焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

日曜日(5/9)の出資馬・出走結果(東京)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション

日曜東京5R 3歳1勝クラス(ダ1600m)2着(1番人気) C.ルメール

最内枠からいつも通りスタートで遅れてしまい、中団後ろからの競馬になります。手応え良く直線へ向き、前にいる馬たちを捌きながら抜け出しを図るも、勝ち馬の末脚が一枚上回り、2着でゴールしています。

手塚調教師「前走後にゲート練習をかなり積んできたのですが、特に中での縛りを行ったことで、練習では駐立でソワソワすることはありませんでしたし、モタれる面も解消された状態でレースへ臨めました。しかし、今日に限って横の馬が枠入りを嫌って、加えて中でも落ち着かない感じでしたから、その影響で少しスタートは遅れてしまいましたね。ただ、練習をしていない状況であればもっと出遅れた可能性は大いにあったでしょう。ルメール騎手は『担当者が離れた際に、若干ではありますが後ろにモタれようとしていた』と話していましたので、今後も定期的に練習は積んでおく必要はありそうですね。レースの内容に関してですが、今日も出遅れたものの、前がかなり飛ばす形でしたので、流れは向いたのかなと思います。直線では他馬の間を縫うように懸命に脚を使っているのですが、勝ち馬にあれだけの末脚を使われると、1頭強い馬が居たと思うしかありませんね。ルメール騎手も『抜け出す時には一瞬勝ったかなと思ったけど、まさか外からあんな脚を使う馬がいるとは驚きです。スタートで遅れてしまいましたが、この馬自身もしっかりと脚を使ってくれていますし、今日は勝ち馬を褒めてあげるべきです』と話していました。昇級してから惜しいところまでは行くものの、勝ちきれないレースが続いていますので、申し訳ない気持ちで一杯ですが、今度こそ2勝目を挙げられるよう頑張っていきます。なお、続けて使ってきましたので、ここで一息入れさせていただく方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:12日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧

手塚師「先週は1番人気を裏切る形となってしまい、申し訳ありませんでした。アナンシエーション自身も1分36秒台で走ってくれているのですが、勝ち馬にあれだけの脚を使われてはどうしようもありませんし、相手が悪かったとしか言いようがないですね。レース後は脚元を含めて特に問題は見られませんでしたが、短い間隔で続けて使ってきましたし、一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出して、心身ともにリフレッシュさせたいと思います」(5/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキーモー

日曜東京5R 3歳1勝クラス(ダ1600m)15着(9番人気) 福永J

互角のスタートから無理せず中団やや後方を追走します。向正面を過ぎてから押し上げていこうとしますが進んで行かず、最後の直線も目立った脚は使えないまま、約7ヶ月ぶりとなるレースは後方で流れ込んでいます。

松永幹夫調教師「前走から約7か月ぶりのレースとなりましたが、体重は12キロ増えていたものの、決して太目感はなく良い状態でレースに臨めたと思います。ただ、いざレースに行くと向正面あたりから流れについていけず、最後の直線では早々に脚が上がってしまったので、何かしらあったのかと心配しました。レース後、福永騎手に聞いたところ、『返し馬の感じはとても良く、初戦よりも逞しくなっているなと感じました。ただ、レース前半は良い感じに追走していたものの、向正面あたりで周りを気にして集中力を欠いてしまい、その後も流れに乗り切れないまま走り終えてしまいました。馬具を試してみるのも手だと思いますが、まだ2戦目ですし、使いつつしっかり走ってくれるようになれば良いですね』と話していました。レース直後は目立ったダメージは見られず、ケロッとしていたので、ジョッキーが話しているように、経験の浅さから集中し切れなかったのかもしれません。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、脚元のこともありますので、無理をさせるつもりはありません」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/14日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

松永幹師「トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて目立ったダメージはなく、体調も問題ありませんでした。レース直後はすぐ息が入ってケロッとしていたことを考えると、レースに集中し切れなかったことがすべてだと思います。返し馬の感じは成長が窺えたと福永騎手が話していたように、集中して走ってくれるようになれば、もっと良いパフォーマンスを見せてくれるはずです。この後は脚元のこともありますので、一旦放牧に出してコンディションを整えてもらってから、次走の予定について検討していきたいと考えています」(5/12近況)

