焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(牡馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に南Wコースで時計
・次走予定:7月24日の新潟・豊栄特別、もしくは7月31日の新潟・月岡温泉特別

手塚師「先週の木曜日には南Wコースを単走で70-40くらいの時計を出しており、先週末には坂路コースで55-40くらいを消化してと、順調に調教を行うことが出来ています。そして、14日には南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドゥラモンドが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は同入しています。3勝クラスのムスコローソと併せたのですが、相手の入りが遅くなってしまったので、全体時計は70秒を切る程度と想定していたよりも遅くなってしまいました。それでも、ラスト1ハロンは11.8秒をマーク出来ているように、終いの動きには切れがあって良かったですね。津村明秀騎手に調教を手伝ってもらったのですが、状態は良さそうだと話していて良い感触を持ってくれました。ハミ掛かりの良い馬ですし、出来れば来週の1400m戦の豊栄特別に向かいたいところですが、もう少し調教での動きを見つつ判断していきたいと考えています」(7/15近況)

助 手 11美坂重 55.8- 40.8- 26.2- 12.5 馬なり余力
津 村 14南W稍 69.8- 54.1- 39.1- 11.8 馬なり余力 ムスコローソ(古馬3勝)馬なりの内0.4秒追走同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:15日にCWコースで時計
・次走予定:8月1日の新潟・ダ1200m(角田J)

池添学師「15日にCWコースで追い切りました。先行し、最後の直線で2歳新馬コンジャンクションの外側に併せましたが、以前のように折り合いを欠くことはなく、纏まりのある走りが出来ていました。競馬に行くとテンションは高くなってしまいますが、ゲート内では大人しく駐立出来るようになってきましたし、精神面の成長が感じられます。14日にも念のためにゲート練習を行いましたが、その際も大人しくしていましたし、今の雰囲気を保ちながらレースに向けて仕上げていければと思っています。なお、鞍上は3キロ減の角田大和騎手に依頼しています」(7/15近況)

見 習 15CW良 68.0- 52.3- 38.5- 11.9 馬なり余力 コンジャンクション新馬馬なりの外0.6秒先行同入
見 習 18CW良 74.2- 57.2- 41.1- 13.5 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain コンジャンクション

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:15日にCWコースで時計
・次走予定:7月25日の新潟・芝1800m(松山J)

池添学師「15日にCWコースで追い切りました。追走し、最後の直線で古馬1勝クラスのイルデレーヴの内側に併せて行きましたが、馬なりのまま併入する形でゴールしています。レースに騎乗する予定の松山弘平騎手に手伝ってもらったところ、『緩さがある中でも、仕掛けた時の反応が良かったですし、動きも良かったですよ。コースに入ってスピードが乗るまでフワッとしていたので、付いていけるのかなと心配でしたが、いざ仕掛けていくとスッと反応して良い動きを見せてくれました。操縦性が高く、折り合い面も問題ないですし、このままの雰囲気なら1800mの距離にも対応してくれそうですね』と良いコメントが返ってきました。普段から落ち着きがあって、調教でもそこまでムキになることはないですし、実戦に行ってもしっかり走ってくれそうです。レースは左回りコースですから、少しでも慣らしておくために、週末は左回りコースでサッと時計を出してみようと思っています」(7/15近況)

助 手 11栗坂稍 57.4- 41.9- 27.5- 13.6 馬なり余力 グーデンドラーク(新馬馬なりに0.8秒先行同入
松 山 15CW良 67.4- 52.0- 38.2- 11.9 馬なり余力 イルデレーヴ(古馬1勝)馬なりの内0.6秒追走同入
見 習 18CW良 56.1- 41.1- 12.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレセンで調整を進めている牡馬の近況をまとめて。

帰厩後のドゥラモンドは順調に攻めを消化し、活気ある動きを披露。ハミ掛りの良い馬で距離を短縮したいということで今週末の新潟・豊栄特別へ向かうことになります。この挑戦が吉として新味が出てくれれば、ここからドゥラモンドの再浮上が期待できるでしょうが、スタートが少し遅い馬。後手を踏んでしまうと、脚が溜めるところなく終わってしまう可能性もあります。

イルデレーヴは1日の新潟・ダ1200mを角田Jで予定。3キロ減を生かしてレースでのひと押しが利けばと思います。また、中間の調整に関してですが、帰厩してまもないですが、動き自体はなかなか軽快。出走と放牧を繰り返してきて、この馬なりに成長を遂げてくれているのは確か。出たなりの位置で脚を溜めやすくなっています。昇級戦の前走は6着に敗れましたが、次走では着実に前走以上の着順に来てほしいです。

コンジャンクションは今週末のデビューへ向け、1週前追い切りでは松山Jが騎乗。この時期の2歳馬らしく緩さが残り、精神面での幼さも覗かせたようですが、速いところへいくと集中力はマズマズ。スパッと切れる脚はそこまでないと思いますが、操縦性の高さは大きな武器。デビュー戦から良いところを見せて欲しいですが、予定している番組には評判馬・素質馬が揃いそう。結果が伴ってくれれば嬉しいですが、まずは内容のある走りを見せてくれることを願っています。