焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

次走は16日の新潟・芝1400mを予定しています。☆ミスビアンカ&カラパタール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロアシャトーブランシュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:30日に坂路コースで時計
・次走予定:10月16日の新潟・芝1400m

高橋忠師「帰厩後も順調に進められていたことから、30日に坂路で帰厩後最初となる追い切りを行いました。14-14のペースから、終いを伸ばしましたが、全体が57.5秒で、ラスト1ハロン13.2秒と馬なりのまま楽々駆け上がってくれましたよ。放牧先では背腰のケアを施してもらいながら態勢を整えてもらいましたが、良い状態でこちらに戻ってきましたし、調教後も特に問題ないですね。しかし、調教を進めていくと、背腰に疲れが溜まり易い馬ですから、今後も注意しながら仕上げていき、順調に進められるようなら、10月16日の新潟・芝1400m戦に向かいたいと考えています」(9/30近況)

助 手 30栗坂良 57.5- 41.7- 27.2- 13.2 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール(牝・池上)父カレンブラックヒル 母ロッシェノワール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計
・次走予定:10月16日の新潟・芝1400m

池上師「こちらに戻って来て馬体チェックをした際には、背腰の張りは若干残っている様な感じはありましたが、全体的にリフレッシュして帰って来てくれた印象だったので、先週末には南Wコースで軽めに時計を出し、29日には南Wコースで追い切りを行いました。長めから時計を出すのは帰厩後初めてでしたし、単走で無理のない程度でと指示していました。全体時計が71.9秒とゆっくり目だったことはあるものの、フットワークには最後まで余裕がありましたし、良い動きを見せてくれましたね。気持ちが前向きなタイプですし、この感じならあと2週ほどあれば仕上がってきそうですから、第5回新潟開催2週目に組まれている芝1400m戦に向けて進めていく方針です」(9/30近況)

助 手 26南W良 43.5- 12.7 馬なり余力
助 手 29南W良 71.9- 56.1- 40.1- 12.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは帰厩後の初時計を先月30日にマーク。ひとまず感触を確かめる程度だと思いますが、脚色は余裕たっぷり。ただ、背腰に疲れが溜まりやすい馬なので、日々、入念なケアを行いながら、フレッシュさを保ってもらえればと思います。

カラパタールも帰厩後、順調に追い切りを消化中。終い重点の内容でも、楽に動けている印象が強いです。また、前向きさが勝っている馬なので、仕上がり自体は早い筈です。

そして、この2頭が16日の新潟・芝1400mで激突。1勝クラスなら十分やれる力はそれぞれに持ち合わせていると思いますが、それがフルにレースで発揮させるとなると簡単に行かないのは悩ましいところ。如何にレースへ集中させるなどこれまでの経験を生かして、それぞれに合った手法を改めて見い出して欲しいです。