焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

馬っぷりの良さはここでも上位級も、内枠が仇になってやや消極的な競馬に。直線では外へ持ち出せずにモタモタし、内へ進路を切り替えると何度か前が詰まる不利。心身が噛み合った走りが出来ずに8着に敗れる。★コンジャンクション

f:id:yakifish:20200513045835g:plain コンジャンクション(牡・池添学)父ルーラーシップ 母グリューネワルト

日曜新潟5R メイクデビュー新潟 2歳新馬(芝1800m)8着(5番人気) 松山J

互角のスタートから好位の一角で流れに乗ります。そのまま4コーナーを回り、最後の直線ではスペースを探しながら抜け出しを図りますが、目立った伸び脚は見られず、デビュー戦は勝ち馬からコンマ6秒差の8着でゴールしています。

池添学調教師「新潟競馬場に到着後は、無駄に体力を消耗することなく、装鞍所でも周りの馬が幼いところを見せている中、コンジャンクションは終始落ち着いていました。鞍上が騎乗するタイミングでメンコを外してみましたが、周りを気にすることなく堂々としていましたし、返し馬からゲートインするまでスムーズに行えました。レースでは、ゲートをまずまず出てくれたので、そのまま出たなりの位置で競馬が出来れば良かったものの、フワフワとしてポジションを下げてしまいましたね。それに最後の直線でもスッと反応できず、サトノジークに先に前へ入られてしまいましたし、すべてにおいてモタついてしまいました。レース後、松山弘平騎手にどうだったか確認したところ、『調教と同様に気難しいところを見せることはなかったですし、乗り易い馬でした。スタートが良かったので、出たなりの位置で競馬が出来ていれば良かったのですが、モタモタしてスッと流れに乗って行けませんでした。それに最後の直線では空いたスペースを狙って仕掛けて行っても、トモが甘いためにスッと反応できず、後手に回る形になってしまいました。気持ちがないわけではなく、いかにも初戦らしい感じでしたので、心身ともにピリッとすれば走ってくる馬だと思います』とコメントしていました。調教でもまだ自分から進んで走るほどピリッとしたところがなかったですし、いかにも初戦らしい競馬でしたね。でも、何事にも動じない性格はこの馬の良いところだと思いますし、経験を積んで行けばピリッとして走ってくれるようになるでしょうから、それまで大事に育てていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態をよく確かめてから相談させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

落ち着きがあって、雰囲気は悪くなかった。五分には出たが、もうひとつ進んでいかない感じ。直線は再三、前が詰まって、手綱を引く場面。今日は思うような競馬が出来なかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/29日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

池添学師「新潟競馬場からトレセンに戻った後も、脚元含めて気になるところはなく、体調も問題ありませんでした。いかにも初戦らしい競馬でしたが、一度競馬を使ってピリッとしてくるでしょうし、気持ちと走りが噛み合えば走ってくる馬だと思っていますので、一つ一つ教えながら大事に育てていきたいですね。この後は一旦放牧に出してコンディションを整えてもらってから、次走の予定について考えていきたいと思います」(7/28近況)

⇒⇒29日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(29日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクの2歳世代では期待の1頭だけにデビュー戦から内容のあるレースを期待したコンジャンクション。初めての競馬で舞い上がらないかちょっと心配でしたが、パドックでは尻尾を頻繁に振るのは気になるも、落ち着いた感じでの周回。馬っぷりの良さは上位だったと思いますし、雰囲気のある1頭だなと見ていました。

レースぶりですが、五分のスタートから出脚もマズマズ。スッとレースの流れにのっていけると見ていましたが、内枠が仇になった感じで前や外からのプレッシャーで徐々に位置取りを悪くしてしまったのが大誤算。レースの流れも遅かったです。まあ、それでも4角を回って直線を向いた時の手応えは上々。脚は十分残っていたと思います。

そして直線では早めに外目へ持ち出して欲しかったのですが、トモの甘さが残ることでスッと反応出来ずにモタモタ。仕方なく、内へ進路を切り替えると、今度はサトノジークとの進路取りにも負け、ブレーキを踏むことに。スッと反応できない=スッと加速できないので、後ろをついていくしかありませんでした。その結果、掲示板を外してしまう8着でのゴールイン。外枠だったらちょっと結果は違ったと思いますし、8着でも勝ち馬とはコンマ6秒差。ホロ苦いデビュー戦になったのは事実ですが、進路取りに失敗したのが痛かったですし、そこまで負けてはいないので悲観することもないでしょう。個人的には1度使った後の2戦目がより重要になってくると思うので、良い意味でピリッとしてきてもらい、次走ではノビノビ走らせて上げて欲しいです。

レース後のコンジャンクションですが、目立った疲れはなく、脚元も大丈夫。ただ、好走するには心身の噛み合った走りが求めらえることから、29日にNFしがらきへ放牧済。まずはデビュー戦の疲れを癒し、その後は成長を促しながら、コツコツ乗り進めていって欲しいです。