焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(1歳・関西牝馬)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ウェイヴェルアベニューの19(牝・中内田)父ディープインパクト 

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「イヤリングから移動してきて約1ヵ月が経ちましたが、環境の変化に戸惑うことや馬体減もなく、順調に過ごすことができていますよ。現在、週3回は馴致に週1回は放牧、そして週2回ロンギ場で乗り運動を行っています。まだ馬体もトモ高ですし、馬格に対して馬体に余裕があり成長を促す段階ですから、まずはしっかりと調教を行えるだけの馬体に成長を促していくつもりです。放牧地での動きを見ますと、俊敏さと柔軟性を兼ね備えているように感じます。今週からロンギ場で騎乗運動を開始いたしましたが、順調に調教メニューを消化することが出来ています。動きも柔らかく背中の感触も良かったので、これからコースでの運動に移行した時にどのような動きをしてくれるか楽しみです。まだ人を乗せることに慣れていない段階ですから、本馬が無事にロンギ場での運動を終えられるよう注意して騎乗調教を進めて行きたいと思います。馬体重は427キロです」(10/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain パーシステントリーの19(牝・松永幹)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間、ロンギ場でしっかり乗り込んでおりましたが、躓いて膝を外傷した為、乗り運動を中止していました。幸い時間のかかる傷ではなかったので、先週からロンギ場で週3回の乗り運動を再開しています。乗り出して最初の方は敏感なところがあったのですが、理解力もありましたし、進めていく中で反応も落ち着いてきましたよ。馬体はこちらに移動してきた時は線が細いイメージでしたが、馬体重の増加が示す通り、乗り運動をしていく中で、体に幅も出て背も伸びました。ここまで良い成長が出来ていると感じています。今後は、ロンギ場での運動を継続し、今月中には周回コースで軽めのキャンターを開始する予定です。馬体重は449キロです」(10/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain リプリートⅡの19(牝・安田翔)父Galileo

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「この中間も夜間放牧に加え、初期馴致を行っていますが、この夏場は虫の発生が少なく、その影響で精神的に良い雰囲気を保っています。飼い葉食いも良く、先月よりふっくらとして逞しく成長しています。馴致は洗い・鞍付けともに大人しくスムーズに進めることが出来ていますし、ここまで大きな怪我もなく順調に行えています。今後も育成厩舎へ移動した後も順調にトレーニングが行えるよう、基礎体力をしっかり養っていきたいと思います。馬体重は422キロです」(10/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウェイヴェルアヴェニューの19は幼さの目立つ体型なので、まずは成長を促すことを優先し、馴致に関しては詰め込み過ぎないように配慮。牝馬らしい繊細さも垣間見えるので、気持ちが悪い方へ向かないように注意して欲しいです。また、柔らかみがあるなど素材の良さは間違いないので、軌道に乗ってくるまではマイペースで進めて行って欲しいです。

パーシステントリーの19は繊細さを覗かせ、ロンギ場で躓いて外傷したのはドキッとしましたが、幸い大事には至らず。ただ、ピリピリしやすいのは確かなので、人間との信頼関係をしっかり気づき、馬場へ連れ出した際に操縦性が利くように色々慣らしながら、落ち着きを増してもらいたいです。

リプリートⅡの19は10月5日にNF早来の育成厩舎へ。自己主張は少なく、淡々と受け入れてくれる印象なので、遅めの始動となりましたが、騎乗馴致はスムーズに進めることが出来るのかなと見ています。まあ、徐々に追い付いていってもらえればと思います。