焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

新味を求める為に3戦目の今回は芝の中距離戦を選択。ブリンカー装着で出来ればハナへ行かせたいようですが、それに応えることが出来るかどうか。今回も苦戦濃厚ですが、何か浮上の兆しを見い出して欲しい。★ロードギガース

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードギガース(牡・杉山)父ダンカーク 母ダイヤモンドローズ

1月31日(日)小倉6R・3歳未勝利・芝1800mに中井Jで出走します。1月27日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。なお、ブリンカーを装着します。発走は12時40分です。

○杉山調教師 「1月24日(日)に相応の時計を記録し、27日(水)は無理を強いずにサッと。長距離輸送を考慮した調整過程です。芝に替わってブリンカーも装着予定。前々で積極的な競馬を・・・と考えています」

≪調教時計≫
21.01.27 助手 栗東坂重1回 56.6 40.0 24.8 12.1 馬なり余力

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回小倉6日目(01月31日)
6R 3歳未勝利
芝1800メートル 馬齢 発走12:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 カカオ 牝3 53.0 菊沢一樹
1 2 ランスオブソウル 牡3 53.0 泉谷楓真
2 3 イッツトゥルー 牡3 56.0 川又賢治
2 4 ゴランディ せ3 55.0 木幡育也
3 5 ソングオブソフィア 牝3 54.0 丹内祐次
3 6 デルマアシュラ 牡3 56.0 荻野琢真
4 7 ゼンダンピューマ せ3 56.0 勝浦正樹
4 8 キネシクス 牡3 56.0 吉田隼人
5 9 トレサイーユ 牝3 53.0 亀田温心
5 10 テーオーソロス 牡3 56.0 藤岡康太
6 11 ロードギガース 牡3 56.0 中井裕二
6 12 ダディーズソフィア 牝3 54.0 菱田裕二
7 13 ロードトランス 牡3 56.0 横山和生
7 14 デルマアミダ 牝3 53.0 菅原明良
8 15 タイセイレガリア 牡3 56.0 西村淳也
8 16 ウインクラリティ 牡3 53.0 秋山稔樹 

○杉山師 「ダートで2回使ったけどパッとしなかった。きっかけを掴む意味で芝に使ってみます。ブリンカー効果で変われば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー2戦、血統&馬体から適性のあるダートに使ったロードギガース。デビュー戦は勝ち馬から約3秒差の8着に終わりましたが、走り自体は真面目だったので体力が付いてくれば良くなってくるかなと思ったのですが、年末年始を挟む形での連闘となった前走は先行出来ずに中団からの競馬になってしまうと、道中の行きっぷりは一息。そして勝負どころからのペースアップに付いていけなくなると、直線ではジリジリ後退していくしかありませんでした。急には良くなりませんが、デビュー戦より負け方が悪くなったのはショックでした。

前走後は滋賀・グリーンウッドへ移動して再調整。個人的には牧場で2~3ヶ月ほどコツコツ乗り込み、良化を促して欲しかったのですが、陣営は短期で戻し、新味を求めるために芝の中距離を試すことを選択。それが今回の小倉転戦となります。

牧場では緩め過ぎることなく息を整え、帰厩後の追い切りはサッと3本のみですが、24日と最終追いの27日の動きはマズマズ。上がり重点の分、少し動けたのかなと思います。そしてレースではブリンカーを装着することに。まだ馬体を持て余している現状ですが、芝と馬具の工夫により道中の行きっぷりに変化が見えて欲しいです。レースではやや強引にでもハナへ行くことが予想されますが、ギガースがどこまで応えてくれるか…。

正直なところ、今回も苦戦は免れませんが、条件替わりで何か少しでも浮上のキッカケとなるものを見い出して欲しいところ。逆にまた派手に負けてしまうと、見切りの早いロードなので進退問題に繋がりかねません。不安が尽きない1戦ですが、ギガースの奮起に期待したいです。