焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

日曜日(5/9)の出資馬・出走結果(新潟)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain グレイシャーパーク

日曜新潟1R 3歳未勝利・牝馬(ダ1800m)3着(3番人気) 斎藤J

互角のスタートから好位3~4番手で流れに乗ります。3コーナーを過ぎてから押し上げていき、最後の直線で外からジリジリと伸びてきますが、上位馬を捉え切るところまでいかず、3着でゴールしています。

高橋義忠調教師「体重は前走より6キロ減ってしまったものの、決して細くは映らず、しっかり乗り込んでのものですから、良い状態で出走させられたと思います。二の脚がそこまで速い馬ではないので、ジョッキーには慌てずリズムよく運んで欲しいとオーダーしていましたが、その通りのレースをしてくれましたね。レース後、斎藤新騎手に確認したところ、『以前は勝負どころでこちらが促して行かないと進んで行かなかったですが、今回は軽く促すと自分からハミを取って進んで行こうとする姿勢が見られました。最後は上位馬を交わすところまでいかなかったものの、グレイシャーパークなりに最後まで伸びてくれましたし、確実に力を付けてきていますね。良くなるのはもう少し先かもしれませんが、相手次第でチャンスが出てきそうです』と話していました。全体的な幼さからここまで大事に使わせていただきましたが、ようやく体に芯が入ってきたように思いますし、相手次第では好勝負が期待できそうですね。優先出走権を獲りましたが、この後はトレセンに戻って状態をよく確認してから相談させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:5月23日の新潟・ダ1800m(牝馬)・斎藤新J

高橋忠師「新潟競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて大きなダメージはなく体調も問題ありませんでした。今週いっぱいは軽めの調整でコンディションを整えて、その後も問題なければ、5月23日の新潟・ダ1800m(牝馬)に引き続き斎藤新騎手で臨みたいと考えています。使いつつしっかりしてきているのは確かですから、次走で勝ち上がれるよう努めていきたいと思います」(5/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルコントブルー

日曜新潟12R 三条S(ダ1800m)9着(3番人気) 丸山J

プラス16キロ。五分のスタートを切りますが、外の馬に被されるように後方よりの位置になります。向こう正面で早めに動いて行く形を採るも、直線半ばでは勢いがなくなり、初めて掲示板を外しています。

勢司調教師「前走から間隔は詰まっていますし、新潟競馬場までの輸送もありましたから、気持ちソフトに仕上げました。ですからテンションが上がることは無く、とても良い雰囲気でレースへ向かえたと思う反面、想定していたよりも輸送で体が減らずに、前走からプラス16キロでの出走となりました。元気(丸山元気騎手)がレース後に『少し体が重たかったように感じます』と話していましたので、仕上げに関しては甘かったのかなと感じます。申し訳ございません。ただ、それよりも『レース前からフケの兆候があって、走ることに対して前向きな気持ちが無かった』と元気が言っていたことは気掛かりですね。トレセンで進めていく中ではそのような兆候はありませんでしたし、馬はレース当日、急にフケを見せることが多々ありますので、その辺りは対策が難しいのですが、早めに動いたとは言え、この馬の力を考えると若干止まりすぎかなと感じますし、今日の走りを見るとその影響は少なからずあったのではないかと思います。トレセンへ戻っての仕草をよく確認しながら、この後どうするか検討していきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:12日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧

勢司師「先週は昇級初戦だったとは言え、良い走りをお見せすることが出来ず申し訳ありませんでした。中間は少し落ち着きすぎているかなと感じていましたが、これまでよりも間隔を詰めて使ったことが影響してしまったのかもしれません。また、前々走の阪神で勝った時の疲れが完全に取り切れていなかったのか、トレセンに戻ってきてから蕁麻疹が出て来てしまいました。すぐに獣医師に治療を行ってもらったので、症状は徐々に治まってきていますが、この後はノーザンファーム天栄に放牧に出して、しっかりとリフレッシュさせたいと思います」(5/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(5/9)に新潟で出走する出資馬の出走記事をまとめて。

