焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

約1年ぶりの出走でプラス18キロでの出走。数字ほど太くは見せなかったも、レースでの走りはモタモタ。距離も幾らか忙しかったですし、今回の敗戦は仕方ありません。経験を積みながら巻き返して欲しい。★ジーナアイリス


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュールディアジーナ

土曜新潟8R 3歳1勝クラス(ダ1200m)12着(4番人気) 三浦J

五分のスタートから促しますが、後方からレースを進めます。直線でも大外からジリジリと差を詰めますが、約1年ぶりの実戦は12着で終えています。

田村調教師「帰厩当初はスクミの症状を見せたり、体質の弱いところを見せていましたが、ここ最近はハードワークしてもへこたれることなく、しっかり調教をこなしてくれました。ただ、成長分とは言えまだ体全体に余裕がありましたし、ここを叩いて良くなってきそうです。皇成(三浦皇成騎手)は『かなり久々でしたので、息遣いは多少重たかったです。それに、体つきにも余裕がある感じでした。それでも道中の感じからは、このクラスで通用する力を持っていそうですので、もう少し距離が延びれば十分やれると思います』と話していました。最後は距離が忙しいこともあってバテた馬を数頭交わすのがやっとでしたが、着順以上に内容は悪くなかったので、次は巻き返せればと思います。骨折明け初戦ですので、トレセンでしっかり脚元の状態を確認させていただいて、今後の予定を決めさせていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/27日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

田村師「こちらとしても体調面に気を付けながらシェイプアップに努めていましたが、まだ少し馬体には余裕がありましたね。約1年ぶりのレースでしたし、叩いて上向いてくる部分はあると思いますから、次のレースへ活かしていければと思います。レース後は骨折経験のある両前脚を含めて特に異常は見られませんでしたが、無理せず一旦放牧に出したいと思います。ノーザンファーム天栄での状態を踏まえながら、次走の予定を検討していきたいと考えています」(8/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折での休養等で1年ぶりの実戦となったジーナアイリス。最初は坂路オンリーで進められてきましたが、Wコースでも時計を出せるまで体質強化。馬体が絞り切れていないのは分かっていましたが、本数を重ねて中身は案外整っているのかなと見ていました。実際、馬体重は前走から18キロ増。見た目にボテッとしている感じではありませんが、パドックでの脚取りは重いように見えました。

復帰の舞台に選んだのは前走で大敗を喫したダ1200m。その前走の凡走はレース中に骨折していただあろう影響が大きかったと思いますが、距離への対応力にも欠けていたと思います。そして、約1年の休養を挟み、余裕残しの馬体で挑んだ今回。走る前から追走に手間取る姿が目に浮かびました。

ゲートは五分に出てくれたジーナアイリスですが、二の脚がモタモタ。スッと流れに乗れなかったので、芝の部分では脚元に負担を掛けないようにソロッと乗っていたようにも見えました。結局、道中は後方から2~3番手での競馬。これまでは前へ行って粘り込むという競馬ばかりだったので、初めての差し・追い込みに戸惑いはあったでしょう。直線では大外へ持ち出すも、追われてからはジリジリという伸び。前との差を詰めることは出来ませんでしたが、懸命に脚を伸ばそうとしてくれました。結果は悪いですが、内容はそこまで悲観するものでもなかったと思います。

レース後のジーナアイリスですが、脚元等へ疲れ・反動はひとまず大丈夫そう。ただ、出走まで追い切り本数を重ねてきたように目に見えない疲れもあるでしょう。そこで無理を避ける形で27日にNF天栄へ放牧に出ることになりました。まずは疲れを取り切って、再度鍛え直されることで走りにキレ・素軽さが出てきて欲しいです。このクラスでもやれると思いますが、2~3戦ほどまだ経験を積む必要がありそうです。