焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

内枠からハナを窺うと、後続を最大8馬身ほど引き離しての逃げ。折り合いはついていたも、2周目の向正面で急に内へモタれると一気に差が詰まってしまう。再度ギアを上げていきましたが、直線半ばでさすがに苦しくなって昇級戦は4着に終わる。★リアンティサージュ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ(牡・須貝)父オルフェーヴルローブティサージュ

土曜札幌9R ルスツ特別(芝2600m)4着(2番人気) C.ルメールJ

互角のスタートから促しながらハナへ立ち、後続馬を従えて最初のスタンド前を通過します。3コーナー手前で徐々に差を詰め寄られますが、ハナを譲らず最後の直線へ向き、そのまま粘りこみを図るも、ゴール手前で力尽き昇級初戦は4着でゴールしています。

須貝調教師「前走は休養明けの割には強い勝ちっぷりでしたし、ペース配分さえ間違わなければ昇級戦でも良い走りを見せてくれると期待していました。ただ、ハナにこだわる必要はなかったと思いますし、少し積極的にレースを運んでしまいましたね。レース後、C.ルメール騎手に確認したところ、『他に行く馬がいなかったので自然とハナに立つことになってしまいました。周りに馬がいないことで物見をしていましたが、ペースはそこまで速くなかったですし、良いリズムで走れていたと思います。そのまま粘ってくれると思いましたが、最後の最後で疲れてしまいました。結果的にもう少し控える競馬の方が良かったのかもしれません』と話していました。あれだけ積極的にレースを運んだ割には最後まで粘っていましたが、外から交わされたところで力尽きてしまいましたね。でも、クラスの目処は付いたと思いますし、展開次第で出番があると思います。この後はレース後の状態を確かめたうえで判断したいと思っていますが、変わりなければ連闘も視野に考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へメモ】

1周3角のコーナーワークでハナに立ち、後続を離して逃げる。ただ、向正面で一気に差を詰められると、追い比べではひと踏ん張りを欠いた。昇級戦ということを考えれば、悪くはない内容だが…。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 10日競馬での参戦で、急仕上げ+重目残りを懸念したリアンティサージュ。これまでパドックでは幼さを覗かせてきましたが、1度使って勝つことが出来たことで馬が自信をつけたようで落ち着き払った雰囲気で周回していたのにはビックリ。短期間で馬が良くなっていた証なんでしょう。

最内枠が当たっていたので、馬群で揉まれるのを嫌がってハナへ行くこともあるのかなと想像していましたが、今回はスタートが決まり、行きたい馬もいなかったで自然とハナヘ。行きたがった感じはなかったですが、後続を離し気味の逃げへ持ち込みました。最大で引き離した時は2番手に約8馬身差。C.ルメールJとすれば、かなり大胆に乗ってるなあと見ていました。ただ、2周目の向正面に入ったところから、急に内へモタれる素振り。2・3度ラチに接触しかけ、立て直しを余儀なくされると、一気に後続との差がなくなってしまいました。終わってみれば、ここが痛恨でした。

3角手前から再度エンジンを吹かしていきましたが、後続にピタッと迫られ、外から被せられそうになる苦しい展開。懸命に内から抵抗し、直線での追い比べに持ち込みましたが、外から交わされてしまうと、最後は苦しくなって失速。力尽きての4着に終わりましたが、初めての展開でリアンティサージュは我慢強く走ってくれました。その一方で逃げの作戦は褒められたものではなかったかも。レース後のC.ルメールJのコメントでも作戦失敗を匂わしています。

レース後のリアンティサージュですが、今週末で札幌開催が終了ということで、連闘での出走を視野に入れての調整過程。確定はしていませんが、5日の札幌・芝2000mを横山武Jとのコンビで予定しています。個人的にはこれぐらいの距離の方が合っていると思うので、好位追走から脚を溜め、持ち前の勝負根性を発揮して欲しいです。また、クラス2戦目となるので、最低限の目標として前回以上の着順でフィニッシュしてもらいたいです。