焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走後、トモに不安が出ることなく、牧場で丹念な乗り込み。馬は更に良くなっていると思いますが、検疫が取れずに帰厩が延びてしまったのは誤算。追い切りでは前走時ほど動けず。昇級戦にもなるので過度の期待はどうか…。☆リアンティサージュ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ(牡・須貝)父オルフェーヴルローブティサージュ

土曜札幌9R ルスツ特別(芝2600m)1枠1番 C.ルメールJ

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:26日に札幌芝コースで追い切り

須貝師「26日に札幌芝コースで追い切りました。ルメール騎手に感触を確かめてもらいましたが、まだ幼いところがありながらも動きは良かったと言っていましたので、レースを使う毎に良くなってきていると思います。しっかりするのはもう少し先になると思いますが、レースに行けばいい勝負根性を見せてくれるので、ルメール騎手には諦めずに最後まで追ってもらうよう伝えておきます。前走は2600mの距離に対応してくれるか半信半疑なところがありましたが、正攻法のレースで最後までバテずに頑張ってくれたことを考えると、昇級戦でも対応してくれると思っています。ここを勝ち上がればこの先がますます楽しみになってくるだけに、良い走りを期待したいですね」(8/27近況)

助 手 23札ダ良 54.2- 40.0- 13.2 一杯に追う
ルメー 26札芝良 77.7- 62.3- 48.7- 35.4- 12.7 強めに追う ヴェローチェオロ(新馬馬なりの内0.1秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回札幌5日目(08月29日)
9R ルスツ特別
芝2600メートル 3歳上1勝クラス 混合 定量 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 リアンティサージュ 牡3 54.0 C.ルメール
2 2 ガニュメデスレイ 牡3 54.0 藤岡佑介
3 3 ラヴィアンレーヴ 牡4 57.0 横山武史
4 4 ポーラーサマー 牡3 54.0 黛弘人
5 5 モズナガレボシ 牡3 54.0 団野大成
6 6 ウインキートス 牝3 52.0 丹内祐次
7 7 ナリタアレス 牡3 54.0 古川吉洋
7 8 ナミブ せ4 57.0 荻野琢真
8 9 ダノンセレスタ 牡3 54.0 武豊
8 10 ウシュバテソーロ 牡3 54.0 大野拓弥

○須貝師 「前回は長い休み明けを考えれば強い内容。心肺機能が高く長丁場は合うし、ジョッキーも感触を掴んでいるようだから、昇級背も差のない競馬ができるのでは」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの不安で10ヶ月半ぶりの実戦(2戦目)となった前走。その中で一気の距離延長となる芝2600mを選んできた時には『期待は使ってから』になるのかなという思いがありました。

レースはスタートで後手を踏む形になりましたが、ポジションを挽回して正攻法の競馬へ。前に壁がない形でも折り合いを付け、淡々と進めることに。この辺りはさすがC.ルメールJというところ。幼さが残るので、勝負どころからの反応・手応えはさほど良くなかったですが、直線で逃げていた馬に馬体を接していくと勝負根性を発揮。じわじわ伸びて先頭を窺うと、外から伸びてきた2着馬の追撃も完封。アタマ+アタマと着差は僅かですが、これを凌ぎ切ったあたりは能力の賜物です。改めて力のある馬だと期待値がアップしました。

前走後はNF空港でリフレッシュ。ブランク明けで激走した疲れ・反動を心配しましたが、逆に1度使ったことでトモ等はシャキッとした感じ。順調に乗り込むことが出来ていたことから北海道でもう1戦することになり、このルセツ特別へ目標を定めてきました。

ただ、予定していた日に検疫が取れず、帰厩がズレ込んでしまったのは誤算。追い切りは2本やれてはいますが、10日競馬になったことで前走時ほど調教では動けず。幾分、急仕上げかもしれません。素材とすれば1勝クラスでもやれて当然ですが、古馬とも一緒に走ることになる昇級戦なので、過度の期待はどうかなと…。10頭立てと頭数が落ち着いたのはプラスです。

この距離(芝2600m)で未勝利→1勝クラス(特別)を連勝となると、菊花賞への出走が視野に入ってくるのでそうなって欲しい思いは強いですが、長い目で見て行きたい血統馬。まずは無事に走り終えてもらい、その中で内容のある走りを見せてくれれば良しとしたいです。そして、自滅する形での敗戦だけは避けてもらいたいです。