焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も同じメニューで乗り運動を行っていますが、この馬なりに体力が付いて運動後も疲れを見せることはありません。体も引き締まって良い体付きになってきましたし、こちらに来た時よりも見映えが良くなっていますよ。時計を出さない日は周回コースで時間を掛けて乗っているので、それが良い方に出ていますね。今の状態を維持しながら入厩に備えておきたいと思います。馬体重は539キロです」(6/12近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「坂路のペースを15-15まで上げた後も問題なく対応していたので、この中間はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。まだ良くなりそうな感じですが、まずまず動けていますし、本数を重ねていけば更にピリッとしてくるでしょう。特に気になるところもありませんし、このまま移動に備えて乗り込みを続けていきたいと思います。 馬体重は494キロです」(6/12近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間は坂路でラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。併せると力んでハミを噛んでしまうところがあるので、普段は単走で走らせて、時計を出す時だけ併せるようにしています。良いスピードを持っていますし、前向きな気性を上手く走りに活かせられるように調整していきたいと思います。馬体重は489キロです」(6/12近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「こちらに戻ってきた後も疲れは特に見られなかったので、今週からトレッドミルと乗り運動を開始しています。まだ緩さがあって体力も付き切っていないですが、ゲート試験まで進められたこともあって、この馬なりに成長が感じられますよ。運動後も気になるところはありませんし、このまま徐々に負荷を掛けて行ければと思っています。馬体重は523キロです」(6/12近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスターサファリ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「コーナリングに課題がありましたので、この中間は周回コースで乗る際は気を付けながら乗り運動を行っていました。こちらの施設にも慣れてスムーズに回ってくれるようになりましたし、これなら心配なさそうですね。乗り出してから順調に進められていますので、週末からより負荷を掛けて動きを良くしていきたいと考えています。馬体重は505キロです 」(6/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヒーズオールザットは相変わらず厩舎から声は掛かりませんが、この馬なりに鍛えられ、体力は間違いなく付いていると思います。あとは気性面で少し怪しいところがあるので、コツコツ乗り込みながら堂々と振る舞えるように成長を遂げてもらいたいです。

バラキエルはデビュー予定こそ決まっていませんが、15-15の調教を丹念に消化し、ラスト1ハロンは14秒まで伸ばすように。ひとまず無難に対応できているようですが、本数を重ねていって素軽さを増していってもらえればと思います。課題は精神面の幼さだと思うので、早めに1度レースを経験させるべきかもう少しじっくり乗り込んで心身の成長を図るべきか。牧場と厩舎で意見を交わしてもらいたいです。

イルデレーヴは力んでしまうのが課題ですが、レースの流れが速くなる上のクラスへ行くほど本領を発揮しそうかも。今の感じだと溜めて切れる脚を使える感じではないので、スピードで押し切りを狙うタイプでしょう。ゲート試験のラップを見る限り、スタートは速い部類だと思います。

ゲート試験に合格しNFしがらきへ戻ってきたロコポルティ。この中間から乗り出してはいますが、トレッドミルと併用で進めているように他4頭と比べると体力面で見劣る感じです。芝に使って実戦を1度経験させるのもありですが、ダートの短いところに適性があると思うので、番組が充実してくるまで、コツコツ乗り込んだ方がベターかもしれません。

ミスターサファリは課題に挙げられていたコーナーリングに関しては徐々に慣れてきたようですが、実戦へ行ってのハミ受けの拙さやモタれ癖が出てくるかもしれないので、今しばらくはバランスの取れた走りを教え込んでもらえればと思います。体力面はなかなかしっかりしていると思います。