焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

今回はCWコースでの最終追いを敢行。単走ながらビシッとやれているように状態はかなり良さそう。競馬へ挑むスタイルは固まってきたので、馬具を工夫した効果が実戦でも良い方へ出てくれれば。外から交わされてもフワッとしなければ上位へ食い込める脚力は秘めている馬ですから。★ミスビアンカ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロアシャトーブランシュ

土曜阪神8R 4歳上1勝クラス・牝馬(ダ1400m)7枠12番 和田竜J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日にCWコースで時計

高橋義師「10日にCWコースで追い切りました。調教に手伝ってもらった難波剛健騎手は『仕掛けてからグッとフォームが沈む感じではなかったですが、最後まで集中して走っていましたし、動きそのものは良かったですよ』と感触は良かったですよ。この中間から交わされても気を抜かないようにチークピーシズに加え、加圧式のメンコを着けて調教を行っていますが、入れ込むようなこともありませんし、坂路で他の馬に抜かれても自分からフッと気を抜いて走るのを止める素振りを見せないので、調教の段階では効果があるのかなと感じています。前走は最後の直線で交わされるところまではもう少し粘ってくれそうな手応えでしたが、抜かれた瞬間に突っ張るまではいかないものの、気持ちが切れてしまっていたので、今回もその辺りがカギになりますね。前回のようにスッと主張することが出来れば良いのですが、競り掛けられた時やスタートが遅れて馬群の中に入ってしまった時にどれだけ対応してくれるかが気掛かりです。でも、和田竜二騎手は初めて騎乗するので、変な先入観を持たずにレースに行ってくれるでしょうし、未勝利を勝ち上った時のような展開になれば最後まで集中して走ってくれると思うので、ジョッキーの手綱捌きに期待しています」(2/10近況)

助 手 7栗坂良 59.7- 43.5- 28.0- 13.4 馬なり余力
助 手 9栗坂稍 58.1- 42.4- 27.0- 13.0 馬なり余力
難 波 10CW良 82.4- 66.7- 52.5- 38.9- 12.4 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神1日目(02月13日)
8R 4歳上1勝クラス
ダ1400メートル 牝馬 定量 発走13:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ノクターンノーツ 牝4 55.0 中井裕二
2 2 ハクサンライラック 牝5 55.0 酒井学
2 3 ディーズローリエ 牝4 55.0 古川吉洋
3 4 ペリトモレノ 牝4 55.0 長岡禎仁
3 5 トライハード 牝4 55.0 幸英明
4 6 テンサイドカップ 牝4 55.0 川須栄彦
4 7 ファイナライズ 牝5 55.0 坂井瑠星
5 8 メリディアン 牝4 55.0 松若風馬
5 9 プラットフォーマー 牝4 55.0 川島信二
6 10 メイショウコミチ 牝5 55.0 城戸義政
6 11 スズカクローカス 牝5 55.0 藤井勘一郎 
7 12 ミスビアンカ 牝4 55.0 和田竜二
7 13 レッドエステーラ 牝5 55.0 蛯名正義
8 14 ハニエル 牝5 55.0 岩田康誠
8 15 ヤマニンプティパ 牝4 55.0 柴山雄一

○高橋忠師 「結果は出ていないけど、気持ちの問題で、能力はある。今回はチークピーシズを着ける」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牧場とトレセンでは雰囲気が全く違ってしまうのがミスビアンカ。牧場時は馬体をふっくら見せ、調教の動きも上々なのですが、トレセンへ戻ると精神面でイライラし始めるのがネックに。それが実戦での走りに繋がっているのが厄介です。

それ故、前走時からはギリギリまで牧場に置いといて、帰厩後、10日で競馬に臨むスタイルへ。それが6着という前走の結果に少なからず好影響はもたらしたと思います。馬体重もプラス8キロとボリュームを維持できました。レース内容も好発からマイペースの逃げへ。少し促しながら逃げることで集中力の維持に努めてくれましたが、やはり外から交わされると、自分からブレーキを踏むことに。フワッと手応えがなくなってしまいます。もうひと頑張りするだけで結果は違ってくるのですが、ミスビアンカにとってレースは苦しいものでしかないのでしょうねえ。

前走後はNFしがらきへ戻っての再調整。引き続き、牧場での雰囲気は良好。今回も前走に倣って10日競馬での出走を組んできました。ただ、今回は坂路オンリーの仕上げではなく、10日の最終追いはCWコースで単走でビシッと。これだけ追い切りでやれるんですから、状態に関しては間違いなく前走以上で、かなり良いと思います。あとはホント精神面だけ。

レースでは外から交わされてしまうとすぐギブアップするので、今回は加圧式のメンコと共にチークピーシズを着用。坂路調教では他の馬に抜かれても自分からフッと気を抜いて走るのを止める素振りは見せなかったとのこと。レースでもそうあって欲しいですが、調教と実戦ではプレッシャーが違ってくるので…。変にズル賢いところがある馬ですし。

今回の鞍上は和田竜J。追い切りにも乗っていない、全くのテン乗りですが、外から交わされるとパタッと止まる悪癖についてはしっかり伝えておいて欲しいところ。いずれは後方待機から末脚に賭ける競馬にチャレンジして欲しいという気持ちはありますが、五分のスタートからハナor外で揉まれない形でスピードを生かし、今回はどこまで辛抱できるか。直線を向いても手応えは上々の馬なので、ミスビアンカのヤル気次第です。頑張り通せれば上位へ食い込めるでしょうし、あれよあれよと押し切ってしまっても不思議ではありません。ただ、期待し過ぎると、自分から止めてしまった時のショックが大きいので、色んなケースを想定しておきたいです。

まあ、陣営はミスビアンカを知り尽してくれているので、試行錯誤してくれていることが良い方へ作用してくれることをただただ願うばかりです。1勝クラスでも上位の脚力は秘めている馬ですから。