焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

スタートは互角に出るも、自然と位置取りは最後方へ。折り合って距離ロスなく進めて3角過ぎからジワッと外へ。上位2頭に迫ることは出来ませんでしたが、直線では大外からジワッとエンジンが掛かるとその勢いは最後まで。最後の最後でハナ差交わして3着。良く頑張っています。☆ナイトバナレット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

土曜小倉10R 宮崎特別(芝1800m)3着(6番人気) 松若J

互角のスタートから無理せず最後方でレースを運びます。最後の直線で外に出して追われると、上位馬を捉え切るまで行かなかったものの、上がり3ハロンメンバー最速の34秒3の脚で、3着に上がったところでゴールしています。

矢作調教師「ここ最近は年齢的なズブさから折り合いが付くようになってきたので、今ならこの条件でも良い走りが期待できると思っていましたが、その通りの走りを見せてくれましたね。松若騎手も上手く末脚を活かすレースをしてくれて、上位2頭には及ばなかったものの、最速の上がりで良い脚を使ってくれましたし、この馬の力は出し切ってくれたと思います。レース後、松若騎手に聞いたところ、『スタートは問題なかったので、もう少し前でレースが出来ると思っていましたが、自分の形があるのか、もう一つ進んで行かなかったので無理しませんでした。勝負どころの手応えは良かったですし、最後まで良い脚で伸びてくれたので、展開次第でチャンスがありそうです』と話していました。この条件でこれだけ走れたのは収穫だと思いますし、今後の選択肢が広がりましたね。優先出走権を獲りましたので、トレセンに戻って状態を確認して問題なければ、もう1戦させたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ジワッと下げて最後方から。じっくりと脚をためて直線勝負。ラストは外からよく伸びていた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:小倉9月6日・西日本スポーツ

矢作師「小倉からトレセンに戻って状態を確認しましたが、走ったなりの疲れは見られるものの、与えた分の飼い葉はしっかり食べていますし、体調は変わりありません。番組としては前走と同条件の9月6日の小倉・西日本スポーツ杯を有力と考えていますが、中1週でもう一度小倉につれていくことになるので、あくまで馬の状態次第だと思っています。少しでも疲れが残っているようなら、無理せず第2回中京開催まで待つ方向で考えています」(8/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

時計の速い決着になると厳しいなあと思いつつ、手が合いそうな松若Jと2度目のコンビ結成となったナイトバナレット。まずは汗の掻きやすい季節+小倉への輸送でマイナス6キロと馬体が引き締まったのは好感。年齢とキャリアを重ねてズブさを増しているこの馬には良い意味でピリッとさせて出走することが出来たと思います。

以前はスタートで後手を踏むことが多かったナイトバナレットですが、ここ最近はスタートは安定傾向。今回もタイミング良くスタートを切ることが出来ました。ただ、自分のスタイルを理解しているナイトバナレットは自然と後方へ。松若Jは強引な競馬をせず、リズム重視の騎乗が多いので、ナイトバナレットの気分を損ねずに進めることが出来ると見ていましたが、折り合いが付き、気分良さそうに追走。道中は出来るだけ距離ロスに努めてくれました。

レースは逃げたギャッツビーと2番手追走のエイシンカリーノが後続を離した展開。馬群が縦長になったので、後方から捌いて行くナイトバナレットには好都合だったと思います。勝負どころからのペースアップにも仕掛けることなく対応できると、3角過ぎからジワッと外へと進路を切り替えへ。個人的にはここで内へ拘って欲しかったですが、詰まるよりも気分良く走らせることを重視したのでしょう。そして最後の直線、松若Jの鞭にスッと反応は出来ませんでしたが、残り200mぐらいからジワジワ加速し出すと、最後までその勢いは衰えず。上位2頭には迫ることは出来ませんでしたが、デクレアラーをハナ差捉えて3着へ。小回り+直線平坦の小倉で良く頑張ってくれました。

レース後のナイトバナレットですが、相応の疲れはあるようですが、食欲は旺盛。ひとまず中1週のローテで今回と同舞台の来月6日の西日本スポーツ杯を予定しています。回復が思わしくないなら次の中京開催へ回ることも検討しているようですが、次走を走れば一息入れることになるので、小倉への出走が濃厚でしょう。

このクラスを勝ち上がるには人気馬の凡走+走破時計・上がりの時計が掛かる+展開が嵌ると条件がかなり揃わないと無理でしょうが、今後も自分のスタイルを貫き、更に堅実さを増していってくれればと思います。今後もタフに頑張って下さい。