焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

日曜日(8/1)の出資馬・出走結果

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

日曜函館3R 3歳未勝利(芝2000m)10着(9番人気) 小沢J

今回はシャドーロールに加えてブリンカーを着用。まずまずのスタートから中団やや後方を追走します。向正面から押し上げていこうとしますが、3コーナーあたりから徐々に置かれはじめ、最後の直線も伸び脚は見られず後方で流れ込んでいます。

藤原英昭調教師「体が絞れたことによって、調教の動きが良くなっていましたし、ブリンカーの効果から、実戦でどのような走りを見せてくれるか期待していました。レースではまずまずスタートを決めてくれたので、出たなりの位置で進められれば良かったものの、あまり二の脚が速くなく、ポジションが悪くなってしまいました。道中は極端に嫌がるような感じではないものの、周りの馬に遠慮してしまっているのか、勝負どころで置かれてしまいましたし、調教時の良い走りが見られなかったですね。レース後、小沢大仁騎手に確認したところ、『ゲートの出はまずまずでしたが、周りの馬がそれ以上に速く、思いのほか位置取りが悪くなってしまいました。馬込みに入って嫌がることはなかったものの、あまり進んで行かず、流れが速くなったところで置かれてしまいました』とコメントしていました。最内枠で包まれる形も良くなかったと思いますし、いかに調教のように気分よく走れるかがカギになってきますね。最低でも優先出走権は獲らないといけない状況だっただけに、この後は厳しくなってしまいましたが、可能性を信じて、いつでも投票できるよう態勢を整えておきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第2回札幌開催

藤原英師「レース後も脚元含めて気になるところはないことから、想定を見て入りそうなら連闘も視野に入れていましたが、除外確実でしたので、来週以降の競馬を目標に態勢を整えていきます。ブリンカーの効果から2000mならもう少し楽に良いポジションに取り付けられると考えていたものの、すんなり流れに乗って行けないところを見ると、もう少しゆったりとした距離の方がレースは運び易いのかもしれません。ですから、出来れば2600m戦を使いたいですが、優先出走権を獲っていない為に想定が出てみないことには何とも言えないところがあります。いつでも出馬投票できるよう態勢を整えていきたいと思います」(8/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ

日曜新潟3R 3歳未勝利(ダ1200m)2着(5番人気) 永野J

ブリンカー着用。まずまずのスタートを切ると、道中は好位4番手辺りに付けます。そのままの位置で直線に向くとゴールまでしっかりと脚を使って、勝ち馬には離されたものの2着を確保しています。

矢野調教師「前走では馬体重が10キロ以上増えていましたし、今回は意識的に馬体を絞りたいと考えていましたが、マイナス6キロでの出走となり思った通りの体付きでレースを迎えることが出来ました。スタート後に外から逃げた馬が勢い良く上がって来たので、それを先に行かせて一列後ろからレースを進める形になりましたが、前にいた勝ち馬にやられてしまいましたし、もしかすると下げない方が良かったのかもしれません。それでも、道中はリズム良く走ることが出来ていましたし、直線でも最後までよく頑張って脚を伸ばしてくれて、前走よりも上積みを感じる走りを見せてくれただけに、結果を残せなかったことは本当に悔しいですね。永野猛蔵騎手は、『スタートは悪くなかったですし、道中は手応えもあって良い感じに追走することが出来たのですが、今日は勝った相手が強かったです』と話していました。優先出走権は獲ることが出来ましたし、この後はこのままこちらで進めていく方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第4回新潟開催

矢野英師「トレセンに戻ってよく状態をチェックしましたが、疲れが出てきやすい左前脚を含めて脚元に大きな問題はありませんでした。飼い葉もしっかりと食べており、体調面も良い意味で維持できている印象ですから、第4回新潟開催での出走を目指してこのまま進めていきたいと思います。背腰には結構疲れがありますから、ショックウェーブを行う等してよくケアに努めるようにいたします」(8/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー

日曜新潟10R 柳都S(ダ1800m)11着(8番人気) 松若J

マイナス16キロ。まずまずのスタートから行き脚を付けて、道中は好位のすぐ後ろを追走して行きます。3~4コーナー中間辺りから促して行きますが、直線では脚を伸ばすことが出来ず、中団で流れ込んでいます。

勢司調教師「前回の反省を生かして、今回はしっかりと調教を積んできましたし、体付きとしては想定した通りの形で出走させることが出来ました。スタート後も無理することなく良い位置に付けることが出来たと思いますし、前走よりもスムーズな形で進めることが出来ましたね。ただ、スピードが上がってからは付いて行くのに苦労してしまい、直線でも前とは離されてしまいました。見た目的には良かったものの、去年は暑さに堪えて一度NF天栄へお返しさせていただいたこともあるように、やはり暑さが影響して力をフルに発揮できないところはあったのかなと思います。それに加えて、松若風馬騎手は、『左右差はあまり感じなかった』と話していたものの、トレセンでの調教では右回りの方が終いの伸び脚が優れているように見えますし、左回りだったことも多少は影響してしまったのかなと感じます。複合的な要素が重なったとは言え、結果を残すことが出来なかったのは申し訳なく思いますが、幸いにもレース直後には脚元に異常は見られません。ただ、トレセンに戻った後に疲れが出て来てしまう恐れがありますし、よく状態をチェックしておきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/6日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

