焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】ヴィアフィレンツェの20


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィアフィレンツェの20(牝・奥村武)父Almanzor

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「ここまで順調に夜間放牧を継続していることで、徐々に鍛え上げられた馬体に成長してきました。暑さにめげることなく、飼い葉食いは良好ですし、毛艶もピカピカで好調をキープしています。気性面も成長を見せ、洗い馴致もすんなりと受け入れてくれています。今後はもうひと回りの成長を待ってから、育成厩舎へ移動する予定となっています。馬体重は419キロです」(8/14近況)

○誕生日:3月16日生まれ
○育成:ノーザンファーム早来
○馬体重:408キロ 体高 151.5センチ 胸囲 172.0センチ 管囲 18.9センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グレイシャーパーク⇒リヴィアと海外血統の牝馬に出資してきましたが、今年、その海外枠(欧州枠)に該当するのがヴィアフィレンツェの20。

馬体写真を見て、首さしから背中・腰のラインが綺麗ですし、歩かせると重心が低く、前脚の可動域は広くく、トモの踏み込みは上々。利発そうな顔立ちもしています。

その一方、不安点は欧州血統なので、やはり日本のスピード馬場に対応できるかどうかに尽きますが、母の半弟はアドマイヤマーズ、母の全弟がフレッチアなので、希望を込めて、スピード馬場への対応力は意外にあるのかなという印象。胴伸びのある馬体なので、距離に関しては近親よりも長目の方が向いていそう。

あと育成段階で気になるというか注目したいのが、人間との信頼関係や育成が進んでいく中で着実に馬体増を遂げていくことが出来ているか。未知な部分が大きいので、過度の期待は控えたいと思いますが、掘り出し物にならないかなあ。