焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

約3ヶ月半の充電生活を経て自己条件からの再出発。ここなら力は十分通用すると思うも、速い時計の裏付けがないのが気になるところ。まだまだ頑張ってもらわないといけない1頭なので、内容のあるレースをしてもらって結果も付いてきて欲しい。☆ドゥラモンド

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

土曜新潟10R 豊栄特別(芝1400m)1枠2番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:21日に南Wコースで時計

手塚師「21日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドゥラモンドが追走して、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は1馬身ほど先着しています。先週は思ったよりも軽めの追い切りになってしまったので、今週はしっかりと負荷を掛けましたが、全体で65.6秒の中、ラスト1ハロンを11秒台でまとめることが出来たように、良い内容の追い切りを消化できましたね。格上馬相手に先着できたように、最後まで動きはしっかりとしていて良かったと思いますし、上がって来た時の様子を見ても中身の方も整ってきている印象です。態勢的に問題はなさそうですし、ハミ掛かりの良いタイプであることから、新潟だと外回りのマイル戦よりは1400mの方が折り合いが付きやすくて良いと思いますので、今週の豊栄特別に向かいたいと考えています。鞍上には津村明秀騎手を予定しており、先週に続いて今週も追い切りに跨ってもらって、この馬の特徴は掴んでくれていると思いますし、ドゥラモンドとも手が合いそうですから、上手くエスコートしてくれると思いますよ」(7/21近況)

助 手 18美坂良 56.2- 41.4- 26.9- 13.4 馬なり余力
津 村 21南W良 65.6- 50.7- 37.0- 11.9 一杯に追う ゴルトベルク(古馬3勝)一杯の内0.4秒追走0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回新潟1日目(07月24日)
10R 豊栄特別
芝1400メートル 3歳上2勝クラス 特指 混合 定量 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ゲンパチミーティア 牡3 54.0 松山弘平
1 2 ドゥラモンド 牡3 54.0 津村明秀
2 3 ベストクィーン 牝5 55.0 斎藤新
2 4 ホワイトロッジ 牝4 55.0 戸崎圭太
3 5 スズカフェラリー 牝6 55.0 秋山真一郎
3 6 グレイイングリーン 牡3 54.0 岩田望来
4 7 テイエムイダテン 牡4 57.0 鮫島克駿
4 8 ヴィジュネル 牡3 54.0 藤岡康太
5 9 クリッパー 牝6 55.0 武藤雅
5 10 タイキラッシュ 牡4 57.0 三浦皇成
6 11 ムーンライト 牝4 55.0 福永祐一
6 12 ミッキーバディーラ 牝5 55.0 松若風馬
7 13 ブレイニーラン 牡6 57.0 内田博幸
7 14 スズカクローカス 牝5 55.0 中井裕二
8 15 ビューティフルデイ 牝3 52.0 菅原明良
8 16 テンワールドレイナ 牝6 55.0 M.デムーロ
8 17 シュバルツボンバー せ6 57.0 石川裕紀人

○手塚師 「予定を1週繰り上げたので少し急仕上げだが、今週はいい動きだった。年明け2戦は難しさを見せて案外だが、距離短縮がいい方に出てくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4月の中山・ニュージーランドトロフィー11着以来、約3ヶ月半ぶりの出走となるドゥラモンド。前走は実績のあるマイル戦へ戻って巻き返しを期待したのですが、道中幾らか力みがちな走りになり、折り合いを重視。何とか宥めながら競馬を進めましたが、直線入り口でゴチャ付くところがあり、手綱を引くシーン。その後には他馬に引っ掛けられる不利もあったようで直線では巻き返す脚を見せることなく沈んでしまいました。

その後はNF天栄へ放牧に出て、心身の成長を促すことに専念。調教メニュー自体は無理のない範囲でじっくり進められ、ゆっくり負荷を強化。6月くらいには夏の新潟開催での出走を大まかに示し、7月6日に再び美浦へ戻ってきました。

帰厩後はすぐに時計を出し始め、攻め駆けする馬らしく好時計をマークし、軽快な脚取りを披露。新潟のマイル戦から再出発だと思っていましたが、パワーが付いて来て行きたがるような面が見られる為、今回は1ハロン短縮の芝1400mへ。序盤エキサイトしやすい点を考慮するとプラスに働きそう。21日の追い切りでは距離短縮を意識し、テンから速いペースで行われたようですが、やや追走に苦労する面を見せるも、最後にグイッと出て先着。レースでもこういうことが予想されるでしょうが、直線で苦しくなったところからもうひと押しが利いてくれれば…。追い切りでは2週連続で津村Jが跨り、息のあったところを披露。実戦でも上手にリードしてくれることを願っています。

ドゥラメンテ産駒は新潟の芝は得意なイメージはありますが、ドゥラモンドの戦績を振り返ると速い時計がないのが気になるところ。これまで戦ってきた相手から2勝クラスで十分通用して良い馬だと思いますが、そこまで人気になっていないのは時計面の物足りなさを感じられているのでしょう、開幕週ですから余計に。

個人的にはOPクラスまで出世して欲しい1頭ですが、自己条件からの再出発でこけてしまうとショックが大きいので、ここでは力のあるとこを示して欲しいというのが率直なところ。仮にダメな場合は攻め駆けするのでダートへ矛先を向けることを考えていかないとダメかなとも見ています。