勢司師「トレセンに戻ってよく状態を確認しましたが、追い切り後に腫れが出た左前球節には疲れが見られます。また、それに加えて繋ぎにも少し腫れが見られることから、念のために詳しい検査を行いましたが、骨や腱に異常は見られず、ひとまず安心しました。歩様には出していませんし、よくケアしていけば大丈夫なレベルだとは思いますが、場所が場所なので無理はさせない方が良いですから、この後はノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきます」(8/5近況)

⇒⇒6日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(6日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(8/1)に出走した出資馬の出走記事をまとめて。

ヒーズオールザットは前走からマイナス14キロでの出走と狙い通りに馬体を絞ることが出来ました。これによってレースでのピリッと感が出て来るかなあと見ていたのですが、ブリンカーを装着してきても、変わり身はひと息でした。

最内枠に入ったので好発から積極的な競馬を思い描いていましたが、五分のスタートを切るも、二の脚がもう1つ。中団からの競馬になってしまうとこの枠が仇になり、道中の進みは良くなかったです。前向きさが足りないので他馬に遠慮した走りになり、勝負どころからのペースアップには対応できず。今回も4角を回る時点で勝負ありという競馬になってしまいました。

レース後は脚元等に疲れはなく、使えるところがあれば連闘の意思を示していましたが、残念ながら適当な番組は枠がなし。その結果、来週以降の競馬に備えることとなりました。厩舎サイドとすれば22日の芝2600mに使いたいようで、前向きさが足りないも、折り合いには問題ないために距離延長は確かにプラスに出そう。ただ、緩急のあるレースになると勝負どころからのペースアップには対応できないかも。まあ、この点に関してはどの番組に使われたとしても、大きな課題になってきます。何とか直線を向くまで先団に付いていけるようにならないと。

正直なところ、未勝利勝ちするのは困難ですが、最後の1戦になりえる次走では悔いを残さないようにお願いします。

ルージュセリーズは前走の馬体が良く見えたので、今回もそれを維持して欲しいなあと見ていたら、マイナス6キロでの出走。パドックでは発汗等もなく、そこまで細くは見えませんでした。最終追いではしっかり負荷を掛け、時計も上々。ひと叩きした上昇は感じ取れました。

今回は新潟のダ1200mへ戻っての1戦でしたが、外目の枠を引き当てたので、スッと好意を取れるかなと見ていました。実際、五分のスタートから二の脚も○。芝からダートへ入った部分ではハナへ行けそうなぐらいの勢いはありましたが、主張してきた他馬を先に行かす形での追走。タラレバを言えば、もう少し主張しても良かったかなと思いますが、共倒れを避けたんでしょう。

道中は4番手当たりを追走していましたが、外から被せてくる馬はなく、気分良く追走することは出来たと思います。そして4角を回ってくる時の手応えも上々。あとは直線でのひと伸びを期待しましたが、ルージュセリーズと永野Jは冷静に押し上げて行き、残り200mあたりでは懸命に前を追う形。2着は早めに確保することは出来ましたが、先に1歩抜け出した勝ち馬との差は詰まらずじまい。永野Jは新人らしからぬ手綱捌きで力を引き出してくれたのですが、今回は勝ち馬がちょっと強かったということでしょう。

レース後のルージュセリーズですが、一生懸命走り抜いてくれたことで、お疲れ気味。ただ、3歳未勝利の終了期限が迫っているので在厩調整で何とか持ちこたえて欲しいです。また、4回新潟では毎週1鞍はダ1200mがあるので、状態を見定めながら番組を選んでもらえればと思います。そしてラストチャンスをモノにして欲しいです。

ルコントブルーは除外を経ての1戦。前走で増えた分をきっちり絞り、レースへ臨めたのは○。枠は1番外だったので、道中で外々を回らされると辛かったですが、機動力を生かしてサッと好位を取り切る競馬。あとは自分のリズムを大事にし、前へと並び掛けてもらえればと見ていましたが、勝負どころのペースアップにモタモタ。追っ付けながら4角を回ってきましたが、見た目以上に余裕がなかった様子でひと伸び出来ず。そして早々にバテてしまいました。

昇級2戦目でクラスにメドの立つ走りをと期待しましたが、今回は牡馬との1戦だったのでそう簡単には通用せず。また、レース後のルコントブルーですが、左前球節に腫れを確認。骨や腱に異常は見られず、大事には至っていないようですが、大型馬だけに余計に時間は掛かってしまいそう。ルコントブルーは既にNF天栄へ移動していますが、まずはレースでの疲れと脚元への腫れに対する治療・ケアに全力を注いで欲しいです。