焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

初めての距離でも脚を溜めながら追走出来たのは○。勝負どころでゴチャゴチャしたのは勿体なかったも、直線は最内を突いて上位に肉薄。最後の最後で切れ味の差が出た感じですが、今後に向けて楽しみが広がる走りを見せる。☆ドゥラモンド


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

土曜新潟10R 豊栄特別(芝1400m)3着(5番人気) 津村J

ゆっくりとゲートを出ますが、徐々に位置を上げて、道中は中団からレースを進めます。直線ではラチ沿いからしっかりと脚を伸ばして、勝ち馬と同タイムの3着でゴールしています。

手塚調教師「最後までよく脚を伸ばしてくれて、勝つまであともう少しのところまで迫ってくれましたし、よく頑張ってくれましたね。スタートはあまり良い方ではないですし、津村騎手とも初コンタクトということもあって、ゲートが開いてからスッと反応できませんでしたが、許容範囲内のものではあったと思います。その後は少しずつ押し上げて行って、道中は良いリズムで運ぶことが出来たのですが、3コーナーに入って行くところで横の馬に寄られてしまい、ブレーキを掛ける場面がありました。そこから再びエンジンを吹かしていく形になり、着差が着差だけにそこがスムーズならという気持ちはありますが、最後まで気持ちを切らさずに差を詰めて来てくれたことは評価できると思います。津村騎手は、『1400mの距離も合っているのか、道中は良いリズムで走ることが出来ていましたね。ただ、勝負どころでぶつけられてしまい、そこでリズムを崩してしまったのが勿体なかったです』と話していました。1400mは合いそうだと思い、このレースを使わせてもらいましたが、その通りの走りだったと思いますし、このクラスで戦って行ける力を示してくれたのも良かったですね。トレセンに戻ってからの状態を見てから判断したいと思いますが、優先出走権を獲れましたし、出来ればこのまま次に向けて進めていきたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

すっきり仕上がる。出遅れたが、二の脚がついて中団の内をキープ。そこでしっかり脚を溜めていた。直線に入ると内ラチ沿いを鋭く伸びて、タイム差なしの3着。馬体の成長は案外だったが、現級では地力上位を示した。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:8月14日の新潟・新発田城特別

手塚師「勝ち馬とタイム差なしまで迫ってくれましたし、勝負どころでの不利がなければと悔やまれる部分はあるものの、今後に向けて楽しみが広がる走りを見せてくれたと思います。トレセンに戻ってよく状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。優先出走権を獲ってくれましたし、1400mの条件も良いと思いますから、このまま中2週の新潟・新発田城特別に向けて進めていければと思います」(7/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G1を含む、3戦連続での重賞挑戦では掲示板に乗ることすら出来なかったドゥラモンド。その後、予定を予め組まず、心身の成長を促しながら進めてきた訳ですが、再出発となる2勝クラスから再進撃を期待する一方で、通用しないようではちょっと先々が厳しくなるなあとレース前は見ていました。

約3ヶ月半の充電を経て、10キロぐらい馬体重は増えてきて欲しかったですが、前走との比較は増減なし。きっちり仕上がっていたといえばそうなのですが、成長力にやや疑問を感じるものでした。太りにくい体質・性格なのかもしれませんが…。

内枠の偶数枠を引いたので、レースではリズム良く追走できるかなと見ていましたが、またもや出遅れ。ただ、今回はスッと二の脚が付いたことで中団よりやや前目でレースを進めることが出来ました。初距離で追走に戸惑うかな?と見ていましたが、行きっぷりは上々。この時点で距離短縮は正解だなと感じました。ただ、画面上では分かりにくかったのですが、3~4角に掛けて外のテイエムイダテンがフワフワし、ドゥラモンドに寄りかかる格好に。大きなロスとは言えないも、2度ほど寄られてブレーキを踏む形になってしまいました。

まあ、それでも直線を向いた時は手応え十分。直線では最内を突くことを選択しましたが、抜けてくる時に少し躊躇するようなところもあったかな? 伸びてくるのがワンテンポ遅かった気もしますが、それでも内から抜け出した時は『やったあ!』と…。しかし、最後の最後で切れ味の差が出てしまった感じで外の2頭に前へ出られてしまいました。

あそこまで行けば、押し切って欲しかったというのが本音ですが、レース運びに余裕はありましたし、直線での伸びもマズマズ。1400mの距離も合っているのでしょう。こういうレースを続け、少しずつ末脚にキレ・粘りが出てきてくれれば、まだまだ上を目指せる筈です。

レース後のドゥラモンドですが、脚元等は大丈夫。優先権(3着)を確保することができたので、このまま在厩調整を続け、中2週のローテで14日の新潟・新発田城特別へ。今回と同舞台ですし、慣れが見込める次走ではきっちり結果を出してもらい、良い形で秋競馬を迎えられるようにお願いします。