焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクホースクラブへ入会

前回、1口馬主へ入るきっかけについて記事を書いたのですが、今回は最初に入会したシルクホースクラブについて書きたいと思います。

現在のシルクホースクラブノーザンファームと提携したクラブの1つですが、私が入会した時は多くの仔馬を提供していた早田牧場が倒産し、日高の牧場から馬を仕入れていた時です。

その後、白老ファームの馬がラインナップに入り出して、その後にノーザンファームと提携。シルクの前線基地だった天栄ホースパークは売却され、坂路の改修やトレッドミルの増設など大きく手直しされたのが現在のNF天栄です。

 さて、話を戻しますが、シルクに入会(2008年2月に入会)して最初に出資したのが3頭。

・シルクナトゥール(牡・山内)父ネオユニヴァース

シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド

・シルクユーロスター(牡・五十嵐)父ミラクルアドマイヤ

シルクナトゥールは1つ上の兄オリエンタルロックが札幌2歳Sの覇者という血統背景。シルクユーロスターは1万円という価格に惹かれての出資でした。

そして1番最初に気に入ったのがシルクメビウスでした。単純にステイゴールドが好きだったので(笑)。その頃のステイゴールド産駒は大した活躍馬は出ていませんでしたが、クラブを選ぶ決め手の1つがステイゴールド産駒に出資できるかどうかだったので。

そして、この縁があって、ここまで長く1口馬主を楽しめるようになりました。その辺りはまた書いていきたいと思います。