焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】ランニングボブキャッツの20

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ランニングボブキャッツの20(牝・堀)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:7月22日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「先月22日にノーザンファーム早来へ移動しました。移動まで夜間放牧を行いながら、装鞍や背慣らし、シャワーでの体洗いなどの初期馴致を順調に行うことが出来ました。容量のある馬体の張り・艶を保ったまま無事に移動させることが出来て何よりです。繁殖厩舎から移動してきて、移動日まで順調に過ごすことが出来ました。アカ抜けた馬体はもちろん、体幹がしっかりとしていて放牧地では弾むような走りを見せてくれていました。とても良い状態で育成厩舎へバトンタッチ出来たので、今後の成長が楽しみでなりません。馬体重は433キロです」(8/14近況)

○誕生日:2月15日生まれ
○育成:ノーザンファーム早来
○馬体重:440キロ 体高 152.0センチ 胸囲 176.5センチ 管囲 20.1センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

突き抜けるような活躍となるとどうかも、あらゆる面で高いレベルにありそうで、確実に走ってきそうな印象を持ったのがランニングボブキャッツの20。

歩様は硬めながらも、重心が低い中でも前脚の可動域はありますし、トモの踏み込みはマズマズ。キンシャサノキセキ牝馬なので気性面がどうなのか?ですが、動画を見る限りは気難しさは感じず、大人びている印象です。既に育成厩舎へ移動しているので、速い組で進めていければなあと思います。

適条件・距離はダートの短いところだと思いますが、マイルまでは何とか辛抱して欲しいところ。あとは父と母系の特徴をしっかり掴んでいると思う堀師・厩舎スタッフに上手に能力を引き出してもらえればと思います。どのくらいのスピードを秘めているのかな?