焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳関西牡馬・入厩組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日にCWコースで追い切り
・次走予定:中京9月19日  メイクデビュー中京・ダ1800m(川田J)

西園師「9日の追い切りでは、追走し、最後の直線で古馬2勝クラスのタガノビューティーと併せて時計を出しましたが、格上相手に対して最後まで食らいつく根性を見せてくれました。強め1本目としては水準以上に動いてくれましたし、仕掛けてからの反応・動きともに申し分なかったですよ。デビュー前にこれだけ動けばレースでもしっかり力を出し切ってくれそうですし、1週前としては良い状態に仕上がってきていると思います。負荷を掛けた後も疲れた様子は見せず、普段と変わらない表情で過ごしていますし、今の状態を維持しながら来週のレースに備えていきたいと思います」(9/10近況)

助 手 6CW良 60.8- 44.5- 12.6 馬なり余力
助 手 9CW良 84.1- 68.0- 53.2- 39.6- 13.0 追って一杯 タガノビューティー古馬2勝)一杯の内を0.2秒追走5F併同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日にCWコースで追い切り
・次走予定:中京9月20日・ダ1200m(北村友J)

池添学師「9日の追い切りでは、道中は前の馬を追いかける形で、最後の直線で古馬2勝クラスの馬と併せましたが、体重の軽い見習い騎手が騎乗していたとはいえ、仕掛けてからの伸び脚はとても良かったですよ。この中間はなるべく前ノメりにならないよう、良いところで抱えながら徐々に脚を伸ばすような調教を行っていますが、徐々に首を使って走ってくれるようになってきましたし、効果は感じられますよ。脚を溜めるところを作れるようになれば、今回の追い切りのように終いはしっかり伸びてくれると思うので、今の調教を継続しながら良化を図っていきたいと思います」(9/10近況)

助 手 6栗坂良 56.7- 41.2- 26.6- 12.8 一杯に追う
見 習 9CW良 83.0- 67.3- 53.2- 39.0- 12.7 一杯に追う グッドヘルスバイオ(古馬2勝)一杯の内1.4秒追走0.7秒先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計
・次走予定:中京9月26日 メイクデビュー中京・芝1400m(福永J)

担当助手「帰厩した後も問題なく、10日に坂路で時計を出してみましたが、動きが重く、反応も鈍かったです。気持ちは走る方に向いているものの、体がついてこない感じでしたので、もう少し引き締めていかないといけませんね。しっかり負荷を掛けたのは今回が初めてですし、レースまでまだ少し時間があることを考えると、本数を重ねて行くにつれて動けるようになってくると思います。ゲート試験を受けた時よりもトモに力強さを感じますし、普通キャンターでは良い走りを見せているので、あと2週間しっかり仕上げて良い状態でデビュー戦を迎えられるよう努めていきたいと思います」(9/10近況)

助 手 10栗坂良 54.7- 39.8- 25.5- 12.8 一杯に追う ジュノー(新馬馬なりに0.2秒先行クビ遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日に坂路コースで時計
・次走予定:10月3日の中京・ダ1800m

杉山師「乗り出した後も問題なく進められていたので、9日に坂路で時計を出しました。帰厩して最初の追い切りとはいえ、全体の時計を考えると、道中の息づかいや動きが重かったですね。でも、これでピリッとしてくるでしょうし、来週もしっかり負荷を掛けてどれだけ動けるようになっているか確認したいと思っています。体はゲート試験を受けた時よりも良くなっていますし、素質の高さは感じているだけに、しっかり仕上げて良い状態でデビュー戦を迎えられるよう努めていきたいと思います」(9/10近況)

助 手 9栗坂良 57.1- 41.5- 27.3- 13.6 一杯に追う ファッシネイター(新馬馬なりに0.2秒先行0.6秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロコポルティは先週同様に9日の追い切りで格上タガノビューティーとの併せ馬を敢行。追走して最後まで食らい付いているのは好印象ですが、全体時計はそこまで速くなく、ラスト1ハロン13秒0も強調できるものではありません。まあ、このひと追いでどこまで良くなってきてくれるかでしょう。

イルデレーヴはこの中間も順調に来ていますが、追い切りは上がり重点で行い、脚を溜めることを教えさせています。スピード自体は良いモノがあるので、それを終いの伸びに繋ぐことが出来れば、未勝利はすぐ勝てる筈です。

ピクシーナイトは10日の追い切りで同期と坂路での併せ馬を消化。脚色で見劣り、最後は遅れてしまいましたが、相手の方が追い切りが進んでいますし、体重の軽い松若Jが騎乗。ラスト2ハロンは12.7-12.8と踏ん張ることが出来ているので、初めてビシッとやったことを考慮すれば悪くないでしょう。馬体が引き締まってくれば変わってくると思います。

アリーヴォは9日に帰厩後の初時計をマーク。同期の牝馬に先行してアッサリ遅れたので心配になりましたが、杉山師は素質を評価してくれているようですし、このひと追いで良い意味でピリッとしてきてくれれば。あとは来週の追い切りでどこまで動けるようになってきてくれているかです。