焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

スタートはそこまで速くなかったも、芝の部分でスッとスピードに乗れたことでハナを主張することに成功。道中は少し促しながらの逃げも雰囲気は良かった。ただ、直線で勝ち馬に交わされてしまうとフッと気持ちが切れてしまう。何とかパタッと止まることは回避出来ましたが、最後は力尽きて6着に敗れる。ギリギリまで牧場に置いておく作戦は合っています。★ミスビアンカ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロアシャトーブランシュ

土曜中京8R 3歳上1勝クラス・若手(ダ1400m)6着(5番人気) 荻野極J

まずまずのスタートから促しながら先頭に立って後続馬を従えていきます。そのまま直線へ向き、粘り込みを図りますが、ゴール手前で力尽き6着でゴールしています。

高橋義忠調教師「今回はなるべく追い込まないように調整してレースに臨みましたが、体は8キロ増えていましたし、馬の雰囲気も良かったと思います。内枠でしたし、馬群に入って走るのを止めてしまうといけないので、荻野極騎手にはハミを掛けつつ良いポジションでレースをしてほしいと伝えていました。無理なく先頭に立つことが出来ましたし、そのまま粘り込んでくれないかと期待していましたが、勝ち馬に交わされたところで走るのを止めてしまいましたね。レース後、荻野極騎手にどうだったか聞いたところ、『スッと先頭に立つことが出来ましたし、良い形で最後の直線に向くことが出来ました。ただ、アイムポッシブルに交わされるとスイッチが急に切れてしまい、ズルズル下がってしまいました。馬の雰囲気は良かったですが、交わされると走る気持ちをなくしてしまうので、その辺りが難しいところですね』と話していました。今回のようにスッと先行出来れば同じようなレースが期待できると思いますが、行き切れない場合に気持ちが持続できるかがカギになりますね。調整パターンを工夫したことで良い状態で臨めましたし、次走も同じような感じでレースに向かいたいと思っているので、トレセンに戻って状態を確認した後は放牧へ出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/24日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

高橋忠師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も変わりありませんでしたが、24日に放牧へ出させていただきます。飼い葉はすぐ食べていますし、表情も穏やかなので精神的なダメージもなさそうです。ただ、今回のようにスッと主張出来ればギリギリまで辛抱してくれますが、交わされるとフッと走るのを止めてしまうので、他に主張する馬がいる場合はまた違ったレースになるかもしれませんね。次走も同じような感じで追い込み過ぎないよう意図的にサッと仕上げてレースに臨むつもりです」(12/23近況)

⇒⇒24日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(24日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

人気を集めながら最下位→ブービー負けと良いところなく大敗を喫していたミスビアンカ。とにかく今回は目を覆いたくなるような敗戦だけは避けて欲しいという願いでした。

牧場では気分良く過ごすことが出来ているのに、トレセン・競馬場では難しい面を覗かせてしまうことから今回はギリギリまで牧場に置き、10日競馬でレースへ挑むことを選択。プラス8キロで臨んだ馬体はボリュームがあって好印象でした。

レースに関してですが、ゲートからの出脚は一息でしたが、今回は内枠に入ったということもあり逃げを主張。芝の部分で押していくと、その後はスッとスピードに乗ることに成功。他に絡んでくる馬がいなかったのもラッキーだったと思います。そして道中はハミを掛けつつの逃げ。淡々とレースを引っ張ることが出来ましたが、結果論ですが、4角では後続を待たずに仕掛けていって欲しかったです。

直線を向いたミスビアンカはまだ手応えに余裕はあったと思いますが、2番人気のアイムポッシブルが手応え良く抜け出していくと、ミスビアンカは『スイッチオフ』に。交わされてしまうとアッサリ気持ちが切れてしまうのが悩ましいところ。まあ、それでも6着に踏み止まったことは1つ明るい材料ですし、今取り組んでいることがプラスに働いているのは間違いありません。あとは悪癖をどう対処していくか…。

牧場時の調教で何とか修正できればと思いますが、変に賢い馬なので諦めが早いです。次走ではチークピーシズブリンカー着用を考えていくしかないのかなと思います。

レース後のミスビアンカですが、脚元等に異常はなく、カイバ食いも良好。何とか低迷の底は抜けたと思うので、10日競馬での参戦を続けていって1勝クラス突破へのメドを改めて立てて欲しいところ。スピード自体はもっと上でも通用していいと思う馬だけに交わされてフッと止めてしまうところをホント何とかして欲しいです。