焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

勝ち鞍のある舞台+これまで戦ってきた相手から、ここでは力のあるところを示して欲しかったも、4角で下がってきた馬の煽りを食らってスムーズさを欠く。立て直して直線で追われるも、目立つ脚は繰り出せず。11着に敗れる。★ドゥラモンド

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

土曜中山11R ニュージーランドトロフィー(G2・芝1600m)11着(5番人気) 横山武J

五分のスタートを切ると、道中は中団やや前目に付けます。手応え良く勝負どころを回ってきますが、直線入り口で手綱を引く不利があり、その後も脚を伸ばすことが出来ず、中団で流れ込んでいます。

手塚調教師「スタート自体はしっかりと切れましたし、その後は周りを囲まれてしまったことで少し力んで走るようなところが見られましたが、大きく体力をロスするほどではなかったと思います。ジョッキーとのコンタクトが取れてからは悪くないリズムで走れていたと思いますし、勝負どころは手応え良く回って来られましたからね。ただ、前の馬が下がってきてしまったことで、直線入り口で手綱を引っ張る形になってしまいましたし、その後も後ろから引っ掛けられてしまってと、スムーズな競馬が出来ず残念でした。武史(横山武史騎手)は、『逃げた馬がそのまま勝ち切ったことを考えると、スタートが良かったですから、少し出して行ってもう一列前のポジションで運んだ方が良かったかもしれません』と話していました。前走で引っ掛かってしまったことや、調教でも前向きな走りを見せていたことで、スタート後は馬のリズムを重視する形を選択したようで、確かにもう一列前に付けられていればもっとスムーズな競馬が出来たかもしれませんが、結果論になりますしタラレバを言っても仕方ありませんからね。上がって来た時の様子に異常は見られませんでしたが、トレセンに戻ってよく状態を見ておきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

すっきりと仕上がる。中団馬群の中。向正面で少し掛かり気味になる場面。内をm割って直線入り口で少し狭くなり、スムーズさを欠く。直線は内を突いて伸び切れなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:14日に福島県・NF天栄へ放牧

手塚師「トレセンに戻ってよく状態を確認しましたが、背腰に結構疲れが見られますね。重賞レースを中心に、ここまでコンスタントに使ってきた疲れがありそうです。この後は一旦NF天栄へ放牧に出させていただきますが、この機会にオーバーホールした方が良さそうですし、心身ともにしっかりとリフレッシュさせられればと考えています」(4/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

勝ち鞍のある中山・芝1600mへ戻り、本領発揮を期待したドゥラモンド。ひと追い毎に追い切りの動きが良くなっていましたし、2月のきさらぎ賞明けでも仕上がり自体は良かったと思います。あとは初コンビの横山武Jと息を合わせ、力を出し切ってくれれば、NHKマイルCへの出走権を掴み取れると思ったのですが…。

出遅れることのあったゲートは練習の甲斐があって、これまでで1番の好発。ただ、横山武Jは出たなりの位置で折り合いに専念し、ポジション確保は二の次。他馬に囲まれる形になって少し力んでいた感じはありましたが、大きく折り合いを欠くことはなかったと思います。そして3角から4角に掛けても内でじっと息を潜めての追走。ただ、前を走っていたサトノブラーヴが外から被せられたことで過敏に反応。急にブレーキを掛けることになったので、ちょうど後ろにいたドゥラモンドもその煽りを食う形に。頭を上げてバカつくと、バランスを欠いてしまいました。見た目以上に不利は大きかったのかなと思います。直線で立て直したドゥラモンドと横山武Jは内を突きましたが、ジリジリ脚を伸ばすだけで、前に詰め寄ることはさすがに無理でした。運がなかったですが、スムーズでも直線で伸び切れていたかは何とも。掲示板に乗れたとしても、それ以上は難しかったのかなと個人的には思います。

レース後のドゥラモンドは背腰に少し疲れが出てしまった様子。放牧を挟みつつ、レースを重ねてきましたが、見えない疲れが蓄積していたんでしょう。オーバーホールした方が良いということなので、復帰は夏競馬の後半あたりになってくるのかな? 個人的も時間を掛けて成長を促す機会を設けるのは大賛成。単なる早熟馬ではないと思いますし、いきなり古馬との対戦となっても素質は見劣らない筈。物足りないレース内容・結果が3戦続きましたが、負の連鎖はここでしっかり断ち切って、心身共に成長した姿で自己条件から出直しを図ってもらいたいです。