焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

生き残りを賭けた1戦。コンスタントに使われてきた疲れが窺えますし、ライバルはあと1歩で勝てる馬ばかり。再度永野Jとのコンビは楽しみですが、ここを勝ち切るイメージはなかなか沸いて来ず。決め手に劣る点をどうやって補えるのか…。★ルージュセリーズ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ(牝・手塚)父ロードカナロアフィロンルージュ

日曜新潟7R 3歳未勝利(ダ1200m)4枠7番 永野J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:1日に坂路コースで時計

矢野師「先週金曜日には坂路コースで55-40くらいのところを消化しています。動かし出せば大丈夫なのですが、右前脚の歩様がチクチクするようで、どうも挫跖の様な症状を見せていますので、鉄橋蹄鉄を履かせてカバーするようにしています。1日にも坂路コースで追い切りを行っており、単走で終いは少し強めに促す形になりましたが、フットワークにはスピード感があって悪くない動きだったと思います。引き続き背腰を中心にショックウェーブを行ってよくケアしているので、状態的には良い意味で前走と変わらないくらいで出走させられるのかなと見ています。あとは、追い切りでの走りに影響している印象はないものの、右前脚の指動脈には少し張りがあることから、その点がレースでどう影響するかですね。今週の競馬が正真正銘のラストチャンスになってきますし、今後に繋げられるようここでしっかりと結果を出してもらいたいと思っています」(9/2近況)

助 手 1美坂重 54.5- 38.8- 25.0- 12.6 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回新潟8日目(09月05日)
7R 3歳未勝利
ダ1200メートル 馬齢 ダ・1200m (左) 発走13:35
枠 馬 馬名 性齢    重量 騎手
1 1  ディアナグラン    牝3 54.0 戸崎圭太
2 2  ファビュラスナイト    牡3 56.0 野中悠太郎    
2 3  ナムラトキオ    牡3 56.0 柴田善臣    
3 4  クレールフォルム    牝3 54.0 武藤雅
3 5  ブールタング    せ3 56.0 川田将雅    
4 6  レオンベルガー    牡3 56.0 横山武史    
4 7  ルージュセリーズ    牝3 51.0 永野猛蔵    
5 8  サイレントナイト    牡3 54.0 藤田菜七子    
5 9  リネンデザイン    牝3 54.0 岩田望来    
6 10 サイレントギフト    牡3 56.0 石川裕紀人    
6 11 マイヨアポア    牝3 51.0 小林脩斗    
7 12 ティプシーワールド    牝3 54.0 三浦皇成    
7 13 マテラガニア    牝3 54.0 丸田恭介    
8 14 リーチザワールド    せ3 56.0 菅原明良    
8 15 レーヴドモンド    牝3 53.0 木幡育也

○矢野師 「前走はスタートでアオったし、脚抜きのいい馬場で時計も速過ぎた。乾いたダートなら(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

矢野厩舎へ転厩後、ダートの短距離戦で5着以内の競馬を続けているルージュセリーズ。ようやく活躍できる舞台を見つけることが出来たのは良かったですが、勝ち星には手が届いておらず、このレースで遂にJRAでの生き残りを賭けることとなりました。

前走では内枠を生かす為に思い切った競馬(逃げ)を期待したのですが、スタートで痛恨の出負け。徐々にポジションを挽回することは出来たのですが、楽にハナを奪ってしまった勝ち馬に迫ることが出来ず。タラレバは禁物ですが、やはり悔いが残りました。

そしてその前走から中2週のローテで臨む今回。さすがにコンスタントに使ってきている疲れ・反動が窺え、右前脚には挫跖のような症状。蹄鉄を履き替えてレースへ臨みますが、チクチクするようだと加減して走ることになってしまうかもしれません。また、今回は生き残りを賭けた1戦になるので、ライバルはあと1歩で1勝に手が届く馬ばかり。牝馬限定戦ではないですし、レースレベルはグンと上がっています。その中で状態維持が精一杯のルージュセリーズが挑み、どこまでやれるか。

今回、ルージュセリーズを2着に導いてくれた永野Jを再度確保出来たのは良かったですが、掲示板でOKとは行きません。どうすれば勝ち切ることが出来るか。やはりまずはゲートを決める必要はあるでしょう。そして楽に2~3番あたりをキープできるかどうか。追走に手間取ってしまったらその時点で終了。直線で勝負が出来る位置で4角を回ってきて欲しいところ。ただ、率直なところ、勝ち切るイメージはなかなか沸いてきませんし、決め手に欠けるのは否めません。

レース内容次第では地方からの再転入を狙うことになるかもしれませんが、ルージュセリーズには永野Jと息を合わせてもらい、悔いを残さない走りを見せてもらえればと思います。