焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

マイナス体重での出走は予想外。レースは後方からじっくり進め、勝負どころで再度前と引き離された時はダメかなと思いましたが、勢いよく最後の直線を向き、最終障害を飛び終えてからグングン加速。オジュウチョウサンらを測ったように捉えるも、もう1頭前に勝ち馬。負けはしましたが、距離不足と思われたここでの連対は力を付けている証拠。叩いた上積みを見込んで次の大目標・中山大障害が楽しみになる。☆ブライトクォーツ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜阪神8R 京都ジャンプS(J3・障3140m)2着(4番人気) 西谷J

約7ヶ月ぶりの出走。まずまずのスタートから無理せず、道中は後ろよりを追走して行きます。大きなトラブルなく各障害をクリアして行き、最終障害飛越後はグングン脚を伸ばして前との差を詰めて、勝ち馬には届かなかったものの、2着を確保しています。

荒川調教師「オジュウチョウサンを交わすことが出来たものの、もう1頭前に馬がいたのは誤算でしたね。向正面でそこそこペースが流れましたが、そこで無理させなかったこともあって、直線は良い脚を使ってくれました。これまでもっと長い距離でないとなかなかエンジンが掛からない部分があったのが、休み明けだったにもかかわらずこれだけの走りを見せてくれるのですから、結果を残せなかったのは残念だったものの、上々の内容だったと思います。西谷誠騎手は『オジュウチョウサンを交わすことが出来たものの、まさかもう1頭前にいるとは・・。結果的にオジュウチョウサンをマークし過ぎてしまいました。申し訳ありません。ただ、厩舎・牧場の方がしっかり仕上げてくれていたので状態はとても良かったですし、休み明けということを考えれば良い形のレースが出来たのではないかと思います』と話していました。この後は暮れの中山大障害が視野に入ってくるかと思いますが、まずはレース後の状態をよく確認させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。先を急がず前半は後方から。タスキの手前からジワッと動いて前を射程に入れ、そこで流れに乗って追走。最終障害を飛んでからよく伸びてきた。オジュウチョウサンとビッグスモーキーを捉えてゴール寸前で2着へ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:12月26日の中山・中山大障害(J・G1)・西谷J

荒川師「走ったなりの疲労は脚元に見られますが、これはいつものことですので、ケアしてあげればスッキリしてくるでしょう。次走に繋がるレースはできたと思いますし、このまま問題なければ12月26日の中山大障害へ向かう予定です。今週いっぱいは軽めの運動でレースの疲労を取ってあげて、来週から乗り運動を開始していこうと思います」(11/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

約7ヶ月ぶりの実戦で次を睨んで多少余裕のある造りでココへ臨んでくるかなと見ていたブライトクォーツでしたが、発表された馬体重は前走からマイナス2キロの488キロ。スッキリ見せていましたが、馬体の張りが一息で正直『アレ?』という雰囲気に感じました。

レース運びに関しては、今回は後から行くんだろうなあと見ていましたが、ゲートを五分に出てスッと控える形。序盤は後方で淡々とマイペースに追走していました。そして襷コースのグリーンウォール手前からジワッとポジションアップして前を射程圏に。あとはどのタイミングで前に並び掛けていくか見守りましたが、向正面で先行していた3頭がペースアップした際に再度引き離される格好に。障害が残り2つというところでもかなり差が付いていたので、これで万事休すかと思いました。

そんな中、西谷Jとブライトクォーツは残り2つ目の障害を飛び終えてから再進出を開始。勢いよく差を詰め、内へモタれそうなところを立て直して最終障害へ。前に行っていた3頭はさすがに脚色が怪しくなる中、結果的に追い出しを我慢していたブライトクォーツがひと追い毎にグングン前へ。ビッグスモーキーと障害の絶対王者オジュウチョウサンを計算したように捉え切ったのですが、もう1頭前にタガノエスプレッソが…。1馬身ちょっとまで差を詰めたのが精一杯でした。折角、オジュウチョウサンに先着したのに印象が薄くなってしまいました。まあ、距離不足と思われたここで2着に食い込んだのは力を付けている証でしょう。

レース後のブライトクォーツは使ったなりの疲れはあるようですが、時間の経過と共に解消できるレベル。脚元のケアをしっかりしてくれれば大丈夫でしょう。ひと叩きして馬体に張りが出てくると思うので、上積みを見込んで秋の大目標・中山大障害へ駒を進めてもらいたいです。

また、レース後、オジュウチョウサンが脚を痛めてしまったようで復帰は来春以降というニュース。残念ではありますが、ブライトクォーツには何とも言えない追い風。そうなると最大のライバルは中山グランドJで先着を許しているメイショウダッサイでしょう。タガノエスプレッソの勢いは脅威も、中山大障害の適性は正直低いと思いますから。

まあ、まずは他馬の動向云々よりも、自身の調子を整えて、今回よりも数段動ける状態へ持っていって欲しいです。あとは無事に完走して結果が付いてくるかどうかですね。