⇒⇒14日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(14日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル

日曜東京10R ブリリアントS(L)(ダ2100m)9着(10番人気) 横山武J

外枠から互角のスタートを切ると、急かさずに中団外目を追走します。直線入口で前が壁となり、追い出しが遅れてしまうも、外から再度追い上げて9着まで押し上げたところで終えています。

栗田調教師「プール調教の効果もあって、前回のようにゲートの中でチャカチャカするところはありませんでしたし、それに今日は外枠の偶数番と言う理想的な枠を引けましたから、スタートはある程度出てくれました。しかし、武史(横山武史騎手)は『今日は待たされる時間が少なかったのでそれなりに出ましたが、まだ不安定なところがあります』と話していましたね。また、先程も言ったようにこの馬にとっては理想的な枠でしたから、道中は揉まれることなくリズム良く追走できたと思いますが、勝負所でブレーキを掛ける形となってしまったのが勿体なかったですね。追ってからジリジリ脚を使ってくる馬なので、あそこでスピードを削がれてしまうと、さすがに上位まで追い込んでくることは厳しいです。そんな中でももう一度外から伸びてきましたので、もう少しスムーズであれば、掲示板争いは出来たと見ています。武史のコメントは『道中は縦長の隊列で上手く流れに乗れたかなと思うのですが、直線に入ったところで不利を受けてしまって…。あそこで踏み遅れたことでこの着順になりました。大変申し訳ございません。それでも止まらずに最後まで脚を使ってくれましたし、この距離でも問題ありませんよ』との事でした。オープンクラスを経験していきながら1歩ずつステップアップしていければ、どこかで勝つチャンスのある馬だと思っているので、今後も1つずつ課題をクリアにしていきながら進めていきたいですね。まずはトレセンへ戻って心身の状態を確認してからにはなりますが、気持ちの面を考えると一度牧場へお戻しする方が良いのかなと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/13日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

栗田師「先週のブリリアントSは少し勿体ない競馬となってしまいましたが、昇級2戦目でそれなりにやれることは分かりました。今回は枠も良かったことで、スタートが決まって、縦長で極端に揉まれることがなかったことが一番大きいと思いますので、内枠に入った時が課題となるでしょう。レース後の状態ですが、若干気持ちの面での昂ぶりはあるものの、馬体には今のところ問題ありません。とは言え、まだ心身の部分で成長を促しつつ大事に使っていきたいので、ここはリフレッシュを挟みたいと思います」(5/12近況)

⇒⇒13日(木)に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(13日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(5/9)に東京で出走した出資馬の出走結果・レース回顧ををまとめて。※G1に出走するピクシーナイトは別記事にて。

アナシエーションは初めての在厩調整による出走+中1週のローテでパドックでイライラした姿を見せないか心配でしたが、1度使ったことがガス抜きになった様子で落ち着いた周回。マイナス2キロでしたが、それ以上にメリハリのある馬体だったと思います。

レースでの注目点は何といってもゲート。この中間にゲート内で縛り付けるなど対応してきましたが、今回は最初にゲートへ入れる最内枠での出走。効果を問うには絶好だったかと思いますが、この馬なりに我慢は出来ていたようですが、隣の馬が中でガタガタやっていたようで最後はそれに釣られるように出遅れ。二の脚も一息だったので、スタート直後は最後方からの競馬になりましたが、ダートへ入る頃には行きっぷりは挽回。向正面までは内々をロスなく立ち回り、砂を被っても極端に嫌がる素振りはなかったです。そして3角過ぎから4角に掛けて、徐々に外目に持ち出し、いつでもGOサインを出せる状態へ。4角を回ってくる時の手応えは十分だったので、あとは直線でしっかり捌いて来てくれればと見ていました。

