焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】ウインフロレゾンの19

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ウインフロレゾンの19(牡・武市)父リオンディーズ

・在厩場所:北海道・白老ファームYearling

白老ファームYearling担当者「夜間放牧を行いながら、装鞍や背慣らし、シャワーでの体洗いなどの初期馴致を行っています。肌艶も良く健康的で、ここまで順調に夜間放牧を行うことができたこともあり、馬体に伸びやかさが出てきて順調そのものです。放牧地では軽快なフットワークを披露しており、運動神経の良さを感じます。友好的な気性で、スタッフとのコンタクトもしっかりと取れる点も心強いです。馬体重は435キロです」(8/15近況)

○馬体重 415キロ 体高 152.5センチ 胸囲 168.0センチ 管囲 20.0センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大物感はあまり感じないも、コストパフォーマンスが高そうなウインフロレゾンの19。遅生まれということもあって、非力に映りますが、垢抜けた好馬体に素軽い歩様。可動域も広い方ですし、首を上手に使って前向きに歩いているのが強く印象に残りました。

ハービンジャーの半兄スタッドリーは実績が足りずに出資することは出来ませんでしたが、父が替わって実績が下がってくれたことで弟とは縁がありました。競走馬のタイプはかなり違いますが、それぞれの良さがあって馬のレベルは高そう。父リオンディーズの母はシーザリオ。運動神経の良さや競走馬のセンスはここから来ているように思います。

ただ、育成が進んでいった際、前向きさがキツくなって、折り合いを欠きやすくなったり、行きたがる面が出てくる可能性も。ですので、操縦性を高いレベルで維持することを常に意識し、これからの育成を順調に歩んでもらえればと思います。マイルで良い切れ味を発揮する競走馬になって欲しいです。