焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。以前と比較すると、ソワソワすることもなく、精神的に落ち着きが出てきましたね。それにトレセンで鍛えられたこともあって、入厩前より体の使い方や走りの感じが良いですし、成長が感じられますよ。この調子で帰厩の声が掛かるまで、負荷を掛けつつ良化を図っていければと思います。馬体重は470キロです」(10/1近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

しがらき担当者「先週と調教メニューに変わりはありませんが、順調に乗り込みを進めることが出来ています。血統馬らしく素軽いフットワークで駆け上がることが出来ていますし、今の感じで進めて行きしっかりとしたベースが出来てくれば、自然とデビュー戦の目途も立ってくるでしょうから、このまま緩めずに乗り込んでいく方針です。馬体重は469キロです」(10/8近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハッキング

調教主任「先週いっぱいは軽めの調整で様子を見ていましたが、特に気になるところは見られなかったことから、今週から周回コースで乗り出しています。週半ばには坂路にも入れていますが、ここまで問題なく進められていますよ。性格が素直で乗り易い馬ですが、まだ体を使い切れていない感じなので、周回コースで長めの距離を乗るなどして、中身を鍛えていきたいと思います。馬体重は495キロです」(10/1近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

しがらき担当者「今週は徐々に坂路コースでのペースを上げており、ハロン17秒を経て、現在はハロン15秒まで脚を伸ばしています。ペースアップには大きな問題なく対応できているものの、厩舎サイドから聞いていた通り、まだ手先だけで走っている感じですね。乗り運動を継続して体力強化を図ると共に、走りの質も高めていければと思います。馬体重は503キロです」(10/8近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「この中間も同様のメニューで乗り運動を続けていますが、トモの緩さからバランスよく走り切れていない感じなので、もう少し中身を鍛えていかないといけませんね。でも、素軽いキャンターを見せていますし、大事に育てていけばもっと良い走りが出来るようになるはずです。ですから、もう少し馬の成長に合わせながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は460キロです」(10/1近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

しがらき担当者「この中間も同様のメニューで進めていますが、脚元を含めて疲れが出て来ることはありませんね。相変わらずトモがもう少しシャキッとしてきて欲しい感じはするものの、最後までハミを取って走ろうとする気持ちは見られますし、このまましっかりとしたベース作りに努めていければと思います。馬体重は470キロです」(10/8近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~17秒

調教主任「この中間は週2回坂路でハロン14秒の調教を進めていますが、依然緩さがあるものの、この馬なりにしっかりしてきましたよ。コンスタントに速い時計を出していますが、飼い葉食いが旺盛で疲れを見せることはないので、この調子で良化を図っていければと思っています。馬体重は498キロです」(10/1近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~17秒

しがらき担当者「この中間も同様のメニューで進めています。まだ頼りなさがあり、全体的にしっかりしてくるのはこれからかなという印象ですが、乗り込みを積むに連れてこの馬なりに少しずつ良化してきてはいますね。この感じで進められれば、11月くらいの競馬が視野に入ってくるかもしれません。馬体重は500キロです」(10/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アストロフィライトはトレセンでの調教経験が精神面でゆとりを与えるように。まあ、このあたりは血統馬らしい学習能力と言えるでしょう。乗り込みに関しては順調に強化中。ディープインパクト産駒らしい素軽さを持っているようなので、調教を重ねながら動きの質を高めていって欲しいです。

先月24日にNFしがらきへ戻ってきたエバーフレッシュ。トレセンでの疲れは少なく、着々と調教の負荷を高めることが出来ていますが、500キロ前後の馬体を生かした走りはまだまだ。小手先で走っているようなので、まずは馬体に少しずつでも芯が入るようにコツコツ鍛えていくことを優先して欲しいです。

モルレーはトモがパンとしていないのが弱点。ただ、走ることへの意欲はありますし、牝馬らしいキレは持っているようなので、直線平坦の芝なら最後良い脚を使ってくれそうな気がします。エバーフレッシュ同様にもう少しの間、コツコツ鍛えることを意識して進めてもらえればと思います。

走りに関して、まだまだ頼りなさを感じるカルトゥーシュですが、カイ食いが旺盛で調教の負荷を緩めることなく乗れていることは○。本格化は先になってくるでしょうが、丹念に乗ることが出来ている効果は見込めるので、走ることへの意欲も出てくるようにお願いしたいです。