最後の直線では内へ押し込まれるシーンはありましたが、C.ルメールJは冷静に馬群を捌き、残り300mぐらいからスパート。前々で一足先に抜け出そうとするノーブルシルエットを目標にひと追い毎に差を詰めて行き、それを交わそうとした時に大外からまさかの強襲。鞍上のC.ルメールJは外から凄い脚で飛んでくる馬はいないと思っていたようで、交わされた時は画面越しにもビックリしている様子が見られました。速い流れを地力勝負で捻じ伏せようとするも、今回は1頭、力のある馬が潜んでいました。運が悪かったとしか言えません。

レース後のアナンシエーションは目立ったダメージは窺えないも、短期間に2度使ったこともあり、無理することなく一旦リセットすること。12日にNF天栄へ放牧に出ています。毎回強いレースぶりを見せてくれていますが、次走こそは1着という結果を掴み取って欲しいです。

アナンシエーションと同レースの出走となったラッキーモー。こちらは約7ヶ月ぶりの実戦でしたが、デビュー戦のセンスの良い勝ちっぷりから、いきなり通用しないかなあと淡い期待を持っていました。

馬体重は前走からプラス12キロでの出走となりましたが、こちらは成長分。それでもスラッと見せていたので、馬体重はもっと増えても良いぐらいでしょう。また、関東圏への長距離輸送にもなりましたが、テンションはそこまで上がっておらず、雰囲気良くレースへの臨めたと思ったのですが。

スタートでモタついたアナンシエーションとは対照的に、ラッキーモーと福永Jは五分のスタートから出たなりの追走。前へ行きたい馬をスムーズに前へ行かせ、雰囲気良く追走できているなあと。これなら直線の長い東京コースでもしっかり伸びてくれるかなと見ていましたが、3角過ぎのペースアップに対して、少しフワッとした感じに。ハミを掛け直して挽回しようと福永Jは試みてくれましたが、走りに余裕は一気になくなってしまいました。そして最後の直線では内ラチ沿いをジタバタするだけ。デビュー戦とは正反対の脆い内容にさすがにショックを受けました。まあ、休養が長かったですし、今回が2度目のデビュー戦という感じで捉えた方が良いのかな? また、パサパサの良馬場+1ハロン延長になったのも良くなかったのかもしれません。

レース後のラッキーモーですが、デビュー戦で痛めた左前脚の球節への反動等はなし。力を出し切れぬまま終わったので、栗東へ戻ってきてからもケロッとした様子。状態面での不安は見られませんが、負け方が良くなかったので仕切り直しすることに。まあ、これは妥当な判断でしょう。14日にNFしがらきへ移動しています。

まずは大敗による精神面のダメージをしっかりリセットすることが大事。これを引きずってしまうと厄介ですから。個人的な見解ですが、血統統こそダート向きも、スラットした馬体+パワフルというよりは素軽い走りから、芝の方が良い可能性はありそうです。

シェダルはOPでの2戦目でどこまで変わってくるか楽しみではありましたが、決め手のある馬ではないので東京へのコース替わりは良いイメージがなく、今回も苦戦は覚悟の上でした。

外枠ということでスタートは出して行かずに出たなりの位置でまずは追走。外から被せられるようなことはなく淡々と追走することは出来ました。ただ、勝負どころでは意識して動かず、スタミナを温存する形で直線へ賭けることに。4角を回ってくる時はマズマズ余裕はあったかと見えましたが、直線早々でシェダルの前でゴチャゴチャしてしまい、ブレーキを掛けて外へ立て直すロス。じわじわ脚を伸ばすタイプなので、スムーズな再加速が叶いません。その後は目立つ伸びはなかったも、最後までバテずに9着に。OP2戦目での変わり身は乏しかったですが、自分から止めることなく走り終えたことだけは良かったです。

レース後のシェダルですが、目立った疲れは感じさせないも、精神面で追い詰めると良くないタイプなので無理することなく一旦リセットへ。13日にNF天栄へ放牧に出ています。成長曲線は緩やかですが、まだまだ良くなる余地を残しているので、強い相手に揉まれることで地道に精神面・肉体面で成長を遂げていってもらいたいです。1歩、1歩でも良いので、着実に良い方へ進んで欲しいです。