焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(1歳・関東牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モシーンの19(牝・木村)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

Yearling担当者「9月24日にノーザンファーム空港へ移動しています。こちらでは、順調に夜間放牧を継続することが出来ました。放牧地での走りには目を見張るものがあり、それに加えて最近は筋肉にメリハリが出てきて、一段と大きくなってきましたね。少し敏感な性格をしていますが、洗い、鞍付け馴致は大人しく受け入れてくれましたし、ここまでスムーズに進めることが出来ていたと思います。姉のプリモシーンや兄のモーソンピークの活躍を見ると、馬の成長に合わせながら進めていった方が良さそうですので、育成厩舎でもコンディションを見ながら進めてもらいたいですね。馬体重は433キロです」(10/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain グローリアスデイズの19(牝・中舘)父ドレフォン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間から週2回屋内坂路2本をハッキングとハロン18秒で登坂し、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、週1回はロンギ場で負荷を高めて乗り込んでいます。馴致を開始してから4週間が経過し、先月末に少し疲労を感じたので1週間リフレッシュを取り入れました。休みを挟んだことで馬体重が増えて体調面は良好です。肩やトモに程よい筋肉がついており、長い脚を華奢に見せないバランスの良い馬体に成長していますよ。コースでの動きはとてもしなやかで、滞空時間の長い軽やかなフットワークで走ることが出来ています。また操舵性も高く、乗り手の指示に素早く反応できる賢さも兼ね備えています。性格的にも真面目で日々の調教に集中して取り組むことができるので、安定してトレーニングをこなしていけることも強みになってくることでしょう。今後も状態を見ながら負荷を高めていきます。馬体重は476キロです」(10/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モシーンの19は9月24日にNF空港の育成厩舎へ。それまでは夜間放牧を行い、鍛えられてきましたが、馬体重を増やすことが出来ているのは○。ただ、この血統は成長曲線が緩やかなところがあるので、一気に色々詰め込むことはせず、1つ1つ丁寧に教え込んでいってもらえればと思います。

グローリアスデイズの19は育成厩舎への移動が早く、順調に馴致を済まして、坂路で普通キャンターで乗れるまでに。周回コースでも距離を乗り込んでいますが、頗る順調に来ています。早めにリフレッシュを挟んだのも良かったです。父は種牡馬として未知数ですが、母系は奥行きのある良血。少しピリッとしたところは出てくるでしょうが、現状は真面目な優等生なので、今の雰囲気のまま成長を遂げていって欲しいです。