焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走でよもやの大敗。それが尾を引いているとは思いたくないも、追い切りの動きはやや物足りない。中山への長距離輸送で絞れてピリッとしてきて欲しい。1200mでは正攻法の競馬が続くも、脚が溜まれば良い末脚を使える馬なので、グランアレグリアをマークする形で進めたら面白いかも。有力馬を内に封じ込めて直線を向いて欲しい。☆ダイアトニック


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜中山11R スプリンターズS(G1・芝1200m)5枠9番 横山典

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:30日に坂路コースで時計

安田隆師「30日に坂路で時計を出しました。先週しっかり負荷を掛けているので、今週は終いの反応を確かめる程度に抑えましたが、重い馬場に堪えることなく、最後まで機敏な走りを見せていましたよ。運動後も硬さは感じられず、歩きがしなやかですし、函館競馬場へ移動する前より馬の雰囲気は良いですね。函館スプリントSの時は栗東である程度仕上げてから函館競馬場へ移動しましたが、キーランドSの時は周回コース主体での仕上げとなり、そこまでハードに攻めていない分、闘争心に火が付かなかったのかもしれません。また、洋芝の緩い馬場が堪えたところもありますし、レース後は息の入りも早く、力を出し切れずに終わってしまったようですから、悔いのない仕上げで臨める今回は巻き返しが期待できるはずです。ダイアトニックの持ち味を引き出すには、外から仕掛けて行くより、内でロスなく運んで一瞬の脚を活かす形がベターだと思うので、後は横山典弘騎手の手綱捌きに賭けて、その時の状況に合わせてレースをしてもらいたいと思います」(9/30近況)

助 手 27栗坂良 56.6- 41.1- 26.8- 13.5 馬なり余力
助 手 30栗坂良 54.3- 39.9- 25.3- 12.3 強めに追う ケイデンスコール(古オープン)馬なりを0.9秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山9日目(10月04日)
11R スプリンターズS(G1)
芝1200メートル 3歳上OP 指定 国際 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ダイメイプリンセス 牝7 55.0 秋山真一郎
1 2 モズスーパーフレア 牝5 55.0 松若風馬
2 3 ダノンスマッシュ 牡5 57.0 川田将雅
2 4 キングハート 牡7 57.0 北村宏司
3 5 メイショウグロッケ 牝6 55.0 浜中俊
3 6 ライトオンキュー 牡5 57.0 古川吉洋
4 7 ミスターメロディ 牡5 57.0 福永祐一
4 8 ダイメイフジ 牡6 57.0 菱田裕二
5 9 ダイアトニック 牡5 57.0 横山典弘
5 10 グランアレグリア 牝4 55.0 C.ルメール
6 11 ラブカンプー 牝5 55.0 斎藤新
6 12 ビアンフェ 牡3 55.0 藤岡佑介
7 13 レッドアンシェル 牡6 57.0 M.デムーロ
7 14 エイティーンガール 牝4 55.0 池添謙一
8 15 クリノガウディー 牡4 57.0 三浦皇成
8 16 アウィルアウェイ 牝4 55.0 松山弘平

安田隆師 「重馬場もこなしていたけど、前走は斤量も背負っていたし、馬場が特殊過ぎました。でも、それまでは競馬の内容がどんどん良くなっていたし、今年に入って力をつけています。僚馬ともにチャンスのある馬だと思うし、良馬場なら」(土曜・競馬ブックより)

安田隆師 「外じゃなければいいかなと思っていました。輸送もあるので余裕残しの調整でしたが、追い切ってからいい感じのようです。力をつけているし、良馬場でやれればいい結果を出せると信じています」(日曜・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スプリンターズS】ダイアトニック余力残し4ハロン54秒3(サンスポより)

ダイアトニックは、栗東坂路で併せ馬。ゴール前で仕掛けられて4ハロン54秒3-12秒3をマークし、ケイデンスコール(OP)と併入した。

「北海道から帰ってきてからも順調です。輸送もあるし、十分に余力を残していきました」と安田隆調教師。前走は重馬場の最内枠で58キロもこたえて15着に大敗したが、春の高松宮記念では不利を受けながら3着(4位入線から繰り上げ)。G1で通用する能力を秘めている。指揮官は「前走は馬場に泣かされました。良馬場なら(ダノン)スマッシュを脅かす存在になると思います」と期待する。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スプリンターズS】ダイアトニック テン乗り名人・横典が導く!当日初コンタクトも「素直に楽しみ」(スポニチより)

16頭中9頭が前走から鞍上をチェンジ。07年アストンマーチャンを最後に乗り替わりの馬は勝っていないが、データを無視してでも注目したいコンビがいる。ダイアトニック×横山典だ。ただの乗り替わりではなくテン乗り。調教騎乗もなく、レース当日が初コンタクトとなる。これまで敵として戦う中で“いつかこの馬に乗りたい”と感じていたという名手の心中は。

