焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(父ハーツクライ・4歳牧場組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~16秒

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間はより負荷を掛けたメニューに切り替えています。現在は週3回坂路でハロン15秒まで脚を伸ばしていますが、左前蹄を気にすることはありません。この調子で脚元の状態には気を配りつつ、動きの質を高めていければと思います。馬体重は576キロです」(2/5近況)

※なお、4月3日にオーストラリア・ランドウィック競馬場で行われるドンカスターマイル、及び4月10日にオーストラリア・ランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスステークスに予備登録(出走した場合のみ190豪ドル・約1万5千円徴収)させていただきます。

※予備登録を行っていたドバイターフ(G1)の招待状が主催者側から届きましたが、受諾するかどうかはこれから判断していきますので、今しばらくお待ちください。

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路調教開始後も特に問題はなかったので、今週はハロン14秒を経て、終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ油断は出来ませんが、今のところ右前脚の状態には良い意味で変わりがないので、この感じを維持しながら進めていきたいですね。馬体重は562キロです」(2/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは馬体重が増えているのはちょっと心配ですが、蹄鉄を履き替えて調教に臨むようになってからは自分のリズムを取り戻した様子。まあ、本数を重ねていけば、馬体は絞れてきてくれるでしょうし、動きの質も良くなってくれる筈。今月いっぱいは淡々と乗り進めてもらえればと思います。また、今後については海外のレースへの登録・招待と選択肢は増えていますが、現実的には遠征だと香港へ連れて行くぐらいでしょうか。

1月の中山戦を自重し、脚元のケアを優先したルコントブルーですが、無理をしなかったことがホント大正解。坂路調教を再開後も順調そのもので、週3回ハロン14秒のところを乗り込み、その内1本は13秒まで伸ばすように。この調教内容を着実にこなしていけば帰厩も見えてくるでしょう。ただ、春の中山開催中に牝馬限定のダ1800mは組まれていません。陣営が次走にどこを選んでくるのかも注目したいです。