いですし、課題のトモに関してもこの馬なりには使えていますね。脚元の状態を見ながらにはなるものの、まだ体は緩いので積極的に動かしていければと思います」(5/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは坂路でハロン15秒を維持していますが、本数を重ねるごとに動きの質はアップ。馬体にも張り・艶が出てきたのは○。ただ、骨折による休養中なので、患部の状態には常に気を配りながら、コツコツ積み重ねていくしかありません。

ボンディマンシュはこの4頭の中では1番最初に北海道を旅立つことになりそう。与えられた調教メニューは順調にこなすことが出来ているので、身のこなしがスムーズになり、動きに推進力が出てきて欲しいです。馬体は少し絞る必要もあります。

パラダイスリーフは脚の浮腫みなど出ることなく、順調に乗ることが出来るようになってきたのは○。この母の仔は元々ピリッとした仔が多いですが、良い意味で落ち着きが出てきたのも良いですし、操縦性も高まっているかと思います。素質は高いモノを秘めていると思うので、屈腱炎が再発することなく、レース数を重ねていくことが出来れば良いのですが。

ヴァンタブラックは5月に入って、実戦を意識したメニューへ1歩踏み出しています。動きに関してはバラつきがあるようですが、積極的に進めて行くことで馬体は絞れてくると思いますし、走りに前向きさが加わってきて欲しいです。

ロードなお馬さん(牝馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴィースバーデン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはトレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター1400mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週は普通キャンターまで。速いところを交えようとしたタイミングで雨が結構降った為、アクシデントを防ぐ観点から見送っています。近日中に仕切り直す予定。今まで通りに慎重なスタンスを貫き、このまま送り出す準備を整えましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに速いペースを交える形。及第点の動きを見せているように、一時期よりも具合は上向きでしょう。背腰がウィークポイントながら、何とか状態をキープ・・・と言った印象。体調管理を徹底しつつ、帰厩の指示を待つばかりです」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィースバーデンは馬場を考慮して速いところを控えていますが、活気は十分。ただ、走ることに集中できていないと思うので、それをどう改善していくか。実戦ではブリンカーを装着することにいずれなってくると思います。

フライングバレルは帰厩の声が届いても良い頃ですが、1勝しているので、優先順位が低いのかもしれません。オーバーワークに繋がらないように注意しつつ、コツコツ乗り進めてもらえればと思います。そして走ることに集中力・気持ちが出てきて欲しいです。

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで時計
・次走予定:5月23日の東京・フリーウェイS(福永J)

担当助手「先週の追い切り後から少し気が入り過ぎるところが見られたので、5日の追い切りは単走で行いました。時計の掛かる馬場でも自然と好時計が出てしまうぐらい、段々と気の良いところが目立ってきました。未勝利戦を勝ち上がったのは2600mですが、あの時はまだ競馬を分かっていない感じでしたし、レースを使う毎に距離を詰めているように段々とスプリンターっぽくなってきましたね。決して制御が利かないわけではないですが、無理に抱えこんで距離を持たせるより、この馬の長所を伸ばしてあげる方が良いでしょうから、今後もこの馬に適した条件を使っていく方が良いでしょう。予定しているレースまで気持ちが入り過ぎないように仕上げていきたいと思います」(5/6近況)

助 手 4栗坂良 58.9- 41.3- 26.2- 13.1 馬なり余力
助 手 5栗坂良 52.1- 38.2- 25.1- 12.7 馬なり余力
助 手 9CW良 57.7- 41.1- 14.1 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ディランズソング

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Wコースで時計
・次走予定:5月16日の新潟・ダ1200m

萩原師「5日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はディランランズソングが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は1馬身ほど先着しています。時計的には5ハロンから70-40程度とそれほど目立つものではなかったものの、1週前追い切りになりますし、コースの外目を回ってしっかりと負荷を掛けています。相手よりも手応えには余裕がありますし、先週よりも動きは上向いてきている感じはしますが、まだ身のこなしそのものにはやや重さが見られますね。ただ、状態自体は前回よりも良さそうですし、このまま来週に向けて調整を進めていき、さらなる良化を図っていければと思います」(5/6近況)

助 手 2南W稍 53.7- 39.1- 13.1 馬なり余力 スティングレイ(古馬1勝)馬なりの外0.4秒先行同入
助 手 5南W良 70.0- 54.2- 40.2- 12.8 馬なり余力 スティングレイ(古馬1勝)強めの内0.6秒追走0.2秒先着
助 手 8美坂稍 61.4- 45.1- 29.6- 15.5 馬なり余力
助 手 9南W良 68.6- 53.3- 39.3- 12.8 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで時計
・次走予定:5月16日の新潟・弥彦S(坂井瑠J)

田中克師「5日に坂路で追い切りました。2ハロンぐらいからペースが少し速くなってしまったので、最後は流す形でゴールしましたが、折り合いを欠くこともなく気分よく走っていましたよ。入厩時よりもフレッシュな状態で戻ってきたこともあって馬の雰囲気は良いですし、それが動きにも表れています。レース1週前としては良い状態に仕上がってきていますので、この調子で来週の競馬に備えていければと思っています」(5/6近況)

助 手 2栗坂稍 57.2- 40.8- 26.5- 13.1 馬なり余力
助 手 4栗坂良 63.8- 46.0- 30.1- 14.4 馬なり余力
助 手 5栗坂良 53.7- 38.8- 26.0- 13.6 馬なり余力
助 手 9栗坂良 55.5- 39.7- 26.0- 13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リアンティサージュは順調に時計を出すことは出来ていますが、やや力みがち。やはりだんだんとスプリンター色が強まってきていますね。まあ、適距離で個性を伸ばすのが1番だと思うので、次走でOP入りを決めた後はスプリント路線へ踏み出していってもらえればと思います。

ディランズソングとナイトバナレットは今週末の新潟での出走を予定。

ディランズソングは追い切りでビシビシやれるようになれば変わってくるかなと思いますが、丹念に時計を出すことでその点を補うようにしています。動き自体はマズマズかと思いますが、やはりまだ馬体を持て余している印象。最終追いと新潟への長距離輸送で絞れて、幾らかでも素軽さが出てきて欲しいです。また、1勝クラスにメドを立てていないので、今回は掲示板入りを目標に、これからの再浮上となる足がかりを作って欲しいです。

ナイトバナレットも丹念に時計を出していますが、個人的には丈夫な馬なので、週中(水or木曜)の追い切りはビシッとやって欲しいというのが本音。年齢とキャリアを重ねて前向きは不足気味ですし、馬体を持て余している印象は拭えません。前走は6着に敗れたとは言え、レースプラン(番組選び・戦法)は合っていると思ったので、2000m前後で末脚を生かす競馬を継続していって欲しいです。道悪や展開の恩恵があれば、上位へ食い込む可能性は出てきたと思います。