焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ゲート出はそこまで悪くなかったも、他馬と接触しそうとなって二の脚が一息。勝負ところから付いていけなくなると、ジリジリ後退するしかなくて…。芝のスピード勝負ではやはり分が悪かった。★ロードギガース


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードギガース(牡・杉山)父ダンカーク 母ダイヤモンドローズ

1月31日(日)小倉6R・3歳未勝利・芝1800mに中井Jで出走。15頭立て8番人気で6枠11番からハイペースの道中を13、12、11、15番手と進み、直線では外を通って3秒0差の15着でした。馬場は良。タイム1分52秒2、上がり39秒2。馬体重は2キロ増加の508キロでした。

○杉山調教師 「スタートが決まらず、後方からのレースに。描いたような形で運べませんでした。ブリンカーは効いていたものの、ダートの方がベターでは・・・と言うのがジョッキーの談話。結果的に芝は合わなかったのでしょう。厩舎へ戻ってダメージ等を確認。その上で今後の対応を検討します」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○杉山調教師 「見た目にクタッとした様子は無し。今のところ脚元等も大丈夫です。このまま続戦の予定。ダートへ戻して積極的に使って行けたら・・・。順当に回復すれば中1週での出走も考えたいと思います」

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 芝替わりで変わり身を求めたロードギガース。また、前で積極的に進めたいという陣営の方針からブリンカーを装着。色々考えてくれたのは有難いですが、実戦では思うような結果が得られず。

ゲートは五分に出たのですが、内へヨレるのを修正しようとすると過敏に反応。フラフラして加速が付かず、中団より後方からの競馬になってしまいました。その後もスピードの乗りは悪く、前走のダート戦とほぼ変わらないレースぶり。3角あたりからのペースアップで追走に手一杯になると、ジリジリ後退し出して、最後の直線を向く頃にはほぼ最後方。残念ながら巻き返す力は残っておらず、15着に沈んでしまいました。やはりロードギガースは見た目通り、ダートの中距離馬でしょう。

レース後のギガースですが、本気で走り切っていないこともあり、脚元等に異常はなし。クタッと疲れた感じありません。陣営は引き続き積極的に進めることを推進し、中1週のローテで今週末の小倉・ダ1700mを予定しています。積極的に使ってくれるのは有難いですが、見方によっては、早くも投げやりといった感じも。また、スタートを決めて前々で立ち回ることが出来ても、結果が違ってくるかとなると微妙…。まあ、難しいでしょう。

今回、15着に沈んだ直後は進退問題にまで発展するのかなと見ていましたが、そこは何とかセーフ。ただ、見切りの早いロードなので、レースぶりに良い変化がなく、大敗を喫するようだと、次走あたりヤバいなあと思います。