焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

最内枠と馬場が渋った中での58キロは試練も、前走後にNF空港で丹念に乗り込まれて更にパワーアップ。ここも正攻法の競馬からきっちり抜け出し、G3連勝で秋の最大目標のスプリンターズSへ向けて弾みをつけて欲しい。☆ダイアトニック


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜札幌11R キーンランドC(G3・芝1200m)1枠1番 武豊

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:26日に札幌芝コースで追い切り

安田隆師「26日に札幌芝コースで追い切りました。体は仕上がっているので、オーバーワークにならないよう、今週も藤岡佑Jに調教をつけてもらいました。追い切った後に話を聞いたところ、『先週よりも硬さは気にならなかったですし、状態は非常に良いですね。負荷を掛け過ぎないように時計を出しましたが、軽く促しただけでスッと反応してくれました』と話していました。栗東トレセンと違って、札幌競馬場は涼しくてとても過ごしやすいようで、活気に満ち溢れています。前走のようにスムーズなレースが出来れば、あれだけあっさり勝ってくれるのですから、今回も同じようなレースが出来ると良いですね。今週末は雨予報らしいので、58キロの斤量がどれだけ影響するか心配ですが、重馬場は苦にしないタイプだけに、今回も対応してくれると思っています。あくまで目標は先ですが、ここを勝てばサマースプリント制覇の可能性が広がるだけにしっかり力を示してもらいたいですね」(8/27近況)

助 手 23札ダ良 59.2- 43.5- 14.1 馬なり余力
藤岡佑 26札芝良 69.2- 53.4- 38.1- 12.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回札幌6日目(08月30日)
11R キーンランドC(G3)
芝1200メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ダイアトニック 牡5 58.0 武豊
1 2 イベリス 牝4 54.0 横山武史
2 3 ダイシンバルカン 牡8 56.0 勝浦正樹
2 4 ビリーバー 牝5 54.0 杉原誠人
3 5 メイショウショウブ 牝4 54.0 横山典弘
3 6 ショウナンアンセム 牡7 56.0 石川裕紀人
4 7 メイショウカズヒメ 牝6 54.0 柴山雄一
4 8 カッパツハッチ 牝5 54.0 大野拓弥
5 9 ダイメイフジ 牡6 56.0 菱田裕二
5 10 クールティアラ 牝4 54.0 丹内祐次
6 11 フィアーノロマーノ 牡6 56.0 藤岡康太
6 12 ライトオンキュー 牡5 57.0 古川吉洋
7 13 アスタールビー 牝4 54.0 吉田隼人
7 14 エイティーンガール 牝4 54.0 坂井瑠星
8 15 ディメンシオン 牝6 54.0 松田大作
8 16 ヤマカツマーメイド 牝3 51.0 池添謙一

○岩本助手 「1週前に芝でビシッとやったことで、馬に前向きさが出てきました。乗り手に従順で、以前に比べると競馬に幅が出ています。ここも好勝負を期待しています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

キーンランドC】ダイアトニック円熟!重賞V2へ弾んだ馬なり12秒5(スポニチより)

夏の短距離王襲名だ。サマースプリントシリーズ第5戦「第15回キーンランドC」(30日、札幌)の追い切りが26日、札幌競馬場で行われ、函館スプリントSを制したダイアトニックが迫力満点の動きを披露。重賞連覇へ万全の態勢を整えた。

抜群のフットワークで絶好調をアピールした。ダイアトニックは芝コースで単走追い。序盤はゆったりした入りでリズム重視。4角手前から徐々にペースを上げて直線に入った。鞍上の藤岡佑(レースは武豊)は手綱を握ったまま。それでもバネのある弾むような走りで、5F69秒2~1F12秒5を馬なりでマークした。岩本助手は「いい動きでしたよ。ハミの取り方が良くなってきましたね」と合格点。高松宮記念3着→函館スプリントS1着と芝1200メートルを2度経験したことで体形に変化が出てきた。

「速筋が発達して、短距離馬らしい体つきになってきました。以前までは体質の弱い面があったけど、レース後の反動も少なくなって、本当に体は強くなりました。栗東トレセンと比べて、涼しい札幌で調整ができているのもいいのだと思います」

前走の函館スプリントSは58キロをモノともせず2番手から押し切りV。2着ダイメイフジに2馬身差をつけ、格の違いを見せつけた。

「想像以上に強い内容でした。まさに横綱相撲でしたね」と振り返る。デビューから芝1400~1600メートルを主体に使われてきたが、今春に芝6Fに専念したことが正解。素質馬がついに本格化を遂げた。前走で初コンビを組んだ武豊は「素直で乗りやすい馬ですよ」とパートナーを評価する。続戦騎乗となる今回はさらに良さを引き出す。

「前回は開幕週のような馬場で前有利だったけど、今回は札幌開催が終盤なので、それを頭に入れておきたい。前に行ったり、控えたりといろいろできる。自信を持って臨みたいね」

スプリント界の主役へ。重賞連勝で秋の大舞台に臨みたい。昨年のダノンスマッシュに続き、安田隆厩舎がキーンランドC連覇を目指す。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G1・高松宮記念で痛恨の不利を受けるも、初めての芝1200mで適性の高さを示したダイアトニック。それを受け、秋のスプリンターズSを最大目標に函館スプリントS→キーンランドC→スプリンターズSというローテをいち早く組んできました。

前走の函館スプリントSは58キロを懸念しましたが、好発から積極的なレース運び。直線を向いて早々に先頭へ躍り出ると、2着馬に2馬身長差をつける完勝。この距離でこの着差は単純に能力の違い。まずはしっかり結果を出せ、ホッとしました。

前走後はNF空港で再調整。暑さに弱い馬なので状態の維持が重要になってくると見ていましたが、蒸し暑さのない気候が過ごしやすそう。この中間に牧場で鍛えられたことでダイアトニックは更に充実一途。4歳の秋へ向けていよいよ本格化してきたと言っても良いでしょう。

帰厩後の追い切り・調整ですが、硬さが目立つことなく、ひと追い毎に上昇。1週前追い切り+最終追いは藤岡佑Jが手伝ってくれましたが、この馬らしい回転の速いフットワークを披露。唸るような感じで駆け抜けていました。

レースは当日の雨模様で馬場の悪化は回避できないでしょうが、道悪は苦にしませんし、有力馬が苦にする分、優位さは出てくるでしょう。ただ、58キロを背負うので、克服することは楽ではありません。最内枠と極端なところに入ったのもちょっと嫌ではありますが、そこは継続騎乗となる武豊Jの手腕に期待。多少出遅れたとしても、二の脚の速さで挽回が利く筈。まあ、自分の競馬が出来れば、自ずと結果は付いてくると信じています。ここも勝って、インディチャンプ・グランアレグリアと強豪G1馬が待ち構えるスプリンターズSへ向け、弾みをつけてもらいたいです。