焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アーデルハイトの20(牝・宮田)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「継続して順調に夜間放牧をこなしています。馬体面では先月よりも一回り成長したように感じられ、その影響から放牧地での走りにも以前より芯が入ってきたように見えます。馴致においても気性面での我の強さを少し心配していましたが、こちらが思っていたよりすんなりと受け入れてくれて、非常にスムーズに進めることが出来ています。今後も育成厩舎への移動へ備えながら、アクシデントなく過ごせるよう進めていきたいと思います。馬体重は461キロです」(9/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ランニングボブキャッツの20(牝・堀)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらへ入場してからも順調に馴致を行っており、現在はロンギ場でのフラットワークを中心に進めています。先日デビューした、半姉のリンクスルーファスと比べると、手先が軽い感じがしますし、動きに柔らかさがありますね。ただ、パワフルさには欠けているため、これから坂路コースに入れてしっかりと鍛えていく必要があるでしょう。また、この中間はウォーキングマシンでの運動も並行しているのですが、少しずつ体力が付いてきただけでなく、飼い葉を食べる量も増えてきていますから、この雰囲気を維持して進めていきたいですね。馬体重は447キロです」(9/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィアフィレンツェの20(牝・奥村武)父Almanzor

・在厩場所:8月27日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「こちらでは順調に夜間放牧を継続することが出来ました。例年にない猛暑でしたので、暑さに疲れを見せることもありましたが、体を減らすことなく乗り切ることが出来ました。しっかり運動することができ、馬体重は着実に増加しましたよ。気性的に落ち着きが出てきて頼もしさも増しており、これからさらなる成長を期待できる状態です。育成厩舎に移動しても心身ともに問題ない状況にありましたので、8月27日にノーザンファーム早来の育成厩舎へ無事に送り出しました。馬体重は428キロです」(9/1近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain プラウドスペルの20(牝・野中)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「現在は毎日ウォーキングマシンでの運動を1時間こなし、週2回はロンギ場での運動を行っています。こちらに移動後はすぐに環境に慣れてくれましたし、飼い葉食いは良好で馬体には良い意味で余裕があるのは何よりですね。性格は基本的に大人しく従順ですが、時折ちょっとしたことで我の強さを見せることがあり、その点は注意して接していく必要があるでしょう。馬体・脚元に問題はなく、体調面にも不安はありませんので、徐々に運動量を増やしていきたいと思います。馬体重は455キロです」(9/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーデルハイトの20は前回の更新から約20キロ増。我の強いところはありますが、初期馴致ではストレスを溜め込まずに対応できているのでしょう。ただ、一気に教えていくと余裕をなくしそうな馬なので、時間を掛けながら1つ1つのことを納得させて進めてもらえればと思います。

ランニングボブキャッツの20は半姉と比べると手先が軽く、芝でもやれそうな雰囲気を漂わせているようですが、兄姉はダートでの活躍が主。年齢を重ねていくと同じような傾向を示すものと思います。ですので、非力さが残る点は今後コツコツ乗り込みを重ねていく中で解消していってもらえればと思います。そしてカイバはしっかり食わし込んでいって欲しいです。

ヴィアフィレンツェの20は8月27日にNF早来の育成厩舎へ。暑さが堪えることなく、前回の更新から馬体重を増やすことが出来たのは○。牝馬らしい繊細さはそこまで心配しなくて良いタイプかなと思います。今後はスムーズに騎乗馴致を終えてもらい、次の更新では騎乗運動を始めていることを願っています。

プラウドスペルの20は育成厩舎へ一足先に移動し、ウォーキングマシンなどの運動を行っていますが、馬体を減らすことなく逆に増やしていることは好印象。父ドゥラメンテなのでピリッとした勝ち気なところが後々出てくるでしょうが、手に負えなくなるということはないでしょう。賢さがレースで生きることを期待しています。