焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牡馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も引き続き坂路にて乗り込んでいます。週2回は坂路を2本と調教の負荷を高めることが出来ていますよ。登坂2本目にハロン13秒を無理なく計時できていますから、基礎体力がしっかりとついてきたことを感じますね。また、この調教量にもかかわらず、馬体重が増加傾向にありますから本馬のポテンシャルの高さに驚いています。成長を阻害しないように注意して運動を継続していくことで、まだまだ競走馬らしく成長してくれることでしょう。調教ペースはより実戦的になりましたが、イライラしたりすることもありませんし、変わらず集中して調教に取り組んでくれています。そう遠くないタイミングで移動の予定を立てられるように体調管理には気をつけて、もうひとつ上のレベルの動きができるように取り組んでいきます。馬体重は498キロです」(6/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で、前回の調教メニューから大きく変えずに調整を続けています。速いペースでも最後まで手応えが鈍ることなく、軽快に駆け上がっていますよ。ストライドが大きくなり全身を使ったバランスの良い走りができるようになってきましたね。以前に比べ、肩回りやトモにボリュームが出てきたように感じます。今後もこれぐらいのペースの調教を続け、馬体の成長を促すとともに、より質の良い走りができるようにしたいですね。馬体重は477キロです」(6/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アクウェイントの18

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「動きが非常に良好だったことから、この中間はハロン13秒ペースの調教を開始しました。前半に出して行くとやや行きたがるような面を見せるものの、道中で溜めを作れれば、最後は良い反応を示してくれます。今後もこの行きたがる面をいかに我慢させるかが鍵となりそうで、そこが改善されれば距離にも融通が利きそうですね。脚元等には今のところ問題は無く、飼い葉もしっかり食べて体調面は良好ですから、近々移動させることになるでしょう。馬体重は504キロです」(6/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキーモー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き週3回坂路で15-15のペースから、速い日はラスト1ハロン14秒台まで脚を伸ばすようにしていますが、道中は良いキャンターをしていますし、最後まで軽快な動きで駆け上がっていますよ。坂路調教以外の日はトレッドミルで時間を掛けて運動を行っていますが、徐々に体力が付いてきましたし、ここまでじっくり成長を促してきた成果が感じられます。元々動きは良かったので、それに体力が付けばより良い走りが見られると思っていましたが、その通り逞しく育っていますよ。運動後も疲れを見せることはなく、この馬なりに飼い葉を食べていますので、この調子で更に良化を促して行きたいですね。馬体重は448キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンダープロットはどこまでやれるか力が測りかねますが、心臓の良さから来るタフさは長所と言えそう。ただ、兄たちは一癖あるというか根性が足りない面が目立ったので、アンダープロットも実戦での走りを見ないと。戦力的にこの馬が活躍してくれれば、層は厚くなってくれるのかなと見ています。

アリーヴォは馬体の成長・馬体重の増加と共に身のこなしがダイナミックに。自分から走ろうとする気持ちが出てきているのも良い傾向です。ただ、今が伸び盛りというか変わってきている最中なので先を焦らずにコツコツ乗り込みながら心身の成長を促していってもらえればと思います。

アクウェイントの18はまだ競走馬名が決まりませんが、日々の調教では順調にメニューを消化。動きも悪くないみたいですが、前進気勢が強すぎて行きたがる面が出ているところ。単走で落ち着いて登坂できるようにハミ受けやフォームの改善に力を入れてもらいたいです。

ラッキーモーは牡馬では1番最後に北海道を離れることになりそうですが、この中間はこの馬なりに鍛えることは出来ています。それでいて馬体重が減っていないのは成長を感じます。あとは馬体重が増えていくくらいの心身のタフさを身につけてもらえればと思います。意外と素軽い動きを見せているので、走ることに関しては良いモノを持っていると思います。引き続き体力強化を意識して進めてもらえればと思います。