「実績を見ても何も言うことがない馬。こういう素晴らしい馬に乗りたいと思うことはジョッキーとして普通のこと。今回こうしてオファーをもらって本当にありがたいし、素直にレースを楽しみにしているよ」。

G1通算26勝。うち5勝をテン乗りで挙げている。上位人気に応えたセイウンスカイ(98年皐月賞)、ゴールドシップ(14年宝塚記念)。若駒を手の内に入れたスティンガー(98年阪神3歳牝馬S)、メジロベイリー(00年朝日杯3歳S)。大逃げで観衆を驚かせたイングランディーレ(04年天皇賞・春)。全て鮮烈な勝利だった。

「ダイアトニックはこれまでのレースでいいところをいくつも見せてくれている。厩舎の方から話も聞いているし初騎乗でも情報はたくさんある。あとはやることはいつもと同じ。競馬で一生懸命乗るだけ」。テン乗りの不安は微塵(みじん)も感じさせない

安田隆厩舎にとって、横山典起用は勝負のタクト。近10年で45回タッグを組んで13勝と驚異の勝率28・9%をマークしている。先月13日にはトロワゼトワルで京成杯AH連覇を達成したばかりだ。

「安田先生と厩舎スタッフはスペシャリストだからもちろん信頼している。いい状態でレースに出してもらって、自分も全力で乗る。それでどういった結果になるか」

前哨戦のキーンランドCは泥んこ馬場に最内枠と悪条件が重なり、勝ち馬から2秒3も離されてゴール。スプリントG1で、前走2秒以上の大敗から巻き返して優勝した馬はいない。東の名手のステッキが、史上最大の逆襲劇への起爆剤になるか。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆「良馬場なら」〔9〕ダイアトニック(サンスポより)

高松宮記念の3着馬は、僚馬ダノンスマッシュとともに午前11時48分に中山に降り立った。「前走後は順調に調整できました。去年の暮れからすごくしっかりしてきました。良馬場ならいい結果を残してくれると信じています」と安田隆師。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めてのスプリント戦となった高松宮記念は最後の直線で痛恨の不利。ソラを使うところがあるので、あれがなければ勝てたとは言い切れないも、タラレバを言いたくなるような大激戦を演じたダイアトニック。その後はスプリンターズSを最大目標に、函館スプリントS→キーンランドCというローテを選択。函館スプリントSは早め先頭から2着馬に2馬身差をつける快勝劇で弾みを付けてくれたのですが、サマースプリント王を手中にするつもりだった前走のキーンランドCはよもやの大敗。

これまで渋った馬場でも頑張ってくれていたので、正直アレ?!という敗戦でしたが、内が泥んこ馬場になっていたので最内枠が応えましたし、あれだけ馬場が悪くなると、58キロという斤量は大きな不利になってしまいます。ホップ・ステップ・ジャンプでG1制覇と思い描いていたのですが、ステップとなるキーンランドCで落とし穴にはまるとは…。

幸い、最後は無理して追ってなかったので、レース後の疲れ・ダメージは軽減。疲れが残るようなら短期放牧を挟むことを検討していましたが、北海道から戻ってきた後は在厩調整へ。しっかり疲れを取り除いてから負荷を高めてきましたが、1週前追い切り・最終追い切りは春先の勢いがあった頃の動きと比較すると物足りないのは事実。もう少し楽に坂路を駆け上がってくる馬ですが、迫力が足りないように思います。少し馬体に余裕があるのかなあ? 上がり重点ながら併せ馬で追われたこと+中山への輸送で馬体が引き締まってきて欲しいです。

相手関係に目を遣ると、春の高松宮記念の再戦ムード。例年スピード決着になるスプリンターズSですが、今の中山は少し時計の掛かる馬場。パワータイプなのでダイアトニックには良い傾向でしょう。安田隆師は内目の枠を希望していましたが、土曜の馬場を見ると差し馬に優位な傾向。ほぼ真ん中のここなら臨機応変に対応できるでしょう。1200mではスタートの良さから正攻法の競馬で臨んでいましたが、1400mのスワンSや安土城Sは出たなりの位置で脚を溜め、33秒台の末脚を駆使して勝っています。ですので、今回は隣のグランアレグリアをマークする形で進めたら面白いかも。そして4角を回ってくる時には有力馬を内へ閉じ込めて欲しいです。まあ、乗り方に関してはテン乗りとなる横山典Jの手腕・感性におまかせですが、メリハリを付けた騎乗で1発を狙って欲しいです。前走の敗戦で良い流れを欠きましたが、負けたことで気楽かつ攻めていけると思うので、悔いのない戦いを見せてもらいたいです。