焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ひと追い毎に動きは良化し、水準以上の時計をマーク。芝の実戦で更に良さそうなタイプも、相手が揃っている中、ビシビシやっていないのがどう出るか。まずは実戦でも将来性の高さを感じさせる走りを見せて欲しい。☆コンジャンクション


f:id:yakifish:20200513045835g:plain コンジャンクション(牡・池添学)父ルーラーシップ 母グリューネワルト

日曜新潟5R メイクデビュー新潟 2歳新馬(芝1800m)2枠2番 松山J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路コースで時計

池添学師「21日に坂路で追い切りました。道中は同じ2歳新馬を追い掛ける形で行い、途中から併せて行きましたが、最後はやや遅れたものの、走りに余裕がありましたし、強めに追っていればもっと動けていたでしょう。先週に引き続き、松山騎手に追い切りを手伝ってもらいましたが、『先週、CWコースで時計を出した時もしっかり動けていましたが、その時以上に動きが良かったですし、どのコースでも乗り易く、柔軟性に優れていますね。良いイメージでレースに臨めそうです』と、好感触でレースに臨んでくれそうです。姉のディアンドルは2歳時から短距離戦でスピードを活かす競馬をしていましたが、本馬は我慢するところは我慢できますし、コースに入ってスピードが乗るまでフワッとするところがあるので、むしろゆったりとした距離の方がレースは運び易いでしょう。先週末に左回りコースで軽く時計を出した際、コーナリングはスムーズでしたし、ここまで課題と言った課題は見つからないですから、実戦に行ってもしっかり力を発揮してくれそうですね。あとは、ここに来て暑さが増してきましたし、レース当日も一番暑い時間帯での発走となるだけに、暑さ対策をしっかり行って、万全の状態で臨めるよう努めて参りたいと思います」(7/22近況)

見 習 18CW良 56.1- 41.1- 12.9 馬なり余力
松 山 21栗坂良 53.8- 39.2- 25.3- 12.5 馬なり余力 メイショウレイメイ(新馬馬なりを1.3秒追走クビ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回新潟2日目(07月25日)
5R メイクデビュー新潟 2歳新馬
芝1800メートル 馬齢 発走12:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ウェルカムニュース 牡2 54.0 岩田望来
2 2 コンジャンクション 牡2 54.0 松山弘平
3 3 ライラボンド 牡2 54.0 長岡禎仁
4 4 サトノジーク 牡2 54.0 川田将雅
4 5 ユイノゴトク 牡2 54.0 丸山元気
5 6 テーオーソラネル 牡2 54.0 藤岡康太
5 7 マイネルユヌスール 牡2 54.0 国分優作
6 8 ロードヴァレンチ 牡2 54.0 木幡巧也
6 9 ラーグルフ 牡2 54.0 丸田恭介
7 10 グリーンバローズ 牡2 54.0 石橋脩
7 11 レヴァンジル 牡2 54.0 福永祐一
8 12 レディバランタイン 牝2 54.0 戸崎圭太
8 13 メトセラ 牡2 54.0 M.デムーロ

池添学師 「自分からグイグイ行く方ではなく、距離は合いそう。しっかりと乗り込めているし、鞍上の感触もいいからね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【今日のキラ星】コンジャンクションサンケイスポーツより)

【新潟5R】(2)コンジャンクションは今年の福島牝馬S(GIII)を制したディアンドルの全弟。2週続けて松山騎手が調教に騎乗し、15日に栗東CWコースでラスト1ハロン12秒1(5ハロン67秒5)、21日には坂路で4ハロン53秒8-12秒5をマーク。池添学調教師は「時計も出ているし、反応もいい。緩さは残るけど、ジョッキーの感触もいい。距離もちょうどいいと思う」と楽しみにしている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

母と全姉は短距離で活躍していますが、牡馬に出たコンジャンクションは父ルーラーシップが色濃く出た感じ。

募集動画や「おうちツアー」を見て、皮膚が薄くて馬っぷりは上々。肘離れが良いので、前脚の可動域が広く、滑らかな歩様。鼻筋の模様も父ルーラーシップに似たものがあり、雰囲気の良さに惹かれました。

そして申込結果が出て、必要実績が判明した際、抽優で出資申し込みしたウェイヴェルアベニューの19よりも高実績だったのはビックリ。そして縁があったのはラッキー。例年のようなツアーがあればもっと実績や申し込みは高騰していたことでしょう。

育成時のコンジャンクションは目立った怪我なく、順調に乗り込みを重ねることが出来た一方で、父ルーラーシップ×母父スペシャルウィークらしく緩さが多分に残り、トモを使い切れない点に課題を残してきました。まあ、それでも動き自体は本数を重ねるごとに+体力が備わってくることで前向きさやスピード感は増し、フットワークの良さは上々のものがあると思います。そして4月末に栗東池添学厩舎へとやってきました。

入厩後は血統的なイメージから、ゲート試験合格には少し時間を要するかなと見ていましたが、新しい環境にすぐ慣れる長所を生かし、また、母系から受け継いでそうな従順さでゲートの一連の動作を着実にモノにして無事1発合格。緩さを残しながらも、ゲート出+二の脚は速い方です。その後はこれまでの疲れを取り除くため+体力・トモの強化を図る為にNFしがらきへ移動。動きの良さを褒めてもらいましたし、実際、NFしがらきでの調教動画を見たら、2頭でビッシリ併せハロン13秒台から12秒台へスムーズな加速。それでも目一杯ではなかったので将来性の高さを実感しました。

再入厩後もスムーズに追い切りへ移行し、ひと追い毎に動きは良化。水準以上の時計もマークしていますが、ビシビシやっていないのも事実。21日の坂路での最終追いも無理に追い付いたりせず、最後までリズムを守った感じです。

また、新潟の開幕週の芝1800mということで、ここを狙ってきた陣営の期待馬が揃っている印象。それぞれに若さを残しつつも、脚力の高さは十分。印が回っていない馬にも1発の不気味さはあります。それらに対して現状のコンジャンクションがどこまで通用するか。走りっぷりから芝の実戦へ行って更に良さそうですが、基本は従順も、この時期の2歳馬らしい若さを垣間見せる時も。初めての実戦でフワフワしなければ良いのですが…。まあ、あとは2週連続で追い切りに騎乗してもらい、感触を掴んでくれている松山Jの手腕に期待。デビュー勝ちできればベストも、実戦でも将来性の高さを実感できる走りを見せてくれれば、まずは合格かなと見ています。