焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

思惑通りにハナを奪ってレースを引っ張ることは出来たも、3角過ぎから並び掛けられたりと展開は厳しかった。それでも直線では馬具の効果でパタッと止まることなく、この馬なりに内から抵抗。最後はさすがに脚が上がって着順を大きく落とすも、レース内容は悲観するものではなし。もう少し緊張することなくノビノビ走れるようになれば変わってくるのに…。★ミスビアンカ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロアシャトーブランシュ

土曜阪神8R 4歳上1勝クラス・牝馬(ダ1400m)10着(3番人気) 和田竜J

チークピーシズを着用しています。まずまずのスタートから促しながら先頭に立ちます。そのまま最後の直線へ向き、粘り込みを図りますが、ゴール手前で力尽き10着でゴールしています。

高橋義忠調教師「スッと主張することが出来ましたが、3コーナーあたりから早い段階でノクターンノーツが並び掛けてきたので、気持ちが切れないか心配しました。でも、残り200mあたりまで交わされずに伸びようとしていましたし、外からどっと押し寄せてきた時もバッタリ止まることはありませんでした。レース後、和田竜二騎手にどうだったか確認したところ、『スタートして促すと楽にハナに立つことが出来ましたし、馬の走ろうとする気持ちが伝わってきました。外から並ばれても気にせず集中して走っていましたし、そのまま押し切ってくれるのではないかと思いました。ただ、走ろうとする気持ちから背中が力んでしまっているために、追い出しに掛かっても体が上手く伸びてこず、もう一押しが利かなかったですね。跨った感触はとても良いですし、背中の緊張さえ取ってあげればもっと良いパフォーマンスを見せてくれそうです』と話していました。確かにゴールまでバッタリ止まることはなく、着順ほど負けていないですし、最後まで気持ちが切れなかったことは収穫だったと思います。ジョッキーが話しているように、いかに力まず走ってくれるかがカギになりますが、チークピーシズと加圧式のメンコの効果はあったと思いますし、心身ともに追い込み過ぎないよう意図的にサッと仕上げて出走させるパターンもミスビアンカにとっては良い方に出ているので、次走も同じような感じで出走させたいと思います。トレセンに戻って状態を確認したあとは、放牧に出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:16日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧

高橋忠師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでした。飼い葉もいつも通り食べていましたし、精神的に苦しいところは見られませんでした。調教の感じでは力みもなく、背中の使い方は気にならなかったですが、競馬に行くと気持ちだけで走ってしまうところが影響してしまっているのでしょう。ただ、サッと仕上げてレースに臨む調整過程は良い方に向いていますし、あとは何とか競馬に行って力むところを取り除いてあげないといけませんね。16日にノーザンファームしがらきへ放牧に出しましたが、次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら相談していきたいと思います」(2/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

要らぬプレッシャーを掛けないため、帰厩して10日で競馬へ臨むスタイルを継続しているミスビアンカ。馬自身もその調教パターンにしっかり慣れ、この馬なりに馬体を維持して安定してレースへ臨めることが出来ています。ただ、レースでは外から交わされてしまうとパタッと止めてしまう悪癖があるので、何とか最後まで走ることに集中してもらおうと陣営は色々手を尽くしてくれています。そして今回選ばれたのが加圧式のメンコとチークピーシズの着用です。

ゲートはさほど速くなかったですが、和田竜Jが押して押して促していくとミスビアンカもしっかり反応。芝の部分で少しスピードが付き過ぎた印象はあるも、作戦通りにハナを奪うことに成功しました。そして向正面まではマイペースの逃げとなりましたが、気分よく行かせるとダメだということでノクターンノーツが3角過ぎからジワッと並び掛けてくる作戦。前へ出られると嫌だなあと見ていましたが、そこは和田竜Jが上手にリード。 手綱は動いていましたが、最後の直線では馬具の効果で内から抵抗する感じもありました。ただ、緊張して背中を使い切れていないことで、残り150mあたりで脚が上がり気味に。さすがにペースも速かったと思います。そして最後の急坂でガクッと着順を落としてしまいましたが、勝ち馬とのタイム差はコンマ7秒。着順は悪いですが、レース内容はそこまで悲観する必要はありません。大きく負けるのは逃げ馬の宿命でもあります。

レース後は早速16日にNFしがらきへリフレッシュ放牧へ。まずはレースでの疲れをしっかり取り除き、気持ちの昂ぶりを抑えていってもらえればと思います。馬具に関しては次走も同パターンでひとまず良いかと思いますが、緊張から力んでしまう固まってしまう面があるので、牧場時のようにノビノビ走れるように気持ちを持っていってあげて欲しいです。ここが解決すれば、もっともっと好勝負を演じることが出来るでしょうから。