焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

結果的に早仕掛けで前走は最後脚が上がってしまうも、捲っていく時の勢いにドキッとする。道中我慢して脚を温存することが出来れば1発あるかも。また、冬場の硬さ対策で馬なり主体も入念に乗り込んだ調整法が嵌ってくれれば。連続騎乗となる西村淳Jの手腕にも期待。☆ロードクエスト

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

11月15日(日)福島11R・福島記念(G3)・国際・芝2000mに西村淳Jで出走します。11月11日(水)良の美浦・坂路コースで2本目に53.1-39.3-26.2-13.3 馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手を0秒2追走して0秒3先着。追い切りの短評は「馬なり主体も入念」でした。発走は15時20分です。

○小島調教師 「先週の段階で概ね態勢は整っていた印象。11月11日(水)は3勝クラスを壁にして、微調整程度に走らせています。今の福島は特殊な馬場。オーソドックスに外を回すか、スペースが開いた際に突っ込むのか・・・乗り役と入念に打ち合わせを重ねたいです」

≪調教時計≫
20.11.11 調教師 美南坂良2回 53.1 39.3 26.2 13.3 馬なり余力 デピュティプライム(古馬3勝)末強目を0秒2追走0秒3先着

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回福島6日目(11月15日)
11R 福島記念(G3)
芝2000メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロードクエスト 牡7 57.0 西村淳也
1 2 トーラスジェミニ 牡4 56.0 木幡育也
2 3 バイオスパーク 牡5 55.0 池添謙一
2 4 レッドアネモス 牝4 55.0 吉田隼人
3 5 ワセダインブルー 牡5 54.0 大野拓弥
3 6 アドマイヤジャスタ 牡4 56.0 富田暁
4 7 テリトーリアル 牡6 56.5 石川裕紀人
4 8 マイネルハニー 牡7 55.0 宮崎北斗
5 9 ヴァンケドミンゴ 牡4 55.0 酒井学
5 10 マイネルファンロン 牡5 55.0 藤井勘一郎
6 11 ウインイクシード 牡6 56.0 松岡正海
6 12 マイネルサーパス 牡4 56.5 丹内祐次
7 13 デンコウアンジュ 牝7 56.0 柴田善臣
7 14 ソロフレーズ 牡5 53.0 江田照男
8 15 ドゥオーモ 牡7 53.0 藤岡康太
8 16 レッドローゼス 牡6 56.0 勝浦正樹 

○畠山助手 「久々ですが、相当入念に乗り込んで仕上がりは良好ですよ。前走は結果早マクりの形になりましたが、脚の使いどころひとつで距離克服は可能だし、鞍上も2走目なので感覚は掴んでくれているはず。展開がうまく嵌れば…」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年齢とキャリアを重ね、少しずつ操縦性が高くなってきたロードクエスト。今なら中距離の方がむしろ合うかもということで前走は芝2000mの小倉記念へ挑戦。馬が行く気になったところで逆らわずに動き出し、4角を回ってくる時の脚色は上々。直線を向いて一瞬突き抜ける雰囲気もあったのですが、結果的に動き出すのが早くて脚が上がってしまうことに。結果として8着に敗れましたが、見せ場たっぷりのレース内容に好感。もう少し仕掛けを我慢できていれば、着順は大きく変わっていたかもしれません。

前走後のクエストは千葉・ケイアイファームで充電生活。早くからここを目標に据え、牧場・帰厩後の調整+追い切りは馬なりばかりですが、入念に乗り込まれています。寒い時季はどうしても硬さが出る馬なので、この調整法がマッチしていれば良いのですが…。

レースプランとすれば、前走同様に馬の行く気に委ねる競馬になると思いますが、最内枠に入りましたし、道中は内々でじっと我慢する形になるでしょう。そして勝負どころからそのまま内を突くのか、外へ持ち出して捲っていくのかを選択してもらえればと思います。緩やかにスピードアップ出来るのなら良いのですが、GOサインが出るとグンとギアが上がる不器用さ。西村淳Jは連続騎乗となりますが、1回だけの騎乗ではクエストを上手に乗りこなせないかなあ…。西村淳Jの騎手としてのセンスも問われます。

年が明ければ8歳となるロードクエスト。大きな故障なくここまで来ていますし、馬自身も老け込むことなく活気十分。中距離路線への転向で1つ・2つと重賞勝ちの勲章を狙っていってもらいたいです。