焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

クラスが上がってテンに行けなくなってしまったも、鞍上の巧みな捌きで中団からブレーキを掛けずに追い上げることが出来たのが勝因。ゴール前でライバルをきっちり捉えての3勝目。まだまだ伸びシロはあると思うので、今後も強い相手に揉まれながら力を付けていって欲しい。☆シェダル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル(牡・栗田)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

日曜札幌10R 大通公園特別(ダ1700m)優勝(2番人気) 横山武J

五分のスタートを切ると、道中は中団前目に付けます。勝負どころを促しつつロスなく回って行き、直線で前が開くと一完歩ずつ差を詰めて、ゴール前で計ったように2着馬を捉え、見事に3勝目を挙げています。

栗田調教師「おめでとうございます。武史(横山武史騎手)が上手く気持ちを切らさないように乗ってくれましたが、小回りでもこうして結果を残せたことは良かったですね。それに、内枠だったら包まれて身動きが取れなくなり苦しくなっていたかもしれませんが、外目の枠に入ったことで他馬に邪魔されず、スムーズに進められたのも良かったです。まだ入れ込むことがあったり精神面で成長してきて欲しい部分はありますが、そこのバランスが取れてくれば、さらに活躍してくれそうで今後が楽しみですね。この後はトレセンに戻して、よく状態を確認させていただきたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押して中団。外めで流れに乗って、向正面でブラックとモンオールが動いたあと、3角から進出開始。4角では内めをうまく立ち回って距離を稼いで射程圏に。直線は先に抜け出したロンドンを目標に追い上げ、最後まで止まらず脚を使ってゴール前できっちり捉えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:軽めの調整

栗田師「先週はありがとうございました。最後まで気持ちが続けばあのように良い走りをしてくれますし、この馬のポテンシャルの高さを改めて感じました。レース後は特に馬体に異常はありませんでしたが、どうやら馬房内でぶつけたのか、右のまぶたの上辺りに少し擦り傷が見られます。大したことはありませんので、心配しなくても良いでしょうが、傷口が広がらないようケアしていきます。今後は明日美浦トレセンに戻して、再度こちらでも馬体をチェックさせていただき、問題なければ週末にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただく予定です」(8/26近況)

⇒⇒29日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。(28日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自己条件から出直しとなった前走。初めての古馬との1戦ながら圧倒的人気を集めるも、先手を奪えずに馬群で揉まれる苦しい競馬となったシェダル。勝負どころで上手に内々を立ち回り、直線はこの馬なりにジリジリ伸びて挽回してくれましたが、上位2頭に迫ることは出来ずに3着。レースの形は作ってくれましたが、3着という結果には正直物足りなさを感じていました。

前走後はNF空港へ移動し、コツコツ乗り込みを消化。レースの疲れもなく、ジワッと状態が上がってきたことから再度札幌戦へ使うことを計画。札幌競馬場へ移動後は丹念に追い切りを重ねてきましたが、ひと叩きした効果か前走時の追い切りよりも活気があって、動きは良化。これなら前進が見込めるし、外目の枠を引き当てれば、面白いと見ていました。

レースでは希望通りの枠を引き当て、滞在競馬でもマイナス4キロと引き締まった馬体をキープ。良い雰囲気でレースを迎えることが出来ました。

スタートはマズマズ出てくれたのですが、二の脚は平凡。今回もテンに速い馬が多かったので、シェダルはまさかの中団からの競馬に。ワンペースで決め手に欠けるこの馬には苦しい展開になってしまいました。また、レースの流れは思いのほかスローに。向正面でこの流れを嫌ったブラックカードが一気に捲っていき、モンオールもそれに続くことに。それに対してシェダルは捲り2頭に付き合うことはなく、3角過ぎから内目をスルスル前進。4角を回ってくる時の手応え・反応はちょっと鈍かったですが、横山武Jの叱咤激励にシェダルは頑張ってくれました。

直線では先に抜け出したロンドンデリーエアの進路を生かしてスムーズに2番手へ。あとはロンドンデリーエアに並び掛けていくだけでしたが、残り200m地点ではちょっと届かないかなという印象。それでも横山武Jは諦めずに押し上げて行くと、残り100mあたりでロンドンの末脚に陰りが見えると、そこからは一完歩ずつ差を詰め、ゴール前ではきっちり交わしてくれていました。

シェダルにとって、時計の掛かるパワー勝負になったのが味方してくれた感じですし、勝負どころからブレーキを踏むことなく追い上げることが出来たのが勝因でしょう。どこかで手綱を引く場面があれば、最後伸びてきても勝つのは困難だったでしょうねえ。

レース後のシェダルですが、馬房で少し暴れたのか、右のまぶたの上辺りに少し擦り傷を確認。大事には至らないも、傷が広がらないように注意をお願いします。一旦、美浦へ戻ったシェダルは29日にNF天栄へ放牧に出る予定です。

 今回、幾らか恵まれた部分もあったと思いますが、シェダルとすればレースに幅が出たと思いますし、心身にまだまだ幼さを残す現状なので、伸びシロは十分あります。ただ、3勝クラスになると、時計が速くなってよりタフな競馬に。即通用とはいかないと思います。シェダルには強い相手に揉まれることでシュンとせず、経験を次に反映できるように学習していってもらいたいです。そしていずれは3勝クラスを突破し、OP勝ち・重賞勝ちに手が届くような活躍を見せて欲しいです。