1戦ごとに着順を押し上げてきているグレイシャーパーク。今回はコース替わりと100m延長がどう転ぶかに注目。また、当面のライバルの2頭(レスプロンディール・ラブカプチーノ)がハナや2番手から積極的な競馬をするのは読めていたので、グレイシャーパークと斎藤新Jにはレースはしやすいのかなと見ていました。

新潟への輸送で6キロ減り、ちょっと元気がないのかなと状態面を少し不安に思いましたが、レースではそういう面を感じさせず、積極的な運び。五分のスタートから少し促す場面があったのは人気馬2頭をけん制する意味合いもあったのかなと思います。そうすることでレースが適度に流れてくれればと。

道中はインの3~4番手を淡々と追走。折り合いが付いていましたし、これまでと違って楽な感じで追走出来ていたと思います。ただ、3角過ぎから前との差を詰めようとすると、ややモタモタ。斎藤新Jは何とか食らい付こうと頑張ってくれたのですが、4角を回って外目に持ち出した時には早くも怪しい脚色に。脚を十分溜めることが出来ませんでした。それでもグレイシャーパークは諦めることなく懸命に脚を伸ばし続けて抵抗。前2頭も早めの流れで押し切ろうとしたために最後は3頭共にバテバテ。レースのラスト1ハロンは14秒5を計時し、油断していたら4着馬に差されていたかもしれません。まあ、それでも勝ち上がりを狙い、積極的な立ち振る舞いを見せてくれたレース内容は褒めてあげたいです。力を出し切ってくれています。

レース後のグレイシャーパークですが、目立った疲れは感じさせず。これまで通りのパターンでリフレッシュ放牧を挟むのかなと見ていましたが、ここで初めて在厩調整を選択し、前走から中2週での出走へ。再度、ダ1800m(牝馬)なら顔ぶれも似てくると思うので、何とか次で勝ち上がりを決めて欲しいです。

準OPへの昇級戦となったルコントブルー。今回も放牧を挟んでの出走となりましたが、いつもより間隔が詰まっての出走に。トレセンでの調教・追い切りは良い感じで動けていたので、牝馬同士ならそう恥ずかしい競馬にはならないと思っていたのですが…。

まず大誤算だったのがプラス16キロでの出走。大型馬とはいえ560キロはさすがに立派過ぎたと思います。丹念に時計を出し、調教が軽すぎたという印象はなかったのですし、新潟への輸送で予想以上に減らなかったのかな? また、レース前に落ち着きがあることを順当に評価せず、『メンタル面が走る方に向いていない可能性も考えられる』と半信半疑なコメントしていたので、何かしらの兆候があったんでしょう。それがフケだったのかな? もう1つ敗因はハッキリしませんが、個人的にはこのように想像します。

レース内容ですが、スタートはマズマズでしたが、外の各馬がスッと前目のポジションを取りに行ったので、ルコントブルーは少し控える形で中団での追走。折り合いは問題なかったですが、尾を振ってフケの仕草。行きっぷりが本来のこの馬のモノではありませんでした。また、向正面でポジションを押し上げていくも、グンと来るような反応はなし。早仕掛けとは思わないも、4角で早くも鞭が飛ぶ始末。直線は伸びずバテずで9着へとなだれ込むしかありませんでした。クラスの壁はあったと思いますが、これが実力ではないと思います。普通の状態なら道中でもっと動けたでしょうし、前目からの粘り込みを踏ん張れたかなと思います。

レース後のルコントブルーですが、脚元は大丈夫も、トレセンへ戻ってきたところから蕁麻疹を確認。獣医師に処置してもらって広がりは幾らかでも回避できたと思いますが、蕁麻疹の発症は目に見えない疲れが溜まっている証です。12日にNF天栄へ移動済ですが、まずは馬体の回復と精神面のリフレッシュを十二分に図り、意識的にゆっくり始動してくれれば良いと思います。ただ、次走からは牡馬相手がほとんどだと思うので、苦戦は続くのかなと? 走ることが嫌にならないように注意して、調整・調教を行っていって欲しいです。