焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

7月30日に栗東・安田隆厩舎へ帰厩しています。☆ロードクラージュ


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードクラージュ(セ・安田隆)父ロードカナロア 母レディルージュ

2020.07.30
7月30日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2回小倉を視野に、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○安田調教助手 「約3週間の放牧でリフレッシュが図れた印象。順調に乗り込めていた最近の様子を踏まえ、7月30日(木)に再び厩舎へ戻しています。小倉を目標に。芝のスプリントか、ダートの1000mか・・・。いずれにせよ候補は短距離の番組でしょうね」

2020.07.28
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「順当にペースアップが図れており、週1回は13-13まで踏み込むように。今のところはテンションも大丈夫です。7月27日(月)には安田調教師が来場。小倉開催での復帰も視野に・・・との話だけに、それを意識しながら進めて行きましょう」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

何とか1つ勝つことは出来たも、前走ではブリンカーを外すと行きっぷりが悪くなるなど心身の幼さが相変わらずのロードクラージュ。それでも押し切るのだから能力は相当なのですが、1勝クラスで通用するにはまだまだ成長が必要。

個人的には1勝出来たことで、次走へ向かうまでに成長を促す期間を設けて欲しかったのですが、クタッとすることなく、元気一杯に乗り込むことが出来ていたので、安田師は早めの復帰を選択。先月30日に栗東へと戻ってきています。

具体的な番組は未定も、芝1200mかダ1000mの2択にはなりそう。以前、膝を骨折しているので、個人的には芝に使うのはもう少し成長を待った方が良いかなと思います。そしてダ1000mへ使ってくる際はブリンカーの装着をお願いしたいです。