焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ダート替わりは間違いなくプラスだと思うも、デビュー戦同様に二の脚が一息で追走でモタモタしてしまうと、大した見せ場を作れぬまま今回も終わりそう。レースの流れに乗って行けるかどうか序盤の走りが運命の分かれ道。何とか良い方へ変わってきて欲しいも…。★ルージュセリーズ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ(牝・手塚)父ロードカナロアフィロンルージュ

日曜東京3R 3歳未勝利・牝馬(ダ1600m)2枠2番 内田博J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計

手塚師「3日に坂路コースで追い切りを行いました。終いの手応えは一杯という感じでしたが、元々スッと切れる脚を使える感じではないですし、これまでと比べてもこの馬なりには動けているのかなという印象です。時計的にも全体で53.1秒のラスト1ハロンが12.4秒と悪くありませんし、脚元の状態に気を使いながらの調整で坂路中心にはなったものの、走れる態勢は整ったと思います。初戦は道中付いて行くのに苦労してしまった印象でしたが、そこはダートに変わることで上手くカバー出来ればと思います。牝馬限定戦になりますし、引き続き内田博幸騎手に騎乗してもらえますから、今回の条件替わりが良い方に向いて今後に繋がる走りが見られればと思っています」(2/3近況)

助 手 31美坂良 57.4- 41.9- 27.4- 13.4 馬なり余力
助 手 3美坂良 53.1- 38.3- 24.8- 12.4 一杯に追う ルージュブラン(新馬馬なりを0.1秒追走0.1秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京4日目(02月07日)
3R 3歳未勝利
ダ1600メートル 牝馬 馬齢 発走11:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ノーティーガール 牝3 54.0 戸崎圭太
2 2 ルージュセリーズ 牝3 54.0 内田博幸
2 3 フライトメモリア 牝3 54.0 丸山元気
3 4 テイエムラクル 牝3 54.0 横山典弘
3 5 ペイシャクェーサー 牝3 54.0 北村宏司
4 6 サクラカレント 牝3 54.0 石橋脩
4 7 ラブリーハミング 牝3 54.0 武士沢友治
5 8 ウィズザワールド 牝3 54.0 柴田大知
5 9 ニシノカオリード 牝3 54.0 勝浦正樹
6 10 エターナルルビー 牝3 54.0 木幡巧也
6 11 メイショウメイロウ 牝3 54.0 田中勝春
7 12 セラダエストレーラ 牝3 54.0 西村太一
7 13 キュン 牝3 54.0 福永祐一
8 14 フィルモグラフィー 牝3 54.0 田辺裕信
8 15 アーティフィス 牝3 54.0 大野拓弥

○手塚師 「ダート替わりで適性は何とも言えないけど、一本調子なので芝と違う結果を」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝のマイル戦でのデビューは正直意外でしたが、芝でもやれるなら可能性が広がると見ていたルージュセリーズ。仕上がりは良く、1番人気に支持されての出走でしたが、レースは互角のスタートを切るも、二の脚が一息。道中もフワフワした走りになってしまい、位置を悪くしての追走。Sペースで馬群は凝縮していましたが、勝負どころからの押し上げもなくて直線を向いた時はほぼ最後方。直線ではバテず伸びずといった感じで雪崩れ込むように13着でのゴールとなりました。5月の遅生まれですし、心身の幼さも出たのかなという印象です。

その後はNF天栄でリフレッシュ。脚元の造りに少し難のある馬なので疲れが出やすいのですが、牧場時は悪い変化は見られず。コツコツ乗り込みを重ねると約1ヶ月に帰厩。デビュー戦はやや1本調子でスピードに欠ける面を覗かせたので、2戦目で早速ダートへ矛先を向けることに。脚元や血統を考慮すると、悪いことではありません。

帰厩後の調教・追い切りですが、前回は左前脚に疲れが出やすい傾向でしたが、今回は両前の中筋に張りを確認。ケアをしていけばレースへ使えるレベルということですが、今回は坂路追いオンリーの仕上げへ。時計自体はマズマズかなと思いますが、3日の最終追いは上がり重点でビシッと追われましたが、同僚の3歳新馬に煽られて追走先着を許しています。いざ追われてからギアが上がる感じは残念ながら窺えません。1本調子で速い脚を使えないので、やはりダートでこそのタイプかと思います。

相手関係に目を遣ると、牝馬限定戦で幾らか組しやすい相手だと思いますが、8枠2頭は血統的にダートが合いそう。あとはデビュー戦2着に好走しているウィズザワールド、前走の未勝利戦で2着に来ているサクラカレントあたりはコース替わりがプラスとは言えないも、安定感はありそうです。あとはライバルたちに対して、ルージュセリーズがどう立ち向かうことが出来るかどうか。

ダート替わりで前進は確実に見込めると思いますが、砂を被りやすい内枠に入ったのがどうか。前走同様に二の脚が付かずに馬群でモタモタしてしまうと、内容・結果も同じようなことになるでしょう。内田博Jにはスタートに全集中してもらい、気合を付けて前へ前へと促して欲しいです。レースの流れに乗って、砂を被ってもさほど苦にしなければ、好勝負まで期待できるかも。序盤の走りが運命の分かれ道ですが、正直なところは期待よりも不安が大きいです。まずは掲示板入りを目標に、最後までレースを止めることなく頑張ろうとするルージュセリーズを見せて欲しいです。