焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

デビュー戦快勝後、NF天栄でコツコツ乗り込んできたことで少し芯が入った印象。追い切りでは楽に時計が出るようになって迫力を感じる動きを披露。カイ食いが良くなってきたのも大きい。マイルでも対応できると思うので、C.ルメールJを鞍上に迎え、デビュー戦からの連勝を決めたい。☆ドゥラモンド


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

土曜中山9R アスター賞(芝1600m)2枠2番 C.ルメール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:9日に南Wコースで時計

手塚師「9日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドゥラモンドが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は同入しています。体重の軽い乗り役が跨っていたとは言え、馬場のやや外目を回りながら全体が66.7秒で、ラスト1ハロンを11.7秒でまとめられているのですから、上々の内容だったと思います。最後まで脚取りもしっかりとしていて動きは良かったですし、これで態勢は整ったと思います。どの陣営もそう思っているのでしょうが、中山のマイル戦ということを考えれば、頭数が落ち着きそうなのはプラス材料ですね。デビュー戦の時よりも、ドゥラモンド自身成長して良くなっていると思いますし、ここでしっかりと結果を残せれば今後が楽しみになりますから、頑張ってもらいたいですね」(9/10近況)

石川裕 9南W良 66.7- 51.8- 38.2- 11.7 馬なり余力 フジノタカネ(古馬1勝)直強めの内0.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山1日目(09月12日)
9R アスター
芝1600メートル 2歳1勝クラス 特指 混合 馬齢 発走14:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ビーマイセルフ 牝2 54.0 嶋田純次
2 2 ドゥラモンド 牡2 54.0 C.ルメール
3 3 マルス 牡2 54.0 木幡巧也
4 4 イルーシヴパンサー 牡2 54.0 横山典弘
5 5 バイシクルキック 牡2 54.0 菅原明良
6 6 イッツライフ 牝2 54.0 岩部純二
7 7 モメントグスタール 牡2 54.0 大野拓弥
8 8 ボイオートス 牡2 54.0 横山武史
8 9 アイリッシュボム 牡2 54.0 杉原誠人

○手塚師 「勝って放牧を挟んだが、馬体は変わらなくても稽古の動きからは成長を感じる。開幕週で時計が速くなってどうかだが、血統や気性からこの距離は合っているからね。昇級でも期待している」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

終わってみれば、福島のデビュー戦は少し相手に恵まれた感はありますが、稍重馬場でサッと好位を取って、勝負どころからジワッと前を捕まえに行く優等生の競馬。ドゥラモンドは鞍上の指示に上手に応えてくれましたが、早めに抜け出すとフワッとする場面も。その隙を2着馬に詰め寄られたので見た目の印象は良くないも、追い詰められて反応はしていたので、交わされることはなかった筈。ひとまず着差以上の強さだったと思います。

その後は一旦NF天栄へ戻して再調整。デビュー戦の疲れをしっかり取り除くと、2戦目へ向けて丹念な乗り込み。暑い中でもへこたれることなく頑張ってくれました。そして2戦目がこのアスター賞に決まると、先月25日に美浦・手塚厩舎へ帰厩しています。

帰厩後の追い切りはガラッと良くなった感じこそないも、1度使ってコツコツ乗り込んできたことで少し芯が入ってきた様子。デビュー時に課題の1つだったカイ食いの細さが改善されてきたのは良い傾向。9日の最終追いはデビュー戦同様に石川Jが稽古を付けてくれましたが、馬なりで追走して同入。全体&ラスト1ハロンの時計は優秀ですし、追ってから1段ギアが上がるようになったのかなと思います。追い切りでの好パフォーマンスはレースへ行っての期待値&信頼度を上げてくれます。

相手関係に目を遣ると、9頭と落ち着いたのは好材料ですし、未勝利馬も含まれます。ライバルはドゥラモンド同様にデビュー戦を勝ち上がった3頭かなと思いますが、本音は連勝でここを突破して欲しいです。枠も内目の偶数枠と絶好のところだと思いますし、ソツなく乗ってくれるC.ルメールJとは手が合うと思います。あとはデビュー戦と違って、終いの脚が目立つような勝ちっぷりをしてくれれば理想的。仮に取りこぼしたとしても、ゴール前で急追してくるような走りが出来ていれば合格点を挙げることができると思います。

マイラーとして育っていくのかもしれませんが、ここを突破して、暮れの朝日杯フューチュリティSを目標に進んでいって欲しいです。