焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

脚抜きの良い馬場になって時計が速くなると辛いかなと見ていたも、好スタートから道中は外目の3番手をがっちりキープ。直線を向いて手応えの良かった2着馬を早めに捕まえにいき、ゴール前の激しい攻防を制しての2勝目。良い勝負根性を見せてくれました。☆ルコントブルー

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

日曜東京7R 3歳上1勝クラス・牝馬(ダ1800m)優勝(2番人気) 戸崎J

ダッシュを見せて、道中は好位の外目を追走します。4コーナーからエンジンを吹かして行き、直線では2着馬との一騎打ちとなりましたが、最後はしっかりと捉え切って、見事に2つ目の勝利を挙げています。

勢司調教師「おめでとうございます。戸崎騎手には一本調子なところがあるからと伝えていましたが、それを踏まえて道中は上手く脚を溜めながら乗ってくれましたね。直線に向いた時に、2着馬の手応えがかなり良さそうだったので捉えられるか心配でしたが、最後まで諦めずに脚を伸ばしてくれて、本当によく差し切ってくれたと思います。戸崎騎手は『良いスタートを切ることが出来ましたし、とても乗りやすい馬ですね』と話してくれて、厩舎サイドとしては最高の誉め言葉をいただけて嬉しく思っています。この後はレース後の状態を見て判断しますが、結果を残してくれましたし無理する必要はないのかなと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】 

好スタートを切って3番手へ。終始折り合いはスムーズで、4コーナーから仕掛けていく。直線に入るとジワジワと加速して外から2着馬に並びかけ、ゴールまでの激しい追い比べを制した。着差以上に強い競馬。まだ良くなる。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/4日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

勢師「先週は改めておめでとうございました。トレセンに戻って状態を確認したところ、右前脚にレース中で負ったものと思われる外傷がありました。ただ、程度としては大したことありませんし、時間の経過とともに段々と治まってきています。ただ、全体的に結構頑張って走ってくれた疲れが見られますし、この後は一旦NF天栄へ放牧に出させていただき、心身ともにリフレッシュさせたいと考えています」(7/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牡馬相手の前走3着という結果から、牝馬同士のここは順当に前進を期待したルコントブルー。ただ、不良馬場での1戦になるとは考えていなかったので、時計が速くなるとちょっと分が悪いかな見ていました。

一息入っての出走でしたが、丹念に追い切り時計をマークして仕上がり自体は上々。枠は外目の偶数枠に入ったので、五分のスタートから各馬の動向を見てレースを組み立てることが出来るなあと。あとはワンペースの走りなので決め手比べでは分が悪いでしょうから、早めにエンジンを吹かしていって渋太さを発揮して欲しいと考えていました。

レースは五分のスタートから積極的に前へ行こうとはしなかったも、二の脚がスッと付いて持ったままの手応えでハナを奪えるほどの好感触。ダートに入って内から2頭ほどポジションを取りにいったので、道中はそれらを内に見ながらの追走。牝馬同士の1戦なのでもう少しレースは流れると見ていましたが、馬群はギュッと詰まって緩やかな流れ。2番手を進んでいたフレンドアリスの手応えが良かったので、戸崎Jはワンパースの走りというのも考慮し、直線を向いてからは早めに並び掛けて行く競馬を選択。そしてそのタイミングで内から進出を狙ったレッドヴァールに蓋をする形で内へ追いやったのも好プレーでした。

残り200mぐらいで先頭に躍り出たと戸崎Jはそのまま押し切れるかなと見ていましたが、一旦交わしたフレンドアリスの逆襲を食らうことに。内から差し返されてドキッとしましたが、再度外から捻じ伏せに掛かっての反撃を開始。残り150mからゴールまで両馬の激しい攻防が続きましたが、最後は3キロ差が効いた感じでクビほど前へ出てのゴールインとなりました。このような勝負根性を見せてくれるとは想定外でしたが、前走で逆の立場でパタッと止まらずに3着に食い込んでいたのが良い経験になっていたのかもしれません。勿論、戸崎Jの好騎乗に助けられました。

レース後のルコントブルーですが、右前脚に外傷を確認するも、時間の経過と共に回復が見込めるレベル。ただ、今回は心身共にタフな競馬になったので、全体的に疲労感が感じられるようです。今週末にNF天栄へ放牧に出る予定となっています。

ルコントブルーは追ってピリッとした脚は使えませんて、スタートが良くてサッと好位を取れるのは長所。折り合いも問題ないですし、操縦性の高いタイプ。後続を待たずに自分のリズムで仕掛けていけば、大崩れはなさそう。今回マイルでの勝利となりましたが、東京のダ2100mに対応できるスタミナもあると思います。

また、個人的には馬体がパンとしてくれば、芝での走りが楽しみ。今回もダ1600mのスタート地点の芝の走りは軽快。五分のスタートから促さなくてもスッと前へ取り付くことが出来ていました。芝だと2000m前後が合いそうなイメージです。芝に挑戦する日を今から楽しみにしています。

今後も出走と放牧を繰り返して大事に使い、素質の芽を摘まないようにお願いします。そしてもっと上のクラスまで駆け上がってもらいたいです。