焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

北海道からNF天栄へ移動してきた際に左トモの歩様に気になるところを発見。治療して一旦良化したところで症状がぶり返してしまったので、前走からレース間隔が空いてしまう。また、先週の福島戦を除外になって久々の東京・芝1400mへ。以前は得意としていたこの条件ですが、フルゲート18頭立て+時計の速い決着は不向き。スムーズな追走で少しでも上位を目指して欲しい。★アンブロジオ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンブロジオ(セ・菊沢)父ローズキングダムアンティフォナ

土曜東京11R 奥多摩S(芝1400m)3枠6番 菊沢J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:18日に南Pコースで時計

菊沢師「18日に南Pコースで追い切りを行いました。ここまで本数を積んで馬体の方は出来上がってきていますし、今週は単走で終いサッと脚を伸ばすくらいのところで反応を確かめました。普段はややテンションの高いところが見られますが、馬場での準備運動中やコースでの追い切り時には特に折り合いを欠いたりするようなことはありませんし、今回も軽快なフットワークで最後まで走れていましたね。ただ、普段の様子からすると段々と気が入ってきている感じですし、あまり予定を先延ばしにするよりは今週使っていった方が良いのかなという印象だったので、21日の東京・奥多摩Sに一樹(菊沢一樹騎手)で投票させていただきました。1ハロンの距離延長がどうなるかが鍵になってくると思いますが、道中リズム良く運べれば終いは着実に脚を伸ばしてくれるタイプですから、良い走りを見せて欲しいところです」(11/19近況)

助 手 15美坂良 57.9- 43.0- 28.9- 14.5 馬なり余力
助 手 18南P良 67.7- 51.9- 38.0- 12.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京5日目(11月21日)
11R 奥多摩
芝1400メートル 3歳上3勝クラス 特指 混合 定量 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ハーフバック 牝4 55.0 高倉稜
1 2 ビアイ 牝3 54.0 原田和真
2 3 カルリーノ 牡4 57.0 三浦皇成
2 4 ウインゼノビア 牝4 55.0 野中悠太郎
3 5 ブレイブメジャー 牡4 57.0 津村明秀
3 6 アンブロジオ セ5 57.0 菊沢一樹
4 7 ミュージアムヒル 牝5 55.0 丸山元気
4 8 ボーダーオブライフ せ6 57.0 内田博幸
5 9 ファイブフォース 牝6 55.0 勝浦正樹
5 10 ビッククインバイオ 牝3 54.0 戸崎圭太
6 11 ホープフルサイン 牡4 57.0 丹内祐次
6 12 トラストケンシン 牡5 57.0 藤田菜七子
7 13 レッドイグニス セ7 57.0 北村宏司
7 14 ケイアイサクソニー 牡4 57.0 石橋脩
7 15 ネリッサ 牝4 55.0 横山武史
8 16 アーデンフォレスト 牡4 57.0 田辺裕信
8 17 ショウナンアオゾラ 牡4 57.0 浜中俊
8 18 ウィンドライジズ 牡6 57.0 木幡巧也

○菊沢師 「前走はうまく外に出せなかった。馬群を捌けるかどうかが鍵になるが、除外で延びた分、乗り込みは十分で馬体の張りも良好。うまく流れに乗れれば1400mでも」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

去勢手術を行って、煩い面が緩和されたのは良かったですが、他馬を気にする繊細さも出てきたアンブロジオ。馬群の中で進めることは出来るのですが、そこから抜け出そうとする時にもう1つ伸び切れないシーンが。前走も中団から徐々に押し上げて直線を向いたのですが、直線での進路取りに失敗して少し前が詰まることに。 その後、立て直そうとしてくれたのですが、今度はアンブロジオが他馬を気にした結果、内へモタれてしまいました。直線で大外へ持ち出していれば少し結果は違ったかもしれません。

前走後は一旦NF空港でリフレッシュし、8月中旬過ぎにNF天栄へ移動してきたのですが、到着後に歩様をチェックしたところ、左トモの歩様に少し気になる点を発見。軽めの調整で回復を促し、球節の治療で一旦良化したのですが、坂路へ連れ出したところで再度左トモの歩様を悪化させてしまいました。その後、トレッドミルを併用して慎重に進め直したところ、症状がぶり返すことはなかったですが、前走から間隔が空いてしまったのは一頓挫・二頓挫あったからです。そして先月21日に美浦・菊沢厩舎へようやく戻ってきました。

帰厩後は先週14日の福島・みちのくSへ向けて調整を進めていましたが、残念ながら除外の憂き目に。ここ数走は芝1200mにこだわって使ってきていましたが、当面、適条件がないので、1週スライドして芝1400mのここへチャレンジすることになりました。

まあ、東京の芝1400mというと、アンブロジオの若かりし頃のベスト条件。久々の舞台なのでムキになった追走となると最後止まってしまうかと思いますが、馬の気分に任せて追走できれば対応してくれそう。ただ、全体時計or上がりの時計が速くなると、アンブロジオには辛いでしょうねえ。帰厩後の調整・追い切りを見ると、ビシビシやれていないのは気になりますが、馬なり中心も丹念に時計はマーク。本数を重ねて素軽さは出てきているようです。まあ、除外で延びたこともあり、走れる態勢は整っているとは思います。

正直なところ、ここで好走するイメージは沸いてこないのですが、菊沢Jはアンブロジオの癖を十分理解してくれているので、まずはリズム良く走らせてもらい、直線では出来るだけ狭いところを避けるように乗ってきて欲しいです。ひとまずの目標は人気以上の着順ですが、何とか掲示板に乗れるかどうかのところまで脚を伸ばしてきてもらいたいです。