焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

体調が整わずに9月の中山戦を回避してNF天栄で再調整することになったも、無理をしなかったことで状態の落ち込みは回避。丹念に乗り込めたことで少し体質が強くなった感もあるし、ここへ向けて仕上がりは上々。粒の揃った昇級戦でいきなり通用するかとなると正直不安も、外枠からスムーズに前目のポジションを確保して直線での追い比べに持ち込んで欲しい。☆ルコントブルー


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

土曜東京9R 西湖特別・牝馬(ダ1600m)7枠14番 戸崎J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:18日に南Bコースで時計

勢司師「18日に南Bコースで追い切りを行いました。調教タイムは半マイルからしか計測されていませんが、全体で5ハロンから68秒台くらいのところを消化しています。1勝クラスの馬と併せて同入しており、フットワークは最後までしっかりとしていましたし、調教の感じからは心身ともに良い雰囲気で今週のレースに向かうことが出来そうです。今回は昇級初戦となり、2勝クラスとなると一筋縄ではいかないと思いますが、ここまで崩れず走ってくれているように底力は持っていると思いますから、まずはこのクラスでも通用する走りを見せてもらいたいところですね」(11/18近況)

助 手 18南B良 52.8- 38.8- 12.2 馬なり余力 アトムアストレア(古馬1勝)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京5日目(11月21日)
9R 西湖特別
ダ1600メートル 3歳上2勝クラス 指定 牝馬 定量 発走14:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 テオレーマ 牝4 55.0 田辺裕信
1 2 ジョディー 牝4 55.0 武藤雅
2 3 ベルクワイア 牝4 55.0 横山武史
2 4 エリーキャナル 牝4 55.0 斎藤新
3 5 ロジカルガール 牝4 55.0 秋山稔樹
3 6 ナスノフォルテ 牝3 54.0 M.デムーロ
4 7 ホウオウヒミコ 牝4 55.0 大野拓弥
4 8 アールクインダム 牝3 54.0 三浦皇成
5 9 サムシングフレア 牝7 55.0 丹内祐次
5 10 ショウナンナデシコ 牝3 54.0 石橋脩
6 11 ホウオウクリスティ 牝4 55.0 津村明秀
6 12 プリモダヴィンチ 牝4 55.0 江田照男
7 13 グラスミルキー 牝4 55.0 菅原明良
7 14 ルコントブルー 牝3 54.0 戸崎圭太
8 15 シホノレジーナ 牝3 54.0 浜中俊
8 16 シゲルルビー 牝4 55.0 黛弘人

○勢司師 「少しずつ体質が強くなってきたし、気持ちの面もフレッシュ感がある。昇級がどうかだが、まだ底を見せていないので、どんなレースができるか楽しみにしている」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9月の中山開催での出走へ向け、一旦帰厩して追い切りを始めていたルコントブルーでしたが、体温が上昇して脚が浮腫んだり、ストレスから左目の瞼が腫れたりと体調面での不安が続出。ここで無理して壊れてしまっては大変ということで出走を諦め、NF天栄で再調整を行うことになってしまいました。

それに伴い、前走からのレース間隔が更に空き、約5ヶ月ぶりの出走となる今回ですが、状態が落ち込む面に立て直した効果はてき面。V字回復という感じで負荷を高めても疲れ・反動を見せることなく、じわじわ体調を上げていって動きの質もアップ。少し体質が強くなった気もします。また、帰厩後の追い切りは4ハロンからの地味な時計が多いですが、併せ馬で余裕を持って同入。本数を重ねて中身は出来ていると思います。

東京・ダ1600mは前々走で牡馬相手に3着、そして脚抜きの良い馬場となった前走は3番手追走から上がり3ハロン最速の脚で快勝。相性の良い舞台ですし、引き続き戸崎Jが跨ってくれるのは心強いです。

メンバーを見渡したところ、軽度の脚部不安明けもショウナンナデシコの実績は少し抜けたものを感じます。また、4歳馬のテオレーマも充実著しいですし、全体的にも前走で1着や馬券に絡んだ馬が大半という組み合わせ。ここを狙ってきた馬が多いでしょうし、思っている以上にレベルの高い1戦でしょう。

牝馬同士なら昇級しても素質は見劣らないと思っていますが、粒の揃ったここで果たしてどこまで通用するか。勿論、期待と楽しみを持ってレースを見守りますが、率直な気持ちは崩れるとしたら今回かもしれないなあと…。外枠の偶数枠は良いところが当たったと思うので、五分のスタートから前目のポジションを確保し、脚を温存しながら直線を迎えて欲しいところ。逆に中途半端に外々を回らされるのは避けて欲しいです。そして直線で追い出しを待てるくらいなら、昇級戦でも好勝負に持ち込めるでしょう。ルコントブルーの将来性を占い意味で1つ試金石になりそうな今回です。