焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】フェイトカラーの19

f:id:yakifish:20200826064040j:plain

f:id:yakifish:20200513045835g:plain フェイトカラーの19(牡・大久保)父ジャスタウェイ

・在厩場所:7月27日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「こちらでは20時間の夜間放牧を行いつつ、ウォーキングマシンと追い運動での基礎体力強化に努めていましたが、体のバランスも整い、動きの質が良くなったことで腹袋が引き締まり、肩周りやトモの筋肉量の豊富さが際立つ馬体になっていました。元々、気の荒さが目立っていましたが、洗い馴致や鞍付け馴致を通じて人との関係を構築されたことで、メンタル面での成長が窺えました。スタミナ面・馬体面・メンタル面と充実した状態で育成厩舎経送り出すことが出来たので、次の調教ステージへ進めていくことが出来るでしょう。馬体重は461キロです」(8/15近況)

○馬体重 469キロ 体高 153.0センチ 胸囲 179.5センチ 管囲 21.0センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

腹袋のあるボテッとした馬体は好きではないのですが、心肺機能が高く、牡馬らしい気の強さが魅力のフェイトカラーの19。歩きを見ると、適度な前向きさを備えているので、気の強さがレースへ行っての勝負根性に繋がってくれそうです。

歩様は前の出が少し窮屈も、膝の関節はそこまで硬くはなく、トモの踏み込みは上々。体を上手に連動させてくれれば、良い推進力を見せてくれるかもしれません。

正直、未知数な部分は大きいですが、パワフルな馬体なので芝がダメでも、ダートで可能性を秘めるかもしれません。早めに育成厩舎へ移動できているのは1つ優位でしょうから、走りの基礎をしっかり固め、体全体を使った走りへ進化していって欲しいです。マイル前後での活躍を期待しています。