焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】パーシステントリーの19

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パーシステントリーの19(牝・松永幹)父ハーツクライ

・在厩場所:7月20日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「こちらでは順調に夜間放牧を継続していました。5月生まれを感じさせないしっかりした体付きは順調な成長の賜物であり、結果として調教厩舎への早期の移動を果たせました。初期馴致は洗いの馴致をほぼ完了し、鞍付け馴致を開始した段階でしたが、いずれの馴致も問題なく順調に進められていました。負けん気の強い性格ですが、周りに左右されない落ち着いた面も持ち合わせており、調教厩舎へ移動後の鞍付け馴致や環境の変化にもすぐに対応してくれることでしょう。馬体重は432キロです」(8/15近況)

○馬体重 432キロ 体高 158.0センチ 胸囲 172.0センチ 管囲 20.1センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「おうちツアー」の動画よりも、募集動画の方が良く見えたパーシステントリーの19。皮膚が薄くて張りのある馬体。5月生まれを感じさせない発育の良さ。前脚の歩様は少し関節の硬さを感じるも、可動域は広めで力強い歩様。切れよりもパワーで押し切るタイプだと思います。芝でスピード不足の際はダートで潰しが利くのかなと思います。

育成が進めば、気性面でピリッとしたところが出てくるかと思いますが、上手にリフレッシュを挟んだり、丁寧に接することで自由気ままに走らせないにお願いします。

この母は父ディープインパクトとの配合が多かったですが、父ダイワメジャーを挟んで、ハーツクライとは初めてのカップリング。同じような背景で頑張ってくれているサリオスも栗毛。1発長打を狙えそうな馬として個人的な期待値は高いです。また、遅生まれなのに、早めに調教厩舎へ移動が叶っているのも心強いです。