焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

まずは無事に走り終えてくれれば十分だと見ていたも、レースは1番人気のモーソンピークをマークする形。道中は下手に動くことはせず、4角手前から勢いをつけての末脚勝負へ。直線の坂でライバルたちが苦しくなるのを尻目に坂を駆け上がって一気に突き抜ける。終わってみればちょっと力が違った。☆パラダイスリーフ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パラダイスリーフ(牡・岩戸)父ディープインパクトシルキーラグーン

月曜中山10R 2001M・ジャングルポケットC(芝2000m)優勝 (2番人気) 横山武J

互角のスタートを切るも、道中は後方2番手で脚を溜めます。勝負所から動いていき、直線へ向いても脚色が衰えることなくグングン加速して、約2年1ヶ月ぶりの実戦を見事に勝利で飾っています。

調教助手「おめでとうございました。かなり長い期間レースから遠ざかっていたので、横山武史騎手には道中モタモタするところがあるかもしれないと戦前に伝えていましたが、少頭数でペースが遅かったこともあって、2年以上間隔が空いている馬とは思えないほどスムーズに流れに乗れましたし、直線での末脚は素晴らしかったですね。完璧なレース運びだったと思います。ジョッキーは『返し馬の段階で良い雰囲気だなとは思っていましたが、ブランクがありながらも今日の勝ち方は非常に強いですね。脚元さえもてば重賞級の馬だと思いますし、何とか怪我なく育って欲しいです。今日に関して言えば何一つ文句の付け所はありませんでした』とかなり興奮気味に話していましたよ。こちらへ帰厩してきた時には余裕のある体つきでしたが、長い期間しっかりと乗り込むことが出来ましたし、何よりここまで負荷を掛けながら脚元の状態が落ち着いていたことで良い結果を得られました。ジョッキーが話していたように脚元さえ問題無ければもっと上のクラスで勝てる馬でしょうから、今後も大事に使っていければと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好仕上がり。緩みもなく、足元もスカッとしていた。出たなりでゆっくり構えて後方。外のラインで2着馬を見ながら。折り合いはスムーズ、3角で一旦最後方に下がっても全く慌てなかった。綺麗に回り込んで直線勝負。手前を頻繁に替えていたが、坂を上がって一気の伸びで抜ける。陣営の努力に拍手(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

調教助手「改めておめでとうございました。久々のレースとは思えないほどの鋭い決め手を発揮してくれましたし、横山武史騎手も“重賞でも通用しそう”とコメントしてくれたように能力は非常に高い馬ですね。レース後についてですが、痛めた左前膝裏は今のところ腫れや熱感が生じることは無いものの、多少なりとも疲れが出てきています。ですから、こちらでもう少し様子を見させていただき、場合によっては念のためにエコー検査を行ってから牧場へお返しする方向で考えています」(9/22近況)

⇒⇒25日(土)に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩当初は夏の新潟開催での復帰を視野に入れていましたが、肝心の動きがもう1つピリッとせず、予定を先送り。そして今回、2年1ヶ月ぶりの競馬に臨むことは出来ましたが、まずは無事に走り終えて欲しいと思っていたパラダイスリーフ。その一方で9月に入ってから動きに素軽さが出てきて、格上相手に食らい付く動きを見せ始めていました。少頭数での1戦でもあり、モーソンピーク次第では勝っちゃうかもしれないなあとも見ていましたが、そこは欲張ることなく、冷静にレースを眺めていました。

馬体重はプラス6キロでの出走となりましたが、念入りに乗り込んできたこともあり仕上がりはほぼ万全。また、パドックではやや煩く前向きに歩いていたイメージはなかったのですが、今回は手綱を引く助手さんを自ら引っ張っていく感じで走る気満々。長い休養期間の中で気性面は大人へと成熟していました。

レースぶりに関してですが、スタートはまずまず出るも、二の脚は一息。少頭数の1戦でしたが、内の各馬は先行する意思を見せたので、それらを前へ行かせ、隣の枠だったライバル馬・モーソンピークをマークする形でレースを進めることに。道中はしっかり折り合いが付き、脚を溜めながらの追走。3角あたりでは最後方の位置にはなりましたが、前との差は変わらずに馬群がギュッと詰まってのレースへ。長い休養明けでなければ勝負どころから捲っていく戦法に出たのでしょうが、負担の少ない競馬を意識してくれた横山武Jはじっと我慢。そしてモーソンピークが仕掛けていったのを見て、ジワッと追い掛けて行きました。

そして最後の直線。先頭へ並び掛けようとするモーソンピークにスッと引き離された時は一瞬、『ここまでかぁ』と思ったのですが、左手前に替えるとじわじわ加速。そして坂で苦しくなったライバルを尻目に勢いのついた末脚は突き抜けていきます。終わってみれば2着馬に約2馬身長。残り150mぐらいからこの差なので、決め手が違いました。勿論、手綱を取ってくれた横山武Jの冷静な騎乗も光りました。長らく待った中での復帰戦勝利は感慨深いですし、1戦1戦が勝負になってくるかと思いますが、ちょっと大きなところを意識させてくれました。

レース後のパラダイスリーフは上がり勝負とはいえ、しっかり走り抜いたことで相応の疲れは見受けられる様子。今のところ、以前痛めた箇所に熱感や腫れはないとのことです。ただ、気持ちが緩んだ際に出てくるかもしれないので、25日にNF天栄へ放牧済ですが、まずは脚元のケアを入念に行ってもらい、十分な回復に努めて欲しいです。

年内にもう1戦できればなあと思いますが、そこは馬の状態を最優先し、間に合いそうならそれを目指しもらえればと。とにかく1戦でも長く現役を続けられるようにお願いします。