焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

好発を決め、理想的な位置からレースを進めることは出来たも、残り300mあたりから脚色が怪しくなり、残り200mで早くも脚色が一杯で失速。時計面での限界が如実に出た感じで15着に敗れてしまう。★ロードエース

f:id:yakifish:20210806040105j:plain
f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナキア

7月25日(日)新潟11R・アイビスサマーダッシュ(G3)・国際・芝1000mに松山Jで出走。16頭立て5番人気で6枠11番から平均ペースの道中を1番手と進み、2秒0差の15着でした。馬場は良。タイム56秒2、上がり34秒2。馬体重は2キロ増加の506キロでした。

○松下調教師 「完璧にスタートを決め、ライオンボスをマークしながら進めるのが考えられた勝ちパターン。その通りの展開へ上手く持ち込めたとは言え、前走より2秒ぐらいタイムが速くなった際に対応できるか・・・との懸念を払拭できませんでした。今日の高速馬場は不向きで、最後は一杯になってしまった・・・とジョッキーもレースを回顧。まずはトレセンへ戻り、状態と番組を照らして次の目標を考えます」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好スタートからライオンボスを追うように2番手。ただ、追走に余裕がなく、残り2ハロンではもう失速し始めていた。56キロで良馬場では時計的な限界があったか。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後に全体的な疲労感が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は7月30日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して秋のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○松下調教師 「真夏のレースは初めて。脚元に気になる点は浮かんでいませんが、炎天下に頑張って走った分の疲れが生じています。7月30日(金)に千葉の育成牧場へ移し、相応の休養を与える方針。回復を図ると共に、秋季番組の発表を待って次の目標を立てましょう」 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新潟・千直で活路を見い出そうとしてくれたロードエース。これまでは毎年、夏の暑さにクタッとしていましたが、年齢を重ねたこと+対処法のおかげでそういう面は見せずに、活気を保ってレースへ臨むことは出来たと思います。

ただ、この条件に適性があったとしても、これまでのエースの敗因の大半が時計面での限界。道中は良いスピードを見せてくれるのですが、最後はどうしても甘くなってしまいます。1200mだと幾分長いのも影響はしているのですが…。今回は定量戦+開幕週の馬場。前走よりもかなり速い時計の決着を求められることが予想されたので、期待よりも不安の方を現実的に感じていました。

レースは好発から良いスピードを見せ、2~3番手での追走。理想的な位置取りだったので、少し力は入ったのですが、残り300mからは雲行きが怪しくなり、ジリジリ後退。そして、残り200mあたりでは完全に脚が上がってしまって15着でのフィニッシュ。エースとすれば前走よりも時計を詰めているのですが、2秒以上も速くなってはどうしようもありませんでした。負けるべくして負けたといったところでしょう。

レース後のエースですが、一生懸命走ったことで疲れは色んなところで窺えると思いますが、今のところ、深刻な感じではありません。まずは暑い中でも回復を促すことに全力を注いでもらえればと思います。そして暑さが落ちついたところで乗り出せれば良いのかなと見ています。

今回は見事に玉砕といった敗戦でしたが、くよくよすることなく、エースの力を発揮できる条件を今後も探していってもらえればと思います。既に6歳ですが、1戦でも長く現役生活を続けて欲しいですから。