焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

当初予定していた福島戦が除外確実の為、阪神のここへ矛先を向ける。距離が幾分長く、手前の替え方が下手な分、伸びあぐねる姿が今から目に浮かぶ。テン乗りとなる横山武Jの手腕でどこまで上位へ押し上げることが出来るか。★クレッセントムーン

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレーバー

日曜阪神7R 3歳上2勝クラス(ダ1800m)4枠6番 横山武J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで時計

高野師「当初、11月14日の福島・相馬特別を予定していましたが、除外確実でしたので、11月15日の阪神・ダ1800mに横山武Jで投票させていただきました。11日の追い切りは2歳新馬と併せて行いましたが、最後まで相手のペースに合わせる余裕があり、軽く促す程度でスッと伸びていきました。調子が非常に良く、いい状態に仕上がっていますよ。1800mだとラストの伸び脚が甘くなってしまいますが、阪神ではそれなりに実績を残していますし、手前も広いコースで右回りならスムーズに替えてくれると思います。ブリンカーを着けてから良いポジションでレースを運ぶことが出来るようになっているので、展開と立ち回り一つでチャンスがあると思っています」(11/12近況)

助 手 8栗坂重 57.4- 41.8- 27.0- 13.2 馬なり余力 フィアーノロマーノ(古オープン)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 11栗坂良 54.8- 39.3- 25.0- 12.3 馬なり余力 アイリスクォーツ(新馬)一杯と同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神4日目(11月15日)
7R 3歳上2勝クラス
ダ1800メートル 指定 混合 定量 発走13:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フェイバリット 牡3 54.0 斎藤新
2 2 クリノカポネ せ5 57.0 古川吉洋
3 3 マテンロウスパーク 牡3 55.0 横山典弘
3 4 セヴィルロアー 牡6 57.0 和田竜二
4 5 メイショウダジン 牡3 55.0 幸英明
4 6 クレッセントムーン 牡4 57.0 横山武史
5 7 ヴィーナスフローラ 牝6 55.0 戸崎圭太
5 8 ペルルドール 牝3 53.0 坂井瑠星
6 9 サウンドサンビーム 牡3 54.0 団野大成
6 10 マイネルアストリア 牡3 55.0 内田博幸
7 11 ロフティネス 牡4 57.0 松山弘平
7 12 アサカディスタンス 牡6 57.0 小牧太
8 13 アドマイヤビーナス 牝4 55.0 浜中俊
8 14 ブリッツシュラーク 牡6 54.0 泉谷楓真

○高野師 「右回りの方がいいタイプ。1800mは少し長い気がしますが、乾いたダートなら」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これまでのレースぶりから距離は1600mがベストかなと感じていたので、前走の東京・ダ1600mはこれまでと違った姿を見せてくれないかなと楽しみにしていたのですが、根本的に左回りがダメだという結論にはガッカリ。手前の替え方が下手なので直線の長いコースは合わないイメージはあったのですが…。東京への長距離輸送も良くなかったように思います。

前走後、約1週間ほどNFしがらきでリフレッシュし、現状で1番力を発揮できそうな小回り・ダ1700mの福島・相馬特別へ向けて態勢を整えてきましたが、特別登録が多く、除外確実な情勢に。そこで矛先を1勝クラスを勝っている阪神・ダ1800mのここへと向けてきました。追い切りに関しては前走からそれほど間隔が空いていないので、ソフトな仕上げですが、坂路での脚取りは軽やか。ひと叩きした効果は少なからず見込めると思います。

あと、距離が少し長いこと+手前の替え方が下手ということから、脚の使いどころが正直難しいです。距離を意識してじっくり構えても、直線で手前がスッと替わらないと伸びは半減するでしょうし、前々で立ち回ると最後は苦しくなってしまいます。正直なところ、最後の直線で先頭に立つ姿は想像しがたいです。あとはテン乗りとなる横山武Jの手腕でどこまで上位へ導けるか。そこに期待したいと思います。